パトンビーチってどんなとこ?マイカオからはどうやって?

trip02<暮らすようにリゾートステイしてみたいープーケット編>
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

パトンビーチ

アクティビティではなく、”街へのお出かけ” と考えると、

「パトンビーチ」「プーケットタウン」が頭に浮かぶ。

さて、マイカオからお出かけするなら、どっちへ行こう・・・。

どっちへ行きたい?

 

 

スポンサーリンク

パトンビーチって?

パトンビーチ

「パトンビーチ」とは、プーケットで最もメジャーなビーチ。
観光客もあっちこっちから集まりますよー。

ビーチなので、ビーチを中心に街が栄えていて、3kmも続く長く弓なりになったビーチは遠浅で子供も安心して遊べます。
でもね、雨季はモンスーンの影響で波が高くなるので注意してー。

 

ビーチ沿いにはお土産やさんも並びます。
レストランやホテルなんかも並んじゃってます。
ビーチから1本入ったところには「ジャンクセイロン」という大型ショッピングセンターも。

お買い物には困りませんな。

ローカル屋台街もありますな。
ここ、私の気になるところです。

 

私にはあまり関係ございませんが、
パトンビーチはナイトライフが充実していることでもとっても有名。
観光スポットとしてナイトライフを楽しみにパトンビーチに来る人も多いんだそうよ。

私はマイカオ滞在をするんだもん。
パトンで夜遊びしてたら帰れなくなる(⌒-⌒; )
パトンビーチでのナイトライフを楽しみたいなら、パトンに滞在がいーよねー。

 

ショッピング屋台ビーチナイトライフに。

 

 

パトンエリアのメイン通りは2つ

時間があれば横道入ったりしてくまなくエリア内を楽しみたいところですが、マイカオからお出かけするとなるとそんなにたっぷりのんびりしている時間もないかもしれない。

なので、ある程度の地理と攻め所を頭に入れておく必要があると思うわけ。

 

とくれば、街歩きの押さえどころとすると、メインとなる通りをチェック!

パトンエリアでまずは押さえておきたい通りは
「ラティテュットロード(Rat-U-Thit Road)
〜ソンロイピーロード(200 Pee Road)」

「バングラロード」
の2つ。

 

ラティテュットロード〜ソンロイピーロード

これね、1本の道なんだけど途中で通りの名前が変わっているだけ。
なので2つの通り名だけど1つの通りとして。

ビーチ沿いの道から内側に1本入った、ビーチ沿いの道と並行している通り。
ここには大型ショッピングセンターの「ジャンクセイロン」も並んでますよー。

 

この通り沿いには、ちょっとしたお土産屋さんやレストラン、タイマッサージのお店なんかがずらっと並んでます。
また、両替所もこの通りに何件もあるので数件のレートをチェックしながら良さそうなところで両替するのも良いね。

 

バングラロード

バングラロードはプーケット最大の繁華街のある通り。

ナイトライフの充実さが半端ない。

ビーチに直角に走る道路で、ビーチ沿いとソンロイピーロードをつなぐ道でもあります。
パトンエリアの真ん中にあるので、ナイトライフ目的じゃなくてもこの通りは通るかも〜。
目印にもなりますねー。

 

ゴーゴーバーやガールズバー、オネエ系バー、マッサージ屋さんもあります。
かなりの賑わいです。
観光客も、お店の人も(笑)

 

 

夜はビーチ沿いや街中に出現する屋台ー

私が街へ行きたいその目的は、お買い物もそうだけど、やっぱりアジアならではの屋台かな♪

繁華街なら屋台だってあるじゃーん。

 

屋台は日中にもお店を開いているけど、夜のほうが断然多くのお店が営業を始めますよ〜。

パッタイとかカオマンガイとかヌードルとか、ローカルフードが満載。
簡易テーブルと椅子がセッティングされてるので、その場で食べることもOK。
せっかくだから屋外の屋台でローカルフードを堪能したいわ。

ま、キレイなレストランよりは清潔感レベルは下がるので潔癖な方にはちょっと厳しいかもしれませんが。。。

 

