ある日のサンデーマーケット

チェンマイ・ナイトマーケット2015
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

サンデーマーケット

週末の夜に開催されるマーケットの1つ。

サンデーマーケット。

字のごとく、日曜日に開催されます。

そろそろ本格的に日本へのお土産をゲットしておかなければっ!
と思い、サンデーマーケットで仕入れですわ。

帰国ギリギリに買うとバタバタ忙しくなるだろうし、私のことだからきっと買い忘れが多数でてくることだと思うので、今のうちに買えるものは買っておきたいのです。

できることならお土産は全部、帰国直前にならないうちに買い揃えておきたいわ。。。

 

(関連記事)サンデーマーケットはこんなところ⇨

 

スポンサーリンク

今日も徒歩でサンデーマーケットへ

夕方、ちょっとのんびりして少し暗くなった頃からサンデーマーケットへ出陣!

いつものごとく、ゲストハウスからは徒歩で行きますよ。

ゲストハウスからお寺を抜けて出る道を北上すること5分。
サンデーマーケットの端っこに出ます。

サンデーマーケットはメインの通りから脇道にも枝分かれしてることもあるんですよ。

そこをまっすぐ行くと、メイン通りのちょうど中間地点に出ます。
最近はここからスタート。
よって、メイン通りの後半部分ばかり行ってるかもしれない(⌒-⌒; )

 

メイン通りの前半部分、ターペー門側は人も多いし値段も高いし。。。
品揃えも多少変わりもしますけどね。

 

この枝分かれの先端では、毎回ステージが用意されていて誰かが歌っています(⌒-⌒; )
誰だかは知りません。

たいてい小さな女の子が歌っていたりするので、プロが歌うステージではないみたいですね。
ステージの前にはたくさんの椅子が並べられているので、観客もそこで座って観れます。

 

小さな女の子の素敵な歌とダンスを横目に、いつもスルスルぅ〜と抜けて本線へと向かうわけですよ。

 

 

 

 

まずは腹ごしらえPart 1!

まずは枝分かれの道から腹ごしらえを♪

一目で私の目を惹いたのが・・・。

サンデーマーケット

焼きそば???

なんだか妙においしそう♪
日本の焼きそばっぽくない?

 

どうやらこれ、「ソーユヤキ(ショー油焼き?)」と言うらしい。

サンデーマーケット

しかも20Bとはお安い!

即お買い上げ決定です♪
いや、目に入った時点でお買い上げは決定していたかも。

 

食べてみると、インスタントの焼きそばの麺を使った焼きそばね。
ナンプラーとかも使われてると思われるので、多少タイっぽい味もしますが、
日本のインスタント焼きそばの味がします!

おいしーです♪

この素朴感がGood!

個人的にはもう少しナンプラーを効かせても良い感じもしたので、追加でちょっとだけふりかけました。
うん。イケる( ̄▽ ̄)

 

この屋台の近辺には座って食べられるようなテーブル席は用意していないので、
必然的に立ち食いになりますよ。

屋台の端っこで1人、焼きそばを立ち食いです。
そんな夕食です(^_^)v
それもタイです。チェンマイです♪

 

 

 

 

腹ごしらえPart 2!

意外な素朴感に満足しながらも、お腹はまだもうちょっと満たされてないみたい(笑)

焼きそばの屋台の近くに、これまた私の興味を引くものを発見!!!
なんだろ?これ?

サンデーマーケット フライドミルク

このコロッケのような風貌。

でもね、確実にコロッケではないのよ。
だってね。。。

サンデーマーケット フライドミルク

「Fried milk」って書いてあるんだもーーーん?!
てか、フライドミルクって何よ。。。
そのコロッケの中身がミルクってこと?
牛乳を揚げちゃったの???

 

もうね、私の好奇心は止まりません!

牛乳好きなのも大いにありますが。
ミルクを揚げるってことが想像できないんですよ。
中はどーなってるんでしょう???

 

これまた20Bです。
お安いです。
70円くらい?

あれ?
日本でのコロッケとあまりお値段変わりませんねw

 

まぁ、気になって仕方なかったので、お店のお姉さんにもつい話かけてしまったので、
勢いで買ってみましょう♪
食べてみましょう♪

サンデーマーケット フライドミルク

こんな感じでいただきました。

お好みで練乳をかけてもいいそうです。
おすすめされましたが、コレ、フライドミルクの本来の味が気になったので、
練乳はかけずに頂いてみます。

 

中はね、柔らかめのはんぺんみたいな感触。
ミルクゼリーって言うのかなぁ?
牛乳寒天って感じかなぁ?

 

ほんのり甘くて、牛乳の風味がして、やわらかい奴でした。

練乳をかけるのも分かる気もしますが、私はかけないままのがいいかなぁ。

そんなに奇抜なものでもなかったですね。
小腹が空いた時にはイケるかもしれません( ̄▽ ̄)

チェンマイには不思議なものが、いろいろあります。
楽しいです♪

 

 

 

 

 

他にも気になった食べものたち

食べてはいないんだけど。

 

サンデーマーケット

これ、中国でもあった!
中国行った時に食べたかったんだけど食べ損ねたヤツだと思う。

生春巻きみたいだけど、皮がヌードルの麺を使っているようよ!

ちょっと食べてみたかったんだけど、これ1つで40Bか50Bするって言うからやめてみた(ー ー;)

欧米人の男性がコレの値段を聞いて、
「はっ?!これ1つでそんなにするの!高くない?!もっと安くしてよっ!」

と交渉していたけど、結局値下げはしませんでした。

 

その交渉を聞いていて、私も同意見だ。
と思い、これを買うのをやめたしだいでございます。

2つで40Bとかならいいけど、1つでその値段って。。。
高いなぁ。。。

 

 

 

サンデーマーケット

これにも目を惹かれました!

すでに他のものを食べてしまったあとだったので買いませんでしたけどね。

奇抜な色でびっくりしますが、これ、もち米です。
タイではポピュラーな、「もち米のマンゴーのせ」のデザートです。

「カオニャオ・マムアン」です。
「スティキーライス&マンゴー」です。

 

この奇抜な色はチェンマイでも度々登場している「アンチャン(バタフライピー)」の色なんだってー。

それ聞いて納得。

アンチャン(バタフライピー)からはこの奇抜な色が自然で抽出されるからね。
私はお茶でよくお世話になっておりました。

 

色の割に味は薄いんですよ。
だから、もち米をこんな色にしちゃっても別に味にはさほど影響しないかと。

天然の色素ですから、大丈夫です(⌒-⌒; )

 

カラフルなカオニャオ・マムアンができあがりですね♪

 

 

 

 

 

〆はやっぱりフルーツシェイク♪

お腹を満たしたら、今度は喉を潤したいっす♪

フレッシュフルーツ満載のフルーツシェイクを片手にサンデーマーケットを散策です。
チェンマイではこーやって手軽にフルーツが取れて、うれしいわぁ♪

 

今回は「マンゴー&パッションフルーツ」

サンデーマーケット

マンゴーのまったり感とパッションフルーツの爽やかさがマッチして、さらにパッションフルーツのツブツブ感がアクセントになって、この頃の私のお気に入りでしたの(^ ^)

マンゴーのおかげで甘さが追加されるので、シロップを抜いてもらってもほどよい甘さが良いんです。

 

これの他にも、バナナとパッションフルーツの組み合わせも良かったなぁ♪

 

これを片手にお土産探しです。
自分のお土産も、みんなへのお土産もね♪

 

チェンマイはタイの北部とはいえ、やっぱり暑いので水分補給、必須です。
そしてビタミン補給もね!

 

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました