ピン川の向こう側 食べたかったバナフィーを求めて

ローカルマーケット、チェンマイ行ったら一度は行ってみて♪

な「ワロロット市場」。

からも歩いて行けちゃうおしゃれカフェを目指してみました。

それは3度目のチェンマイにして初めて踏み込むエリア「ピン川の向こう側」へ。

ただ単にピン川の向こう側に行く機会が、ただただ単になかっただけなんだけど。。

それは友達からおすすめされたものが食べに行きたかったんだもーん♪

スポンサーリンク

何が食べたいって?「バノフィー」だよっ♪

まずは、何を目指していたのか?
そこからですね。

ジャジャーン♪
友達が絶賛していたケーキ、「バノフィー」です。

これよこれ!
友達が絶賛してたやつ。
これをいただきにピン川の向こう側にあるカフェに行くのです。

カフェもおしゃれだし、バノフィーはおいしいし、チェンマイ行ったら絶対行ってきてね♪

とおすすめされてしまったので、そりゃぁ行くしかありませんよ。
バナナ好きですから♪

それに、ピン川の向こう側にはおしゃれカフェがあるとは聞いてましたが、なぜか今まで一度も行ったことがなくって(⌒-⌒; )
だから行ってみたかったのもあるんです♪

ピン川を越えちゃいます

場所はというと、旧市街からちょっと外れます。
ローカルマーケットの「ワロロットマーケット」から行ってみたので、その道をご紹介。

今回利用した道以外にも、大きな道路からも行けますよーん。
ターペー通りの大きな橋「ナラワット橋」のがわかりやすいかな?

でも、ワロロットから行くととなるとちょっと戻らなくちゃいけないし、
ピン川の向こう側にある目的のカフェにも、今回利用した道の方が近いっぽいのよ。
なのであえて、メジャーでははない道を選んでみました( ̄▽ ̄)

地図上の上のピンクの橋。
こっちを利用してみました。
グリーンの方のナラワット橋はターペー通りから続いているのでわかりやすいのですが、ワロロットからちょっと遠いんですよねぇ。。。

ピンク色の橋は名前の無い橋のようで、地図では名前はわかりませんでした。
この橋、小さい橋ですので自転車やましてやソンテウやトゥクトゥクでは渡れません。
徒歩です。徒歩っ。

川を横切っているこの橋を渡ります。
ワロロット近くのバスの発着所付近にかかってます。

近づいてみると・・・
がっつり階段ですね。
直接来る前は、自転車でも渡れるかなぁ♪
なんて思っていたので自転車で来ようとしてましたが、やめて正解でした。
徒歩で渡りましょうね〜。

橋を上って振り返ると、ワロロットが見えます。
このあたりは、遠方へ行くバスの発着所になっています。
有名なお寺、「ドイ・ステープ」行きもこの辺りから乗れるようですよ。
私は違うところから乗りましたが。

これからピン川を渡る橋自体は、と言うと・・・

こんな感じで川を渡ります。
ちょうど良いお散歩コース、ってところかしら♪

これで向こう側に行けますのよ。

ナラワット橋なら自転車でもバイクでもソンテウでもトゥクトゥクでも渡れますよ〜。

このコース、なんだかのんびりしていてちょっと気に入りました♪

ピン川の向こう側

ピン川沿いにおしゃれなカフェやらショップやらがあると噂に聞いてましたが、実際に行ってみると、歩道、狭っっっ。

そこそこの交通量がありますので、通る時はお気をつけくださいまし。

まぁ、しかし、のんびりとした風景ですよ。
のんびりとした空気感が漂ってますよ。
車の往来さえ気をつければ、のんびり散歩コースとしても良さそう。

ただし、この日は半端なく暑かったので、歩いていても汗がダァーダァー流れてましたので、快適なお散歩とはいかなかったけど・・・。
熱中症にならないように水分は持参しましょー。

こののどかな道を、橋を渡り終わったら右へ行きます。
目指すは「Woo」というカフェ!

確かにちょいちょいおしゃれなカフェがあります。
点在している、って感じかな。
この辺りのカフェにふらっと入るのも、また楽しそうです。

ただし、暑すぎてウキウキ感が多少削がれてます・・・。

見つけた!Woo

クソ暑い中、じゃっかんフラフラしながら歩き、お目当てのカフェを発見しました。
いろんな意味で嬉しかったわぁ〜(笑)

事前に調べた情報によると、アート満載なカフェらしいですよ。

駐車場もありますが、人気のお店のようで車はいっぱい・・・。

駐車場を抜けた奥がカフェ「Woo」の入り口です。
ここからの見た感じはそうでもないんですけど・・・笑
近づいて入り口の前まで行ってみると・・・

なんともまぁ、おしゃれさんじゃぁないですかっ(≧∇≦)
木陰がなんとも涼しげを装ってくださってます。
このクソ暑い中、この入り口はオアシスのように心を癒してくれました♪

車がたくさん停めてあったので、店内の混雑が気になりましたが、ちょうど一席空いていたようですぐに座れました。
ラッキー♪

店内にはお花がたくさん飾ってあります。
アートな絵も飾られてあります。

ちなみに2階はギャラリーになってます。
自由に見ることができるので、せっかくなので2階へも上がってみてくださいね。

では早速お目当ての品をチェック♪

あったよ!あった!
「Banoffee Pie バノフィーパイ」130B 約450円

チェンマイの価格としては、お手頃価格ではありませんなっ。
東京と同じようなお値段ではないですかっっ。
チェンマイの物価も上がってますなぁ。。。

他のケーキもおいしそうで目移りしちゃいますが、今回はバノフィーが目当てなので、ここはブレずにバノフィーでお願いしますっ。

カフェラテと一緒に注文♪
はい、来たぁーーーーー(≧∇≦)

うひょひょ〜〜〜〜〜っ♪

さすがにね、おしゃれだよね。
見た目からして、テンション上がっちゃうよね。
チェンマイ、やるんですよ。
実はとってもおしゃれさんなんですよ。

大きなバノフィーはボリュームありそうですが、
(いや、実際ボリュームあるんですけどね)
甘すぎないので、さらっと食べられちゃうんです。

そしてバナナがぎっしり♪

バナナ好きにはたまらんよ。

お味といいカフェの雰囲気といい、溶けてしまいそうなくらいリラックスしてしまいました。
癒されちゃいました。

エアコンも効いてますので、外の暑さからも体を守ることができました。

店内には、こーんなリラックスしすぎちゃいそうなお席も。
カップルで来て、爽やかにいちゃつきたいものです。。。笑

店内からピン川は見えません

ピン川沿いというと、川を見ながら、川を吹く風を感じながらのんびりお茶タイム〜。

なんてイメージもしがち(そうでもない?)ですが、ここWooカフェからは残念ながらピン川を眺めることはできません。
川からは1本道路を挟んでますのでね。

川を眺めながら・・・を期待されてると、ガッカリしますのでご注意を(笑)

川を眺めながら、の本当に川沿いでカフェタイムを楽しみたいなら、
こちらの「ワーウィー・コーヒー」なんかいかがかしら。

店先からはミストが出ていて、なんとも涼しげな印象ですよ。

私は入ってませんけどね(笑)

通りすがりでみたら、川沿いの雰囲気が良さそうだったので。
こんな雰囲気もまたいーなぁ♪と。

本当にガッツリ川沿いですから。
店のすぐ隣は、普通に川です。

キレイとは言い難いピン川ですけど、ゆっくりとのんびりと流れる川面は、忙しく働く日本人の心も、そっと癒してくれそうです。
まぁ、もっとキレイだとさらに良いんですけどねぇ(⌒-⌒; )

Wooの場所など

住所:80 Charoenrat Road, Watgate, MuangChiangmai, Chiang Mai 50000 タイ
営業時間:毎日 10:00 A.M. – 10:00 P.M.
電話:(+66) 52 003 717
サイト:http://www.woochiangmai.com
facebook:https://www.facebook.com/Woochiangmai/
口コミ:woo cafeの口コミはこちらから

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です