<屋台が出現するエリア>

map%e3%83%91%e3%83%88%e3%83%b3%ef%bc%bf%e5%b1%8b%e5%8f%b0

小さな屋台は他にもちょこちょこあるかもしれないけど、屋台街として現れるのが概ねこんな感じらしい。

・ビーチ近くのローカル屋台街
・ローカル屋台街
・プロムナードの屋台
・バンサーン市場(ジャンクセイロン裏)

あと、番外編で
・ワンタンラーメン屋台(ファミマのところ)

 

ちなみに、パトンビーチのメイン通りはプロムナードの近くの「バングラ通り」。
ここはナイトライフの中心地でもあるわけですよ。
位置的にもパトンビーチの真ん中くらいになるしね。

 

ビーチ近くのローカル屋台街

パトンの中心である「バングラロード」の1本北側の通り。
この通りをビーチ方面に進むと出現。

屋台の種類は鳥の唐揚げの屋台や焼きとうもろこしの屋台、カットフルーツの屋台なんかが軒を連ねている模様。
通りの反対側には水着や浮き輪、ビーチマットなんかが売られている屋台が。
さすが、ビーチ近くだわぁ〜。

この通りを抜けるとすぐビーチなので、ビーチへ行きながら屋台で必要なものを買う。

なんてこともできるね。

 

ローカルな屋台街

バングラ通りからちょっと北側。
とくに目印になるものが・・・ない(⌒-⌒; )

ただね、他のパトンビーチ中心街の屋台と違って、お値段がローカル値段なの。
ちょっとエリアを外れるだけでお値段も変わるのねぇ〜。

ここは朝から深夜まで営業しているのが嬉しい。
屋台の多くは夕方から夜にかけての営業が多いからね。

ロティやフルーツシェイク屋さん、タイの焼き鳥屋さんなんかが集まります。

map パトンビーチのローカルな屋台街

アジアンな雰囲気をアジアンなお値段で堪能したかったらここがいいかな。

 

プロムナードの屋台

ここもね、昼も営業している屋台広場。
夜まで待たなくてもショッピングの途中のランチでも気軽に屋台体験できちゃいます。
ジャンクセイロンの向かいの路地にあるからショッピング途中でも立地が良いのだ。

パトンブロムナードを抜けてバングラ通りにぶつかるところに屋台が広がります。

 

バンサーン市場(ジャンクセイロン裏)

バンサーン市場 (パトンビーチ)

ここが一番わかりやすいかも?

ショッピングセンターの「ジャンクセイロン」の裏にある屋台街で規模も大きい。
定番のチキンからパッタイ、パパイヤサラダのソムタム、そしてアイスクリームまで。
シーフードからタイ料理までバラエティ揃った店舗が揃ってるので、観光客にも利用しやすい屋台ね。

料理のサンプルがあったり値段の表記が外国人向けにも表示されているので、外国人である日本人にも利用しやすそう。

ただちょっぴり、観光客向けな感じになるので他の屋台よりもお値段が少しだけお高めかもしれません。

 

ローカルラーメン屋台

屋台街の中にあるわけではなく1件の屋台があるだけなんだけど、
ワンタン麺がとってもおいしいと評判の屋台なんです。

パトンビーチの中心「バングラ通り」からちょっと北へ、徒歩7分ほどのところにあります。

目印は「ファミリーマート」(笑)

ワンタン麺だけじゃなくカオマンガイなどのご飯ものも充実。
そして外国人にも慣れているので、おもいっきりローカルな雰囲気だけど大丈夫。
おまけに飲み物の持ち込みがOKなのです。
後ろにあるファミリーマートでビールでも買って、屋台でワンタン麺。
なんか良いよね♪

営業時間:18:00頃〜25:00頃
お値段:ワンタン麺60B〜/カオムーグローブ60B〜/サテー5本入り30B〜map パトンビーチのローカルラーメン屋台

 

 

大型ショッピングセンター「ジャンクセイロン」

ジャンクセイロン(パトンビーチ)

パトンエリアで必ずチェックしておきたいのが、大型ショッピングセンターの
「ジャンクセイロン」。

 

とにかく何でもあります。

お馴染みのスタバやハーゲンダッツもあります。
マッサージ屋さんもあります。
スーパー(ビッグC)もあります。
アロマ系のお店もあります。(HARNN)
お洋服も売っています。

本当に広いし、なんでもあるんです。
バラマキ用のお土産も買えるし、しっかりしたお土産も買えます。

ただしかなり広いので目的は決めて行ったほうが良さそう。

 

「ショッピングセンターで買い物はしないわぁ」

と言う人でも、ここは要チェックです。
なぜかって?
パトンではみんなが知っている「ジャンクセイロン」なので、タクシーでも「ジャンクセイロン」と言えば一発で場所をわかってもらえます。
待ち合わせに利用したり、ここを起点にパトンエリアの場所を把握したり、何かと便利なのでお買い物をしてもしなくても、ここはチェックしておくのが良さそうよ。

 

住所:181 Rat-U-Thit 200 Pee Road, Tabol Patong, Amphur Kratu, Phuket 83150
営業時間:11~22時(5/1~10/31)、11~23時(11/1~4/30)
※スーパーマーケット10~22時。シネマシティ11~翌1時
Tel:(076)600111 / (076)600222
サイト:http://www.jungceylon.com/

 

 

行き方(fromマイカオ)

さて、マリオットビーチクラブのあるマイカオビーチからはどーやってパトンビーチまで行けるのでしょうか。

しか手段はありません。

時間は約1時間ちょっと

 

<交通手段>

・マリオット(JWマリオット)からシャトルバス
  <片道>350B/1人 <往復>700B/1人
ホテル発:14:00、16:30、19:00  パトン発:18:15、23:00

・ホテル手配のタクシー
  <タクシー(セダン)>往復:1,800B  <バン>往復:2,200B
往復+現地3時間滞在(現地滞在時間追加は 1時間/400B(セダン)、500B(バン)

・ローカルタクシー
  <片道>(セダン)1,000B、(バン)1,200B
往復チャーターする場合は、現地待ち時間300B/1時間と考えておくといいかも。
※パトンビーチから帰る時間が遅くなる場合は往復でチャーターがオススメ。
遅い時間だと遠いマイカオまでは行ってくれないこともあるため。
※運転手によっては往復分の料金だけで現地での待ち時間分を請求しない場合も。

・オプショナルツアーや現地旅行会社による車チャーター
5時間チャーター:(〜3名)1,500B〜、(〜10名くらい)2,000B〜2,400B
(時間でのチャーターなので寄り道や目的地の変更、複数ヶ所へ移動など自由がきく)
(マイカオビーチ発着は追加料金があることも)

 

この4つの方法のどれかになります。
さてどれを選択する???

 

★少人数+お値段重視の場合
→→ マリオット(JWマリオット)のシャトルバスがオススメ
2名×700B(往復)=1,400B 3名×700B=2,100B

★4名以上+お値段重視の場合(事前に予約できる場合)
→→ 現地旅行会社による車チャーター
往復の時間込みのチャーター。パトンビーチだと現地滞在が3時間切っちゃうかな。
滞在時間はたいてい+300B/1時間で延長も可。
車の手配もあるので少なくても前日までに予約が必要。

★たっぷり現地滞在したい場合
→→ マリオット(JWマリオット)のシャトルバスがオススメ
最大約8時間滞在可能。(片道1時間として計算。)ホテル14時発ーパトン23時発

★4名以上+急遽(当日)行きたい場合
→→ ホテル手配のタクシー
「今日行きたい!」などの急なオーダーでも答えてもらえるのが便利。
目的地まで渋滞などで時間がかかっても、現地滞在の時間はしっかり3時間とれる。
もっと滞在したい場合は+料金でドライバーに交渉可。

★パトンビーチ以外にも行きたい場合
→→ 現地旅行会社の車チャーター
タクシーだと目的地までの往復だけど、チャーターなら時間内なら基本どこでもOK。
買い物でも観光でも自由に行動ができる。

★片道のみの場合(時間を決めずに自由が良い)
→→ ローカルタクシー
パトンビーチからまたどこかへ行く場合や、知り合いと合流する場合などはコレ。
遅い時間でなければパトンビーチからもタクシーは拾える。
が、マイカオまでは遠いので確実性には欠ける。

★少人数+プーケットタウンにも行きたい場合
→→ マリオット(JWマリオット)のシャトルバスがオススメ
プーケットタウンにもシャトルバスが出ているので、どちらも行くなら。
ただし、パトンープーケットタウン間は自力で移動が必要(タクシーなど)。

 

楽チンなのはタクシーのチャーターかなぁ。

 

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました