プーケット国際空港から出発!まずはバンコクまでタイ国際航空で。

さてプーケット滞在の最終日は移動日です。

これはこれでイベントなんですよ。楽しみますよ。

プーケット国際空港ーバンコク・スワンナプーム空港ー羽田空港となります。

利用したのはタイ国際空港。

行きと一緒ですな。

スポンサーリンク

ベビーカーは別の窓口から

行きと同様タイ国際航空を利用して日本へ帰ります。
チケットはスカイスキャナーを利用してチェック。そしてタイ国際航空にしましたの。
日程とか時間とかでもチケットの値段は変わるもんね。

プーケットの空港に着いたら、さっそくチェックインを。大きな荷物を持ったままウロウロするのも面倒だからね。
日本でもそうだけど、空港着いたらまずはチェックインをして荷物を早々に預けちゃってます。

マイペンライ(大丈夫〜)なお国のタイランドですから、チェックインカウンターにお客さんがズラッと並んでも大丈夫〜。
焦る様子もなく、他のカウンターを急いで開けるでもなく、のんびりしてるわぁ(⌒-⌒; )

ギリギリの到着ではないから、ま、いーけどねー。

さすがに列が長くなってきた頃、ようやく他のカウンターを開けてくれて手続きの進みがちょっと早くなりました。
わがままを言わせていただくと、1歳児もいたので、できればもう少し早く対応してほしかったなぁ。。。

ようやくチェックインを済ますことができ、スーツケースなどの荷物を預けられたぁ〜。
ベビーカーも一緒に預けちゃいます。
搭乗口まで利用して、機内搭乗前にベビーカーを預けることもできるんだけど、面倒なのでここで一緒に預けちゃえ〜。

と思ったら、
ベビーカーだけ別の窓口での預け手続きになるんだってぇ。

ということで、指示されたカウンターへ行ってみよー。

チェックインカウンターの右側奥の壁を見ると、
「Oversize Baggage Check-In」の看板が。
デカイ荷物はこっち。ってことね。

看板に従って、矢印の指す左側へ進んでみると正面にまた看板が。
わかりやすくて良いですな。

空港の出発ロビーの左奥にありました。
ここでベビーカーを預けますよ。
搭乗券の提示も忘れずにね〜。

これで晴れて身軽になりました。
ロビー内をウロウロできます。

そうそう。
保安検査場に入る前に飲み物は飲みきるか捨てるかしておきましょーねー。
お部屋から持ってきたお水。
飲むだろうと思ったけど、ほとんど飲まずに出国手続きへ行くことに。
もったいないから飲んでしまえっ。

一気に飲むには量が多かった(⌒-⌒; )
でも、やっぱりもったいなから、頑張って飲みましたよ。
たいてい帰りはうっかり飲み物もったまま保安上に入ろうとしちゃうんだよねぇ。
行きは気をつけてるんだけど。

搭乗口にカフェがございました

保安検査場へ入るのにかなり並びました。
が、それ以降はさほど混雑もなく、通路も1kmも歩くことなく(笑)
搭乗口エリアへと移動することができました。

かなり時間に余裕があるなぁ。
のんびりと搭乗口で搭乗時間を待つしますか。

ホテルを出発したのは朝早かったけど、チェックインしたり出国手続きしたりでなんやかや。
空港内のお店も営業し始める時間になってました。
おかげで搭乗口も賑やか。

免税店もカフェもございましたよ。

朝ごはん、ここで軽く食べても良かったなぁ。
一応部屋で軽く食べてきたのよ。空港で食べるところがあるかどうかわかんなかったから。
あったとしても遠かったりすると、結果的に利用できないじゃん。

プーケット国際空港、なかなかやりますな。
チェンマイの空港よりも明るく開放的でお店も充実している気がする。

搭乗口のすぐ近くにあったカフェ。

欧米人の利用姿がはまってますわ。
パンや惣菜的なものもあって、コーヒーもおいしそう。ここで朝ごはんが良かったなぁ。
次回来た時の帰りは、ここのカフェを覚えておくのも良さそうだわ。

しかも、搭乗口のすぐ目の前っ。
(次回は違うかもしれませんがねぇ。)
この立地なら慌てなくても良いもの。

搭乗時間まで時間があったから、ここでコーヒーでも。
とも思ったけど、部屋でコーヒー飲んできたし、どうせ飛行機の中でも食べたり飲んだりするしねぇ。。。

そんな大人を横目に、うちの1歳児は走り回って(歩きまわって?)遊んでました。
床が絨毯なので歩きやすいし、転んでも痛くないし。安心だわ。
こーやって待ち時間も遊んでくれてると楽だわ。グズらずにいてくれてありがとねー^ ^

オーキッドのラウンジもあったよ

私たちは利用できませんでしたが、搭乗口のすぐ近く、カフェのすぐ正面にオーキッドのラウンジもありました。

パッと見た感じ、そんなにたくさんの種類はなかったみたいだけど、ドリンクに軽食も用意されてるから、待ち時間を過ごすのに良さそうね。

何より搭乗口に近いっ。

他の空港の他のラウンジを利用したことあるけど、搭乗口から離れてると、やっぱり時間をきにしちゃうもの。
搭乗時間から逆算した時間にラウンジを出なくちゃいけないでしょ。移動時間も含めて考えなきゃだからね。
でも、ここのオーキッドラウンジは搭乗口のすぐ近く。搭乗時間になってから移動してもかなり余裕〜。

さてと、そろそろ機内へ乗り込みますかね。

ちなみに、今回も子供の優先搭乗はしませんでした。

1歳児が歩き回って楽しそうに遊んでいたので、ギリギリまで遊んで疲れて寝ていただこう作戦です(笑)
動き始めた1歳児なので、狭い機内よりも広い搭乗口の方が本人も楽しいでしょう。

たっぷり遊んで、できるだけグズらないように、作戦です。

荷物が多かったり1歳児が寝てしまっていたら、きっと優先搭乗をさせてもらったと思いますが。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です