チネイザンの予約をしに

チェンマイにはいたるところにタイマッサージのお店があって、
マッサージ天国〜♪

タイマッサージでも、北部のチェンマイでは、
「チネイザン」
というお腹のマッサージを受けることができるマッサージ屋さんがちょこちょこあります^ ^

そのほとんどがタイマッサージスクールの先生の施術だったりもして。

スポンサーリンク

歩いて30分くらいかな

「チネイザン」というお腹マッサージをチェンマイに来たら受けたいと思ってた♪

お腹の上からする内臓マッサージ。
便秘とかの解消だったり、内臓の疲れだったりを解消できるだけじゃなく、
マイナスの感情もときには解放してくれることもあるのだとか(≧∇≦)

チネイザンを教える授業をしている先生で、
先生本人がチネイザンの施術をしてくれる人のうちの1人にお願いしてみよーかなぁと、ね。

やっぱり、本場のチネイザンを経験してみたくって♪

まずは予約が必要。

メールでもできそうだったんだけど、
とりあえず場所の確認も兼ねて、直接行って予約してこようかと。

んで、お散歩がてら歩いて行ってみたのよ。

チェンマイ門からお堀の反対側のお堀の北側まで。

途中、こーんなかわいいマンゴーのお店を見つけてみたり。

観光名所の3人の王様の前を通ってみたり。

それでももうちょっと先まで歩いていきます。
もうちょいね。

目的地はワット・チェンマンのすぐ真裏?

小道に入るらしいから、迷いそうだなぁ。。。
ちゃんと見つけられるかなぁ。。。

結局、恐る恐る小道に入って探してみて、
やっと発見!

チェンマイ門のすぐ裏から徒歩30分くらいでしたのよ。
よい運動になるわぁ〜。

ピジェム先生のところ、見っけ!

徒歩30分かけてのんびり探したチネイザンの先生のとこ。

うっかりしてると見過ごしてしまいそうな。
だけど、発見!見つけた!

3人の王様の前の道をさらに北へ。
お堀の一番北、地図上では一番上のお堀の辺に向かって歩いて歩いて、
お堀からすぐ1本南の道を右へ。

Ratchapakinai soi1を右へ。

ちょっと小さい道だから、
ちょっと不安になりつつ(⌒-⌒; )

不安になりつつだったけど、あってた!

でっかい看板が、緑に覆われてた!

ピジェむ先生のマッサージスクール!

ここだっ!!!

予約完了!

目当てのピジェム先生のマッサージスクールを発見して、
恐る恐る中へ。

どうやらゲストハウス?アパート?
らしきものも一緒に経営しているみたいで、滞在している人も、滞在しているだろう子供もいた。

「サワディー カァー」

と行って中へ入ると、いた!

ピジェム先生(だと思うよ・・・)がいた!

お腹のマッサージ「アブドミナルマッサージ」を受けたいことを英語で伝えると、
(だってタイ語、できないもん・・・)

「どっちのアブドミナルマッサージ(お腹マッサージ)を受けたいの?」

と・・・・・・・。

どっちの?って。。。。。
お腹マッサージ、チネイザンっていくつもあるわけ???
事前に調べたところ、チネイザンに種類はなかったと思うのだけど。。。

えーーーーっと。。。。。

困ってとにかく、「アブドミナルマッサージが受けたいんだけど。。。」

と伝えるしかできず。
もっと英語が堪能だったら、ピジェム先生の言ってることももっと理解できて、

「どっちのアブドミナルマッサージ」なのか、ちゃんと話しができたのだろうなぁ。

と、じゃっかん凹んでみたり(⌒-⌒; )

そう。
ピジェム先生ったら、英語が堪能。
あまり訛りも感じられず、ペラペラと英語を話すのよ。

何度かお互い、いろんな単語を出してみて意思の疎通をはかってみると、
どうやら2種類あるらしいっ!

正確には、私が受けたかった ”チネイザン” と、
女性の為の「子宮をメインにケアする」女性へのお腹マッサージがあったみたい。

最初から ”チネイザン” を受けたい。

と言っていれば、こんなややこしいことにはならなかったかもしれない、ね。

ようやく意思の疎通がはかれて、チネイザンを受けたい旨が伝わったーーーっ!

予約なんだけど、
ダメもとで聞いてみた。

「今日できますか?」

やっぱりダメでした(⌒-⌒; )

でも、翌日の朝は空いているので、
その時間にお願いしました。

やっとチネイザンが受けられるぅぅぅぅぅーーー♪

明日が楽しみだわん♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です