海外旅行で家族がパスポートを紛失!日本にいる私がしたこと、できること。痛感したよ旅行前に準備しておくべきだった<パスポート編>

トラブル対処
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

海外旅行先の現地ではパスポートは命の次に大事なもの!
なのでパスポートは紛失・盗難にあわないように細心の注意を払っておかないといけません。

だーけーどーっ。

注意をしていても紛失してしまうことは世の中にはあるってもんです。
盗難に遭ってしまうこともあるのが世の中ってもんです。

 

なので、旅行に行く前にもし紛失・盗難にあった場合に必要になるであろうものを前もっと揃えておくと安心〜。これ、ホントよっ。

・パスポートのコピー
・パスポートナンバー、発効日のメモ
・パスポートの写真(クラウドに保存しておくと良いかも)(その際のリスクも)
・戸籍謄本または戸籍抄本(コピー可)※6ヶ月以内に取得したもの
・家族にパスポートのコピーや戸籍抄本を渡しておく
・写真2枚

現地の日本領事館の場所と連絡先のチェックも忘れずにね。

 

 

だけど、私も今までの海外旅行ではそうだったんだけど、
戸籍謄本(戸籍抄本)なんて旅行先になんて持ってってないよぉぉぉぉっっ。

そんな場合、パスポートを現地で無くしちゃったらどうしましょっ(汗)

私の家族が実際にパスポートを紛失した際に、日本にいた私がしたこと、できたことを今回はご紹介いたします(笑)

 

 

スポンサーリンク

戸籍謄本(戸籍抄本)が取れる場所、どこだか知ってる?

海外旅行先から旅行に行っている家族から日本にいる私に電話がありました。
国際電話です。
(最近はWi-FiのあるところならLINEの無料電話なんかも使えるようになってますね。ただ、Wi-Fiがあるところか、ポケットWi-Fiなどの通信手段がある場合ね。)

「パスポートを紛失したので
戸籍抄本取ってきてきてほしいんだけど」

おおっ💦なにっ!とびっくりしましたが、その日は平日。早速、役所へ戸籍抄本を取りに行くことにしました。

 

近くの役所へ向かっている途中、ふと思いました。

戸籍抄本って、必要書類って何があるんだ?

何も考えてませんでした(笑)
向かいながら調べてみると、必要なのは本籍の住所、それだけ。(本人とその直系の家族が取りに行く場合ね。)
でもね、戸籍抄本(戸籍謄本)が取得できるのって、本籍のある役所のみっ!

本籍の住所と同じ住所に住んでいる人は、住んでるところの役所でいいんです。
でも、必ずしも本籍の住所に住んでるとは限りませんっ。
むしろ、本籍とは違う住所に住んでる人の方が多いかもしれないっ。

 

そして私も私の家族も、
住んでる住所と本籍地は別の場所っ。
すなわち、
最寄りの役所では戸籍謄本も戸籍抄本もどっちも取れないっ!!!

 

幸い、住んでる場所から本籍地はさほど遠くない。
電車でも車でも1時間もかからない場所にある。
良かったわぁっ。

これ、もし本籍地が遠かったらすぐに取りに行くことはできなかった〜。

 

気をつけてくださいねっ。
戸籍謄本(戸籍抄本)は本籍地の役所でしか取得できませんよっ。

 

 

誰でも取れるってもんじゃ、ありませんよっ

今回はパスポートを紛失した本人のもののみの取得なので、戸籍抄本を取得します。
(戸籍謄本でもどちらでもいーんです。本人のものであれば。)

家族の戸籍抄本なので、特に疑問を持つこともなく取れるものだと思ってました。
しかも、実の親の戸籍抄本です。
でも、ちょっと考えが甘かったぁ〜。

 

戸籍抄本を委任状無しで取得できる範囲というのが、
直系の血族のみ
なんですっ!

 

直系の血族以外の人が戸籍抄本を取る場合、取得したい戸籍抄本の本人の委任状が必要になりますよっ。

幸い、私は本人の直系の家族だったので本人が取得するときと同じ条件で取得することができました。
これ、直系じゃなかったら海外から本人に委任状を書いて送ってもらわないとならなかったっ。

 

直系の血族ってどこまで???

親・祖父母・曽祖父母・子供・孫

これが直系家族ね。
今回の私の場合は、実の親の戸籍抄本を取得するので直系の家族にあたります。
なので委任状無しで、本人と同じ条件で戸籍抄本を取ることができます。

ここで注意が必要なんですけどね。
現実的に起こり得ることだと思うんですけどね。

兄弟・姉妹は直系にあたらないんですよっ!

だから兄弟や姉妹から「戸籍抄本取ってきてぇ」とお願いされても、本人の委任状が必要になっちゃうんです。

 

兄弟や姉妹だと代わりに戸籍抄本を取りに行く、なんてこと十分あり得ると思うのですが、委任状がないとダメなんですねぇ。
私にも妹がいます。私が取ってきてほしい時や、妹が取ってきてほしい時は、ちょっと不便ですな・・・。

でも、そんな時はちょっと工夫すれば委任状無しでも取得できることもあるんです♫

 

 

取得した戸籍抄本はどうすればいい?

大慌てで本籍地の役所へ行き、本籍地の住所を親から聞き、役所で戸籍抄本を取得。
さて、これを早速現地へ届けなければっ。

 

今回、パスポートを海外で紛失したことでしなくてならない手続きは
『帰国のための渡航書』
を現地の領事館で発行してもらうこと。
そのために必要な書類が、日本に国籍あることを確認するために戸籍抄本が必要なのです。

>>>(参考記事)海外でパスポートを紛失した、どうするの?何をしたらいいの?

 

この戸籍抄本、一応原本が必要なのですが緊急時なのでとりあえずはコピー(FAX)でも可能だそうで。(これは現地領事館で確認してくださいねっ。)

ということで、現地領事館のFAX番号を確認してメールで送ってもらってました。
送られてきた番号あてにFAXで戸籍抄本を送付。
役所の近くのコンビニでさっさと送りましたよっ。

 

領事館でFAXが届いたかどうか確認してもらい、無事に届いたとの連絡あり。
良かったわぁ〜。

とりあえず、日本にいる家族である私のできることはここで終了〜。
あとは現地で本人たちが手続きして無事に日本に帰ってこれればOK(笑)

 

現地では、今回旅行会社のツアーで行っていたので現地ガイドさんにいろいろと助けてもらっていたようです。
パスポートを紛失すれば気持ち的にも焦ってしまったり凹んでしまったり。警察にも行かないとならないので、言葉も心配です。

そんな時に現地のガイドさんがいてくれてよかったです。

 

私はここ数年はツアーではなく個人旅行で海外に行く場合が多いので、現地ガイドさんに助けてもらうことはできないのです・・・。

そんな時はクレジットカードに付帯しているサービスをフルに活用するべしっ。
エポスカードなら24時間対応可能な海外サポートデスクがあるから利用すべしっ。
しかも日本語で対応してくれるから、慌てがちなトラブル時の心強い味方になるわ〜。

活用する事態にならないことが一番ですけどね(^_^;)

 

 

海外でパスポートを紛失すると、思いの外大変です(笑)
今回の件で、私も今後は戸籍抄本を持参するか家族に渡しておくかにしておこうと思いました(笑)

 



コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました