ソムタム好きならマスト!こんなにパパイヤサラダの種類、見たことないよっ

チェンマイグルメ2017
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

サンティタムにあるパパイヤサラダが豊富すぎるお店があるんです。

パパイヤサラダ、タイ語で「ソムタム」。

チキンと一緒に食べると、そりゃーまぁ、おいしいの。

それって、単なる私の好みかしら(笑)

スポンサーリンク

パパイヤサラダってなんなのですか?

タイ料理好き、ソムタム好きな人には説明なんて全く不要だと思いますがっ(笑)
日本で知られているオーソドックスなタイ料理は「トムヤムクン」とか「グリーンカレー」とかかなって(⌒-⌒; )

まずはそのパパイヤサラダのことを知るところからにしましょーか♪

パパイヤサラダ、タイ語で言うと「ソムタム」
私が知っていたソムタムは、とってもオーソドックスなシンプルなソムタム。
こーゆーのね。

屋台でも売られていますよ。
ビニール袋に入れられてテイクアウトもできます。

タイではとってもポピュラーで、タイでの食事にはすぐそばにあるサラダです。
私も好きで、このソムタムともち米で食事を済ませたことがあるくらい(笑)
とってもソムタムを満喫したかったんです。

そのパパイヤサラダのソムタムですが、パパイヤサラダと言われていますのでもちろん南国フルーツのパパイヤが使われております。
このサラダのメインを張っておりますのよ。

ただし、南国フルーツとして頭に浮かぶ甘いオレンジ色のパパイヤではなくて、
まだ熟していない青パパイヤを使うんです。
熟す前なので甘くなく、シャキシャキ。

ソムタム(=パパイヤサラダ)は、
ほんのりとした甘みと、ライムの酸味、唐辛子の辛味塩味甘酸っぱい味
この甘酸っぱさがクセになります(笑)

辛さは調節可能な場合が多いです。
屋台でもね。
なので確認してみることをお勧めしますよ〜。

また、青パパイヤのシャキシャキとした食感がまた良いのです。
食べ応えもあるから、ヘルシーにしたい時の食事のメインにするにもちょうど良いんですわ。

しかーも!

青パパイヤは栄養が豊富ー。
ダイエット効果美容にも効果的な栄養素がたっぷりなんです。
ぜひ、女性には食べてもらいたいサラダなんですのよ♪

そーいや、前にタイ人のおばちゃんに、

「便秘なら青パパイヤを食べなさい!」

って言われたこと、あったっけ!

その名もソムタム・ウドン Som Tam Udon

店名にもなってるくらい、
ソムタム(=パパイヤサラダ)のお店なんですっ。

あ、ソムタム以外にも食べるものはありますのでご安心を(笑)

サンティタムの奥地(笑)にあるソムタム・ウドンさん。
サンティタムのちょっとしたメイン通りから小道に入るので、迷わないようにね♪

店の前まで行けば、わかるとは思います。
夜は灯りが賑やかでしたから(笑)

一番近くのお堀からでも、歩くと結構距離があります。
徒歩だと30分くらいかなぁ。
散歩がてら行けないことはないけどね・・・。
自転車やバイクで行くことをオススメしますわ。

ソンテウだと説明が難しいかも・・・。
地図を見せても、地図がわからないドライバー、多いもの。。。
(わからないくせに、「OK、OK」と軽く乗せてくれちゃいがちなのよねぇ(⌒-⌒; ))

店内はかなり広々としています。
テーブルの数も多いのですが、ランチ時なんかは満席になることもっ。
そん時は時間をズラしてみて〜。

いろんなソムタムがあると聞きましたが、メニューを見てびっくり!!
メニュー表のほとんどをソムタムが占めるじゃんっ(笑)
こんなにソムタムって種類があるのっ?(⌒-⌒; )
知らなかったわっっっ。

しかも、どれもお値段、リーズナブルだし♪

一番シンプルな、ベーシックなソムタム36バーツ(約120円)
なんてお手頃価格なのかしらっっっ(≧∇≦)

ソムタムのメニュー、いろいろ♪

メニュー表のほとんどを占めるソムタムっ。
どんなものがあるんでしょーか。

Lao style Papaya Salad(ラオススタイルのソムタム)36B
Papaya Salad with Fermented Fish(発酵した魚のソムタム)36B
Thai Style Papaya Salad with Prawn(エビ入りタイスタイルのソムタム)36B
Thai Style Papaya Salad without Prawn(エビ無しタイスタイルのソムタム)36B
Vegan Papaya Salad(ビーガン・ソムタム)36B
Spicy Cucumber Salad(スパイシー・キュウリのソムタム)36B
Papaya Salad with Rice Noodle(米麺のソムタム)46B
Papaya Salad with Vietnamese Sausage(ベトナムソーセージ入りソムタム)60B
Papaya Salad with Seafood(シーフードのソムタム)60B
Papaya Salad with Salted Egg(塩漬け卵入りソムタム)50B
Papaya Salad with Seafood and Salted Egg(シーフードと塩漬け卵入りのソムタム)65B
Mixed Fruit Spicy Salad(ミックスフルーツのサラダ)65B
Spicy Mango Salad(スパイシー・マンゴーサラダ)45B
Spicy Pomelo Salad(スパイシー・サボンサラダ)55B
Papaya Salad with Fried Pork Skin(ケープムー(豚の皮を揚げたもの)入りソムタム)65B
Papaya Salad with Instant Noodles(インスタントヌードル入りソムタム)46B
Papaya Salad with Blue Crab(アオガニ入りソムタム)150/250B ※生のカニ入り
Papaya Salad with Fresh Prawn(生エビ入りのソムタム)85B
Papaya Salad with Spicy Seafood(スパイシー・シーフードのソムタム)70B
Spicy Com Salad with Salted Egg(塩漬け卵入りのコーンのサラダ)50B
Papaya Salad with Cockle(二枚貝のソムタム)95B

ソムタム以外のメニューはこんな感じよ

Grilled Chicken Wing(ガイヤーン・手羽)26B
Grilled Chicken Leg(ガイヤーン・足)32B
Grilled Chicken Thigh(ガイヤーン・腿)36B
Grilled Catfish (焼きナマズ)80-90B
Fried Pork Rib(揚げポークリブ)55B
Fried Pork Skin(ケームプー(豚の皮を揚げたもの))35B
Sticky Rice(もち米)11B
Rice Noodle(米粉麺)11B
Rice(ご飯)11B
Plain Fried Noodle(プレーン焼きそば)30B

飲み物のメニューは・・・

すみませんっ。
残念ながら、飲み物のメニューにはタイ語しか書かれておらず・・・。

まったく、わからんっっっ。

店員さんに聞いてみるか、ゲーム感覚で当てずっぽうで注文してみるか(笑)
英語表記さえしてくれれば・・・。

次行った時に、ドリンクメニューにも英語表記が追加されていることを切に願いますっ。

実際にソムタムを注文してみました

注文したもの全部ではないんだけどね。。。
ついついおしゃべりや目の前のソムタムとか食べるのに夢中になってしまって、写真を撮り忘れたものも・・・(⌒-⌒; )

まずは、女子的に気になるところっ♪
ミックスフルーツのソムタムーーー♪

いろんなフルーツが食べやすいサイズになり、ソムタムの味付けがされてます。

フルーツの甘みがソムタムのタレと馴染んで、なかなかおいしいんです。
シャキシャキした歯ごたえと、ピーナッツの歯ごたえもまた、食欲そそりますな。
屋台では見たことなかったよっっっ。

ちなみに、辛くしないでもらいました。
せっかくのフルーツの甘みを楽しめるのでね。

フルーツつながりで、もう一つ。
Spicy Pomelo Salad
サボンのソムタムね。柑橘系のグレープフルーツみたいなヤツです。
グレープフルーツよりも酸味がなくって、さっぱりしてます。

見た目はちょいと雑な感じもありますが(⌒-⌒; )
私はこれ、結構好きでした♪

ポメロ(サボンっぽい柑橘系)とソムタムって、相性いいのねっ。
パクパクと食が進んじゃいます。
これもNo Spicy(辛くしないで)でお願いしました。

あと、人数が多いならこんなのも楽しいですよ。
いろんなソムタムの盛り合わせ、的なヤツ。

この中で右上にあるケームプー(豚の皮を揚げたもの)が、またいいんですよ。
ソムタムのメニューの中にもありますけどね。
これ単体で食べても、もちろんおいしいんですけど、ソムタムのタレが染み込むとまたおいしいのです♪

ケームプーはタイではとってもポピュラーで、よくみんな食べてます。
とっても身近にある食べ物です。

そして、写真を撮り忘れてしまったのだけど、私てきにはかなりヒットでおいしかったソムタムなんですけど、ちょっと気軽にはオススメできない、かなぁ(⌒-⌒; )

なんのソムタムかって言うと・・・

Papaya Salad with Blue Crab(アオガニ入りソムタム)

生のカニが入っております♪
ローカルレストランでの生物が心配な方、お腹が心配な方は避けた方がいいかもしれません

私も、ここを紹介してくれた知り合いも、このソムタム食べて当たってはいませんけど。
あとは、季節によってもね。
暑すぎる季節とかはさ、衛生面に気を使っているお店でも、自己防衛は必要かもしれません。

ただ!
確実においしかった(*^^*)

口に入れても、新鮮さがわかったし。
カニのとろけるようなおいしさ♪
また食べたいですわ。

「辛さは少しにして」

と注文したんですけど、出てきたソムタムはめちゃくちゃ辛いっっっ。
頭皮が全開して、スパークしてるんじゃないかってくらい、辛かったです(笑)
私史上、確実に3本の指に入ります。

これがタイ人の、チェンマイ人の少しなのか・・・?
それとも、少しにするのを忘れて通常通りの辛さにしたのか・・・?

真相は定かではございません。。。

これがタイです。。(笑)

ソムタム以外には・・・

ガイヤーンもオーダー。

チキンのグリルですね。
タイではこちらもポピュラーです。

ちなみに、チェンマイではSPチキンと言うお店がガイヤーンで有名なお店です。
確かにおいしかった♪

▷▷{参考記事}チェンマイでガイヤーンを食べるなら、まずSPチキン

ガイヤーンは注文するとすぐに運ばれてきますから、前菜くらいの感じで頼んじゃいましょ♪
普通はサラダが先ですけどね(笑)

あと、カオニャオ(=もち米)も忘れずに。
注文すると小さな蓋つきのカゴに入って出てきます。
何人かで1つでもいいかもしれません。

できたらタイ人っぽく、手でちぎって、ちょっと捏ねて丸めて食べましょう♪
捏ねた方がおいしいんです。
騙されたと思って(笑)

辛さは調整してもらえるが、 「ノー スパイシー」が無難かも

ここ、ソムタム・ウドンに限ったことではありませんが、屋台も含めて辛さを調整することができることがあります。
ただし、タイ人のちょっと辛いが果たしてに日本人のちょっと辛いと同じかどうかは不明です(笑)

タイ人の辛さの基準、半端なく辛いんですもん。

日本では、多少の辛いのは好きな私。
だからと甘く見ていたら、何度か痛い目みてますから(笑)

ソムタム・ウドンでも痛い目を見ました(笑)
全く辛さがないのもなぁ、と思い、「ちょい辛」でお願いしたところ、全開の辛さで頭がスパークしましたからっ。

あと引くので、もうちょっと食べたいな、とも思うんですけど、またあの辛さを味わうのかと思うと若干の恐怖さえ感じるくらい(笑)
できればおいしく食べたいですからね(⌒-⌒; )

なので、辛いのがかなり得意ではない限り、

「ノー スパイシー No spicy」

で注文することをオススメいたします。
結構、本気です(笑)

本場の辛さを体験するのも、アリですけどね( ̄▽ ̄)

ソムタム・ウドンはここです

住所:104 Soi Ku Tao, เทศบาลนครเชียงใหม่ Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50300 タイ
電話番号:+66 81 968 4578
営業時間: 9:00am – 9:00pm

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました