<2>1日目 夕飯はコンドミニアムのお部屋で

2才児連れのハワイ島(大)ファミリー旅行。

じぃじやばぁばといっしょに2才児の3回目の海外旅行です。

うらやましいぞっ。生意気だぞっ。

でも、本人はただ連れてこられた先で楽しんでるだけ(笑)

スポンサーリンク

お宿に着いたのは、もうすっかり暗くなってました

空港から近い海沿いの街「カイルア・コナ」でのんびりとしてしまったので、スーパーでたっぷりお買い物もしちゃったのでね。
今回のお宿となる、ヒルトンのグランドバケーションズの「キングス・ランド」到着したのは、すっかり夜(笑)
あたりは真っ暗になってましたわ。

レンタカーをフロントへ乗り付け(笑)

車を車寄せに置きっぱにしてフロントでチェックイン。
(だって、ここに止めたままで良いって言ってくれたんだもーん。)

滞在についてのあれやこれやを説明してもらい、いろんな資料をもらい、
たっぷり時間を使ってチェックイン終了〜。

フロントから宿泊するお部屋まで、一番端はまぁまぁな距離があるので、スーツケースなどと一緒にカートに乗せてもらいましょう。
お部屋まで連れててもらいましょう。

私たちはレンタカーだったので荷物を乗せたままそのままお部屋へGO!

駐車場はお部屋の近くに止められるので、便利だわ〜。
とくに私たちのお部屋は1階だったので、
しかも部屋の目の前の駐車スペースが空いていたので、
目の前に車を止めることができて、ほんと快適だわ♪

キングス・ランドの入り口はこちらですよ

実は、宿泊するはずの「キングス・ランド」をあっさりと通過してしまいました(笑)

だって、わからんかったんだもんっ。
いや、視界には入ってはいたんです。
会話にも出てきたんです。

なのに、スルーしちゃったんですよーっ。

キングス・ランドのあるエリアは、他のヒルトンのグランドバケーションズの宿泊施設があったり、ヒルトンのホテルがあったり、マリオットのホテルがあったり、ショッピンセンターがあったり。
国道から入った、ぐるりと囲まれた中にあるんです。

そのエリアには国道からすんなり入れたんですけど、
国道を曲がって比較的すぐに「キングス・ランド」はあるんですけど、まぁ、すっかり通り過ぎましたよね。。。

だって、入り口は「CLUB HOUSE」ってなってるんだもーん。
建物全体が松明で囲まれていて、とてもじゃないけど宿泊施設には見えなかったんだよねー。
車の中でも話題には出てたんですよ。
「あの松明たくさんの場所、なんだろねー」
「ゴルフクラブかねぇ。レストランとかかもよー」

ってな具合。
ほのぼのしてるわねぇ。
実はそこが目的地ですからね。

夕飯はせっかくなのでコンドミニアムで

今回のハワイ島滞在もタイムシェア系のコンドミニアムです。
今回はヒルトンです。

2才児さん連れなのでコンドミニアムがかなり助かります。
ヤツのお好みにあるご飯を作れるからね(⌒-⌒; )
大人だけでの滞在でもコンドミニアムは便利なのよ♪

なわけで、どこか夕飯食べに出かけるのも時間が遅くなりそうだったので、帰りに寄ったスーパーマーケットで夕飯になるお惣菜も買ってきちゃいましたよ。

テーブルにお皿なんかもしっかりあるもんね〜。

ゆっくりのんびり、お部屋でディナー。
旅行先でお惣菜を広げて食べるのもまた良いのだ。

なんだか茶色が多くなっちゃったけど(⌒-⌒; )

後片付けがちょっと面倒になるんだけど、そこは食器洗浄機があるからぁ。
多少の手間はもちろんかかるけど(食器をキッチンに運ぶとかね。でも後ろを向けばすぐキッチンなんだけどw)、食器たちを食洗機にぶち込んでしまえばあとは洗ってもらえますからね。

あとはシャワーを浴びておやすみなさいだよ。

2才児、寝ないし(⌒-⌒; )

夜も11時を軽く過ぎたころ。

いつもならさっさと寝ている時間だというのに、この日はまるっきり寝る気配がありません。
時差ボケよねぇ〜。
だって、ハワイの時間では夜の11時でも、日本では違うもん(⌒-⌒; )

時差ボケと知らない場所、異国の空気、いろんな刺激にさらされて、そりゃ脳みそ興奮しますわな。
しっかりと脳のシワを作成中ですよ。

寝ないどころが元気いっぱい(笑)
車の中とかでもちょろっとお昼寝とかもしてたのもあるかな。

前にハワイに行った時も時差ボケ発揮して、
「まだ遊ぶぅーーーっ!みんなのとこ行くぅ…>_<…」
と泣いて泣いて、なかなか寝なかったなー。
さすがにハワイは時差ボケが激しいわ。
懐かしいわ^ ^

今回は前回のハワイのように大人しくベッドに連れて行かれることはなく(⌒-⌒; )
元気に楽しそうに遊びまわっておりますわ。。。
さぁ、ぼちぼちと2才児さんも、いい加減寝るお時間にいたしますよー。

保存保存

保存保存

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です