タイ・チェンマイで現地SIMカードをゲットする!

スマホ チェンマイ便利帳2019
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク
スマートフォン

最近は、海外でも日本と同じようにネットが使える環境が増えました。
海外で現地で、ネットが使えるって実際どうなの?

やっぱりいいわっo(≧▽≦)o

旅行なんだし、ネットなんて使えなくても過ごせるじゃない。
そうとも思います。
実際、今までそうやってきましたから。
でもね、


むしろ海外だから使いたい!
むしろ旅行だからネットを使いたい!


そう思う場面も実はたくさんあるんですよ。

実際、大抵の観光地ならホテル内、カフェやレストランでフリーWiFiを提供してくれているので、お店に入ればWiFiをつないで自分のいつものスマホでネットができるんです。
でもね、一歩外に出たらWiFiは終了〜
ホテルに帰るまで、カフェやレストランに入るまで、ネットは使えませんっ。
ネット民の現代人には、そっちの方が不慣れな環境じゃない?

ということで、海外の現地でネット環境を整えるのにいくつかある方法の中で、今回は、

現地のSIMカードをゲットする!

にチャレンジしてみました。
最初はちょっとハードルが高そうな感じもするけど、やってみると意外とあっさりと終了しちゃうもの。
海外でスマホをネットを使うには、現地のSIMカードを使うのが一番経済的!
(国にもよりますけどね。)
現地SIMにチャレンジしてみようと思う方の参考になったら良いと思います。


 

スポンサーリンク

<重要>日本でやっておくべきこと

これ、とっても大事!!
現地のSIMカードを利用するには、利用するスマホのSIMロックが解除されている必要があるの。

日本国内の携帯会社でスマホを購入した場合、
購入した会社のSIMカードしか利用できないようになっています。
日本国内に限らず、購入した携帯会社以外のSIMカードを利用する場合には、SIMロックを解除する必要があります。

ロックが解除されていないと現地のSIMカードは利用できないので日本にいるうちに解除しておいちゃいましょう!
SIMロック解除の手続きはオンラインでもできますよ。
やり方はとっても簡単♪
しかもdocomoはオンラインで手続きすると、無料でSIMロック解除ができちゃいます。
便利になったもんだ!
(多分、ドコモ以外のキャリアでも同じようにロック解除ができると思います。自分のキャリアの解除方法を要チェック!)

(日本の大手キャリアでのSIMロック解除にはいくつかの条件があります。
その条件に当てはまっているかも要チェックですよ〜)


 

SIMカードを購入したのはMAYA

mayaの外観

SIMカードが一番早く買える場所は、空港。
なのですが、空港では海外からの旅行者用の「ツーリストSIM」しか購入できないので、今回は街へ出て街中のショッピンセンターで買ってみました。

空港で買う方がもちろん手っ取り早いです。
でも、ツーリストSIM以外の方が利用できるパケット量などのパターンが多いんです。
ということで、ニマンヘミンにあるショッピングセンター「MAYA」に行ってみました。
 
 

MAYAの場所はコチラ

<住所>55 Moo 5, Huay Kaew Rd. Chang Phuak, Muang Chiang Mai, Chiang Mai 50000(ชั้น3 Maya เมือง เชียงใหม่ 50000)
<TEL>+66 52 081 555
<WEB>http://www.mayashoppingcenter.com/

   

  

AISのお店へGO!

タイには現地で利用できるSIMが購入できる会社がいくつかあります。
が、私はAISがおすすめです。
特に長期滞在とか、ちょっとのんびりとタイに滞在するのなら、お得なプランがいろいろと選べますから。

AIS MAYA

ニマンヘミンにあるMAYAに着いたら、AISの店舗へGO!
店舗は、まぁ、キレイなこと!

日本語は無く、タイ語英語です。
が、身振り手振りでもなんとかいけそうですよ。

まず、店舗内へ入るとスタッフがいるのでSIMカードを購入したい旨を伝えましょう。
英語が難しい場合は

「SIMカード」

と言ってスマホを見せればわかってもらえるかと。
何日滞在するかなどの情報を伝えると、適切なプランを紹介してくれます。
店頭にあるプラン表がこちら。
この中からプランを選ぶのですが、条件を言えば勝手に選んでくれます(笑)
日本のようにプランの詳細を丁寧に教えてはもらえませんが、タイ語・英語が難しい場合、その方がありがたいかもっ。

AIS MAYA

これだけのプランがあるんです。
空港だとこんなにはありませんでした。
1週間以内の短期滞在であれば、ここまで来ないでも空港のツーリストSIMが手っ取り早いし空港到着してすぐにネットが使えるので便利です。


ちなみに私の利用条件はというと・・・

【滞在予定日数】10日間
【現地電話番号】必要

この条件でSIMカードを購入したいのです。
スタッフさんが提示してプランは・・・

30日間利用できて、15GBまで利用できるプランで150B

えっ???
うそでしょ???
めちゃ安くない???

正直、びっくり!
だって、ツーリストSIMと比べても利用できる期間に利用できる容量も多いのに、とってもお安いお値段なんだもん。
日本でネットをすることを考えても、激安っ!
だって、日本円で約550円!
15GBあれば動画を見まくらなければ1ヶ月なんて余裕で使いまくれるじゃない。
日本って、ネット、高いよねぇ・・・。

AIS MAYA

このプライスリストの下から2番目のプランです。
一瞬、騙されているのかと思いましたが(笑)
本当にこの料金で良いみたいです。
  

私は現地の電話番号が必要だったのですが、電話番号もこのプランについています。
通話料金として100Bを追加で入れておきました。(言われるがまま(笑))
これで現地のお店でもスマホで電話ができるぅ〜♪
 

※ネットが繋がっていれば日本のLine電話などでも電話はできるのですが、
基本的に日本国内の相手への電話となります。
 現地のタイへの電話をするとなると、自分はタイにいるのにも関わらず
国際電話扱いとなりますのよ〜。
 

合わせて250Bでタイ、チェンマイでのネットと電話番号をGETできちゃいました。

ショップのスタッフさんにほぼ丸投げで手続きをしてもらったので、ちょっと不安もあるかと思います。
でも、相手も仕事。
特に不審なこともなく、スマホもお預けして全ての設定、SIMカードの設置もぜーんぶお任せで無事に終了しました。
ちゃんとしたお店なら、スタッフさんにお任せしちゃった方が確実に手続きが完了いたしますわよ。
 
 
 

私が購入したSIMカード

スタッフのお姉さんに丸投げしてGETしたSIMカードがこちら。

simカード

これで日本にいる時と同じようにスマホがその辺でも利用できるようになりました。
今回が現地SIMを使っての滞在が初めてだったんですけど、まぁ、快適なこと。
これまではカフェやゲストハウス、マッサージ屋さんに行かないとネットが繋がらなかったのに、街中でも使えちゃいます。
ナイトマーケットでの頼まれた買い物も、Line電話をしながら
「どの色がいい?」
なぁんて、日本にいる人と確認しながら買い物もできちゃいました。
文明ってすごいっ!(笑)
 
 
  

ツーリストSIMじゃないデメリット

思っていたよりもかなりお得にSIMカードをゲットできてウキウキですが、この場合のデメリットもあります。

<デメリット>
空港に到着してすぐにネットが使えない!
街中へ出るまでネットが使えない!
夜の到着だと翌朝まで買いに行けない!

これらを解消するのなら、空港の到着ロビーにあるカウンターでツーリストSIMを購入しましょ〜。
旅行者用なのでちょっとお得感は薄くなりますが、それでも日本のキャリアのローミングに比べるとやっぱり安く利用できますよ。

ただ、空港だとフリーWiFiが利用できるし、ホテルやゲストハウスへ直行するならそこでフリーWiFiが利用できるし、そこまで不便ではなかったかな。
現地に到着してすぐに誰かに連絡をする必要があるのなら、空港にいる間にメールやLineをしてしまえば良いですからね。

ちなみに、チェンマイ空港の到着ロビーにあるカウンターで販売されているツーリストSIMのプランがこちら。

3日間・1GB・50B分の通話料 ⇨ 200B
8日間・3GB・100B分の通話料 ⇨ 300B
8日間・13GB・通話料無し ⇨ 300B
15日間・8GB・50B分の通話料 ⇨ 600B
30日間・6GB・50B分の通話料 ⇨ 600B

最大で600Bでも、日本円で約2,200円。
海外ローミングを利用するよりもはるかにお得♪
1週間以内なら300Bで1,000円程度なので、MAYAまで行っている時間や手間を考えたら到着ロビーでサクッと現地SIMカードをGETするのは十分に有り!

 

現地SIMを使うと、その便利さに次からも使わない手は無くなりましたっ。
チャレンジしてみたいと思っている方、ぜひ、チャレンジしてみてください♪

 
 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました