乗継だけど一旦入国、バゲッジスルーした預け荷物はどうなる?

チェンマイ2017空港
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

飛行機で海外旅行に行く場合、直行便か乗継便のどちらかを利用することになりますね。

日本からタイのチェンマイへ行くには、直行便は無し。

ゆえにどこかで飛行機を乗り継がなくてはなりません。

(同じ航空会社でもね〜。)

その場合、スーツケースなどの預け荷物はどうなる???

最終目的地まで一度も預け荷物を引き取ることなく行ける手続きをしたとしよう。

このバゲッジスルーの手続きができたけれど、やっぱり経由地で一度外に出たい。

そんな場合、預けた荷物はどうなるの???

この疑問に、今回チャンレンジしてみました(笑)

スポンサーリンク

乗継と預け荷物。今回はこんな感じ

今回の旅は日本(成田空港)からタイ北部のチェンマイへの旅行。

飛行機の経路は直行便がないので、必ずどこかで経由、乗継をしなくてはなりません。

今回利用した飛行機は・・・

成田空港 ー バンコク・スワンナプーム ⇨ JAL
バンコク・スワンナプーム ー チェンマイ ⇨ タイ航空

スーツケースは機内持ち込みサイズではないので預けちゃいます。

JALとタイ航空の乗継の場合なら、日本でスーツケースを預け、最終目的地のチェンマイまで一度も荷物を引き取ることなく運んでもらう「バゲッジスルー」が可能。
※バゲッジスルーの手続きができない航空会社もあるようです。。。その辺りは利用する航空会社に要確認ね!

乗継の時にスーツケースを一度ピックアップするのは、正直荷物も増えてめんどくさい(笑)
バゲッジスルーができるのならしていただきたいのです。

ということで、成田空港のJALのチェックインカウンターでスーツケースを預けたときにチェンマイまで運んでもらうことを依頼しました。

(乗継便のチケットを別々に購入していると、チェックイン時に勝手にバゲッジスルーの手続きを取ってもらえない場合もあるので、チェックイン時に必ず確認することをオススメするわ。)

ついでにバンコクのスワンナプーム空港で国内線に乗継の際に、国内線のチェックイン手続きも成田で一緒にやってもらいました。
なのでスワンナプームーチェンマイ間の搭乗券も取得済み♪

乗継の際は直接パスポートコントロールに行けばいいので、楽チンなのです。

さて、この状況で、スワンナプーム空港に到着した時に、やっぱり一度外に出たい!
制限エリアにとどまらず、タイへ入国し制限エリアを出たい!

そんなことになってしまいました(笑)
さて、乗継のための経由で自分は外に出れるのか?
預けた荷物はどうなるの?

バゲッジスルーにしたけど、外に出てみたらどうなる?

チェックイン時に預けたスーツケースなどの荷物。
乗継する時に経由地でスーツケースを一旦ピックアップすることなく最終目的地まで運んでもらう「バゲッジスルー」。

そんな状態ですが、外に出る予定ではなかったけれど、経由地であるスワンナプーム空港で一旦外に出てみることにしました(笑)

で、私、バゲッジスルーで最終目的地まで荷物を預けた状態で経由地で制限エリアの外にでたことないかも・・・(⌒-⌒; )

経由地であるスワンナプーム空港では制限エリアの外に出ることなく国際線から国内線へ乗り継ぐ予定でした。
が、乗り継ぐまでに深夜の8時間を過ごさなくてはなりません(笑)
制限エリア内には深夜の8時間を過ごせる場所が、ない・・・。

ということで、制限エリアを出てみることにしました。

が、その場合って預けた荷物ってどうなるの???
体だけ入国して、荷物は入国せずにいるってこと???

預けた荷物、一旦引き取らないとならないのかしら・・・。

一旦外へ出てみました

深夜12時頃、乗継の際には利用しない税関などのある出口へ向かってみました。

バンコクのスワンナプーム空港はアジアのハブ空港としての役割もあるので、深夜とは言っても電気も煌々と点いてるし、人通も多いです。

入国審査でパスポートを出し、チェックを受けたらそのまま外へ。

あっさりと通過しました。

預けてある荷物を一度ピックアップする必要があるか念のため確認してみましたが、
荷物を引き取る必要、ないってよぉ〜〜♪

体一つ、身軽な状態でタイ入国を果たしました〜♪

どうやら、バゲッジスルーで預けた荷物はそのまま預かって次の便へ乗せてくれるみたいです。

これなら身軽なまま朝を迎えることができそうです♪
バンコク市街へ行くにも、身軽な状態で行くことができますね。
今回の私は行きませんけど。

国内線への乗継は国内線チェックインカウンターへ

制限エリアから出て一晩過ごしたあとは、乗継便に乗り遅れないように行かなくては。

今度は国内線に搭乗しますよぉ〜。

一度外へ出たのでまたチェックインをしなくてはいけません。
今度はチェンマイへ行く国内線の飛行機に乗るので、
国内線のチェックインカウンターでチェックインですよ!

乗る国内線はタイ航空なので、国内線出発ロビーのタイ航空のカウンターへGO!

ちなみに、国際線と国内線の出発ロビーは同じフロアなので、もし間違ってしまってもフロア内を移動するだけなのでご心配なく〜。

預ける荷物はすでに預けっぱなしなので、カウンターでは国内線のチェックインだけ。
チェックインが済んだら搭乗口へ向かいます。

掲示板で搭乗口を確認必須ね。

搭乗口はA3。
Aのエリアへ向かいますよ。

このあと、国内線でチェンマイに到着したら、ちゃんと預けたスーツケースがチェンマイについておりました。
当たり前ですが、当たり前でもありませんからねぇ〜(笑)

ロストバゲージもせず、無事にチェンマイに到着できました〜♪

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました