マイカオビーチエリア内の無料シャトルバスと繁華街へのシャトルバス&タクシー

プーケット2016ショッピング
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

プーケットにあるマリオット・ビーチクラブの利用はプーケット北部のマイカオエリア。

マイカオビーチエリアはこじんまりとした閑静なエリア。

イコール、街的には栄えてる感じはいたしません。

それがまた休暇を過ごすには良いんだけど。

繁華街ではないと、買い物や移動が気になります。

マイカオエリアのその気になる移動手段。

まとめてみました。

スポンサーリンク

JWマリオット周辺の無料巡回シャトルバス

マイカオエリアに位置するJWマリオット・プーケット(以下「JWマリオット」)の敷地内に、マリオット・プーケット・ビーチクラブがあります。
そしてそのJWマリオットの敷地じたいもかなり広め。
十分な散歩が出来ちゃうくらいの広さがあるんですよ。

そして、JWマリオットから歩いて5分ちょっとのところには、もう1つのマリオットのビーチクラブ棟の「マイカオ・ビーチクラブ」もあります。

またまた、ちょっとしたショッピングセンターの「タートルビレッジ」もあります。

それらを歩いて回るのもできるんですけど、無料のシャトルバスも運行してます。
なので年配の方でも、小さな子供がいても、ホテル周辺の移動は問題なしっ。

しかも、料金も無料。
ほとんどがJWマリオットの宿泊者やマリオット・ビーチクラブ(プーケット、マイカオ)の宿泊者が利用してるんだけど、もちろん宿泊者以外の人も利用は可能です。

例えば、JWマリオットから歩いくとけっこう時間がかかってしまう位置に、マリオット系列のホテル「ルネッサンス」があるんだけど、そこの宿泊者も利用してたりします。

無料シャトルバスはどこを回るの?

マリオット周辺を巡回する無料のシャトルバスは、路線は1つなんだけど車体は2種類あります。

時間帯によって走っている車両が違うのね〜。

日中の8:00-18:00は白い乗用車タイプの車。

両側を向き合うように座る感じね。

つめれば8〜10人くらいは乗れるかしら?

夜の18:00-22:20は大きいバスタイプね。
これはかなりの人数が乗れますよ。

この2種類のシャトルバスがグルグル回ってます。

巡回するのは、

JWマリオット・ロビー ⇨ タートルビレッジ ⇨ マリオット・マイカオ・ビーチクラブ ⇨ JWマリオットサウスウィング(ジンジャ・レストラン) ⇨ JWマリオット・ロビー

これをグルグルと巡回してます。

だいた10分ちょっとの間隔で運行しているようです。
タイなので、だいたい、ね(⌒-⌒; )

どこから乗ってもいいし、どこで降りてもOK。

ちなみに、私たちが滞在していたサウスウィング(ブループール側)はジンジャ・レストラン停留所から歩1分と近かったので、特に帰りは便利でした♪

タートルビレッジまで買い物を歩いて行き、帰りは荷物があるからシャトルバスで帰る。

なんて利用の仕方をよくしてました。
歩いても5分程度なんで、バスを待っているよりも速かったりするのよ(⌒-⌒; )
ただ、歩くのが大変な場合は、待ってでもシャトルバスがオススメですね。
乾季のものすごい暑い日なんかもね。

隣のホテル「ルネッサンス」ともシャトルバスで行き来ができる。

歩くにはちょっと距離があるお隣のホテル「ルネッサンス」
ここもマリオット系列です。

滞在時にもらったレストランの割引がが受けられる「VIPカード」も、ルネッサンスのレストランでも使えますよー。

ルネッサンスとJWマリオットをつなぐ無料のシャトルバス
朝10時30分ころから約30分間隔で夜の0時15分まで運行してます。

ルネッサンスのレストランで食事をして帰って来る、こんな使い方もありますねー。
そうすると、また食事する場所のレパートリーが広がるわ〜。

逆に、ルネッサンスに宿泊している人がJWマリオットに食事しに来てたりもしてました。
JWマリオットの方がレストラン、充実してるもんなぁ。

街へ行くシャトルバスもありますよー

マイカオビーチエリアは閑静な場所。
繁華街は、ないですね。

プーケット、と言えば、の観光地「パトンビーチ」や「プーケットタウン」へも出かけてみたーい。
と言う人も多いと思いますが、いかんせん、遠い・・・。

これらの繁華街へ出かけるには、自分でタクシーや旅行会社の車やツアーを手配するか、ホテルに頼むしかないのです。

そんな繁華街から離れたエリアのマイカオビーチなので、ホテルからも有料ですがシャトルバスの運行があります。
ありがたいですねー。

人数が多い場合は割高になってしまう場合もあるので、その場合はタクシーの手配も検討してね。

行き先 片道 往復 ホテル発 帰り
プーケットタウン 250THB 500THB 10:30 14:30*
13:00 16:00
15:00 21:15
パトンビーチ 350THB 700THB 14:00
16:30 18:15
19:00 23:00
セントラルフェスティバル 250THB 500THB 10:30 15:00*

*14:30のバスはセントラルデパート経由になります。

このシャトルバスをうまく組み合わせれば、繁華街にも遊びに行ける♪
行きと帰りの場所を変えてもOKなんです。
だから、プーケットタウンとパトンビーチの両方に遊びに行って帰ることも可能。
ただし、プーケットタウンとパトンビーチ間の移動は自分たちで手配する必要はありますよー。

まぁ、どちらも繁華街なのでタクシーはすぐにつかまると思いますが。

繁華街行きシャトルバスの詳細は?

(有料)シャトルバスは、出発時刻の1時間前までに申し込みが必要です。

申込場所:エントランス近くのトランスポーテーションデスク

発着場所:JWマリオット・ロビー(10分前にロビーのタクシーカウンターへ。チケットもらいます。)

キャンセル:返金不可

催行:2名から

※特別祭時の際はスケジュールが変更になる場合もあるので注意してね。

タクシーで繁華街へ行く場合

人数が多い場合、我が家はタクシーでパトンビーチまで行きました。
シャトルバスだと時間が合わなかったのと、大人5人いたのでタクシーのが割安だったからw

タクシーは、3人くらいまでの乗用車タイプと、
4人以上のバンタイプの2種類があります。

我が家は大人5人の1歳児1人だったので、バンタイプで。
おかげで優雅にパトンビーチまで移動できちゃいました。

このタクシーだと、行き帰りの往復と現地3時間滞在のパッケージのお値段。
※片道設定もあります。
現地滞在を延ばしたい場合は、滞在1時間につき延長料金を支払えばOK。

ホテルの敷地内にあったタクシー小屋の料金

(クリックすると拡大されます)

<往復料金(現地3時間滞在含む)>

パトンビーチ・・・1,800THB(タクシー)、2,200THB(バン)
プーケットタウン・・・1,600THB(タクシー)、2,000THB(バン)
※現地滞在延長・・・400THB/1時間(タクシー)、500THB/1時間(バン)

パトンビーチに約3時間滞在する場合、
2人までなら ⇨ ホテルのシャトルバスが少し安い
3人なら ⇨ タクシータイプに乗れればタクシー、狭くてバンタイプ利用ならシャトルバス
4人以上なら ⇨ タクシー(バン)の方が安い

パトンビーチに約4時間滞在する場合、
3人までなら ⇨ ホテルのシャトルバスが少し安い
4人以上なら ⇨ タクシー(バン)が安い

滞在時間と利用人数によって、シャトルバスとタクシー(バン)と一人当たりのお値段が変わってくるので、お値段重視で選ぶにしても計算して利用してみてくださいね。

ちなみにタクシー(バン)を利用する際は、チップを渡してあげられると良いかもです。
我が家は現地滞在中の待ち時間に、軽食を差し入れしてみました。

そうだ!
タートルビレッジ近くにカウンターを構えていたローカルタクシー屋さんだと、
パトンビーチとプーケットタウンへのタクシー料金はちょっとだけ高かったです。

空港までの片道はバンタイプだとこっちのローカルタクシーの方が安い。

行き先によってお値段が違うので、比較してみてもおもしろいかも^ ^

(クリックすると拡大されます)

ルネッサンスとマイカオプラザをつなぐシャトルバスも

JWマリオットやすぐ隣のアナンタラに泊まっている人が利用することはないかもだけど、ちょっと離れた「ルネッサンス」ホテルに滞在している人や「ルネッサンス」に食事をしに行く人は利用できるシャトルバス。

マイカオプラザはタートルビレッジよりも国道よりに新しくできたショッピングセンター。
コンビニみたいなミニスーパーやお土産屋さん、シーフードレストランにマッサージ屋さんなんかが入ってます。

果物屋さん小屋もあって量り売りしてくれるから、新鮮な南国フルーツが食べたい時にも便利です。
おばちゃんが良い人で、どれがおいしいか選んでくれます。
そんなやりとりも楽しくてつい買いに行ってました。

ただし、スーパーと比べて激安か?と聞かれると、実はそんなに安くなかったりして(⌒-⌒; )

タートルビレッジから徒歩2分程度の場所にありますよー。

ルネッサンスに宿泊なら、マイカオプラザまでシャトルバスで来て、歩いてタートルビレッジまで行く、ってのもアリですね。

シャトルバスは日中は1時間に1本、夜は30分に1本のペースで運行してます。

頻繁に出てるわけではないけれど、マイカオエリアではありがたい。

いろんなシャトルバスを駆使して、マイカオ滞在を満喫いたしましょー♪

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました