初のエアアジアに国際線も国内線も搭乗!乗り継ぎ時間はたっぷりすぎたっ(笑)

チェンマイ空港2019
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

初めてのLCC。初めてのエアアジア。

いつもとちょっと違う海外旅行に、ちょっぴりドキドキです。

いつも何かしらの発見があるから、旅ってのは楽しいしやめられませんな(笑)

さて、いよいよエアアジアに乗り込みます。

 

 

搭乗口のあるサテライトまで

よくLCCって空港の隅っこに追いやられたり、違うビルになってたりと大手キャリアとの差別化を図っていることが多いと聞きますが、成田空港でのエアアジアは思ってたほど追いやれていない印象でしたわ(笑)
チェックインカウンターも空港第2ビルだしねぇ。
(カウンターがある場所はちょっと無理やり作った感は否めなかったけど)

搭乗口はさすがにサテライトね。
でも、大手キャリアもサテライト、使ってるもんねぇ〜。サテライト!

ちょっと遠いけど、このサテライトまでの道、嫌いじゃないわ。
くつろげる所があって、好きです。
あまり利用したことないけどね(笑)
いつも一人だとラウンジで時間を潰してしまうから、ここは素通りなんだけど。
今度はラウンジじゃなくてここでまったりと搭乗までの時間を過ごすのもアリだわ。
カフェもあるしマッサージ屋さんもあるし♫

 

大きな窓からは飛行機も見える。

飛行機を見ながらくつろぐの、なんでしょう、好きなんです。
なんでかなぁ〜。

 

 

搭乗口に到着!30分のディレイだっ。

ボーディングタイムに合わせて搭乗口に到着。

朝の9時15分発の便なので、ボーディングタイムは8時35分
ただいまの時間、8時38分

あれれ?

すでに搭乗が始まっているか、そうでなくても搭乗するために乗客が並び始めるかスタッフが搭乗に向けてウロウロしているはずの時間。
でも、実際の搭乗口は何の動きもなく。
むしろ、搭乗までの時間にまだちょー余裕!的な雰囲気がっ。

 

遅れてるのか???

そうです。お時間遅れているようです。
搭乗口付近で???と突っ立ってたら、グランドスタッフの方が近寄ってきて教えてくれました。

「XJ601便は遅れております。20分程度、出発が遅れる予定です」

なるほど。
まぁ、遅れるのは仕方がない。
急ぐ旅でもないし。
幸い、私の乗継時間はかなーり余裕があるもの。心配ないわ。
でも、乗継時間がタイトな人は気が気じゃないわよねっっっ。

この時、「あぁ、日本はやっぱり親切だなぁ」と実感することになります。
だって、グランドスタッフから遅延の案内をしてくれたんですよ。
日本だと、まぁ、よくある光景と言いますか、当然といえば当然なのですが。
海外だとこちらが効くまで何も言ってくれないこと、普通です(笑)
後でそれをしっかり実感いたしましたからっ。

 

ってことで、しばし搭乗口近くで待機です。
近くにはJALのラウンジもありました。


あぁJALのサクララウンジ、いいなぁ。
このラウンジで搭乗までの時間を潰したいわ〜。

前にサクララウンジを利用する機会があったのだけど、まぁ食事の充実度の高いことっ。
居心地の良いことっ。
何時間でも居れてしまいそうだったわ(笑)

 

ここのJALのサクララウンジが利用できるのは、こちらの方々なのねぇ・・・。
このステータスになるには、ちょっと時間がかかる・・・、いや、たどり着けるかどうか(笑)

 

さて、搭乗口周辺の探索をして30分ほどしたところで搭乗開始〜。
これ、本当に乗継がタイトだと死活問題だわっ。
エアアジアどうしの乗継でフライスルー対象であれば、乗継に間に合わなくても保証があったりするのだけど、違う航空会社への乗継はエアアジアからの保証は無いので注意が必要ねっ。

ということで、30分のディレイ。遅れでございます。

ではいざ、エアアジア機内へ搭乗ですー。

 

 

バンコク・ドンムアン空港までの旅開始!

機内はなかなかの混雑っぷり。さすがLCC。
しっかりとぎゅうぎゅうに詰めれてますねぇ。

 

この時、私は窓側の席を指定しました。
窓の外を眺めたり、機内で寝たりするのに、窓側が便利だからです。
比較的窓側に座りたいことが多いかな。

しかーし。この時はちょっと考え直しましたわ。
一人旅だったので当然隣に座る人がいる場合は知らない人。
エアアジアの機内はほぼ満席。当然、私の隣には人が座ります。そしてその隣にも。

特に何もなければ窓側の席でおとなしくしてらばいいだけのこと。
だけど、トイレに行きたくなったらっ!!

隣の人と、その隣の人、
2人を超えていかねばならんのだっ。

当然のことですが、それが結構なハードルなんだわっ。
タイミングが掴みづらい・・・。

食事している時はテーブルに食事が乗っているから、
席を外してもらうのはちょっと難しい。手間になる。

食事以外のタイミングだと、ついうっかりすると隣人は寝ている・・・。

あぁ、もうっ。
いつトイレに行くのに声をかけようっっ。

 

それを実感した時、
あぁ、通路側のメリットを実感したのでした(笑)

 

それと、私は事前に機内食を予約していたのですが、取ったチケットの種類によって選べる機内食に限りがあります。
もちろん事前予約の方がお値段的にはお得ですよ。
だけど当日の機内でもちょっとだけお値段が高いだけなので、機内で買ってもアリだったかなぁと。

参考記事▼

事前予約したエアアジアの機内食はこちら。
行きと帰り。国際線と国内線。
そして、ベジタリアン食とノンベジタリアン食。
さて、どれを選ぶ?

 

 

さて、日中のエアアジアでの移動。
個人画面もないのでエンターテイメントもないので、ひたすら寝て過ごしました(笑)
寝たり、起きたり、やっとこバンコクのドンムアン空港に着きました。
ここで乗継です。
初のドンムアン空港。どうやって過ごそう♫
ドンムアンでの過ごし方は次の記事で。

あ、ちょいちょい思いますが、やっぱりコレがあると快適だったかなぁ。
買っちゃおっかなぁ(笑)

荷物になるからと敬遠していたけど・・・、快適そうだなぁ・・・。

 

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました