カラダにやさしいDay 〜続き〜

ソムタム

ムーガタでの暴飲暴食後の、体にやさしい1日。

アムリタガーデンでマクロビランチをして、フットマッサージを受け、
いたわりの1日。

⇨⇨その1日の記事はコチラ

最後は夕ご飯。
何にしようかなぁ。

スポンサーリンク

フットマッサージで脚が軽くなったから

せっかくマッサージを受けて、脚が軽くなったというのに、
やっぱり帰りも歩きます(⌒-⌒; )

別にソンテウ使ってもいいんだけどね。

でも、帰り道にちょっとお店を見たりしたいじゃん。

ってことで、サンデーマーケットの通りラーチャダムン通りのお店をぷらりしながら。

日曜日の夜はマーケットの屋台で通りが埋め尽くされるんだけど、
マーケットのない他の日の夜は路面店があることに気づきます。

路面店、そんなに多いわけでもないんだけど、実はちょいちょいあるんだよねぇ。

雑貨を見たり、ワンピースを見たり。
そーいえばこないだ、キャミを買ったっけ。

だから楽しいのよ。歩いて帰るのも。

ラーチャダムン通りからチェンマイ門へと向かう角を曲がると、
お店はぐっと少なくなるけど、そこからチェンマイ門までは歩いて10分程度。

暗くなってきてるけど、いつもどおり歩いて帰っちゃいます。

夜の女の1人歩き。。。

気を抜いちゃいけないが、チェンマイのあまり裏の道ではなければ結構歩けます。

近年、危ない話も聞かないわけではないので、警戒は怠らないように気をつけて。

(だったら暗くなったらソンテウ乗りなさい!って話なんですけどねぇ〜(⌒-⌒; ))

夕飯はいつものチェンマイ門屋台へ

チェンマイ門マーケット

チェンマイ門のすぐ裏にあるゲストハウス「ワンディハウス」に滞在しているので、
夕飯に困った時は、ついチェンマイ門のところの屋台へ行っちゃいます。

ここならお手頃価格でいろいろ食べられますからね。

屋台で食べてもいいし、テイクアウトもできるし。

何を食べようかなぁと、チェンマイ門の屋台エリアをぶらりとしてたんですけど、
ちょっとやってみたいことを思い出しました。

それは・・・

ソムタムをガッツリ食べること♪

単なる、それだけです(⌒-⌒; )

確かチェンマイ門の屋台の中にもソムタムを売ってる屋台があったなぁ。
ソムタム専門屋台、見たいな。

その屋台を探してみたんですけど、見当たらない・・・。

今日はお休みなのかもしれない。

仕方ないので、でもソムタムな気分なので、
他の屋台でソムタムを買って帰ることにしました。

専門屋台じゃなくても、ソムタムを売っている屋台、あるからねぇ。

ソムタム=青パパイヤのサラダ

こやつはくせ者で、うっかりしてるとかなり辛いものが出てくる場合があります。
タイフード全般に言えることですけど(⌒-⌒; )

タイでの辛いは、日本での辛いをはるかに簡単に超えてしまうことがよくあるので、
あまりうかつに辛いのを受け入れてはなりません!

これ、体験済みです。。。

辛いのが好きな方だったので、少々の辛さには自信があったんです。
(激辛にはそれほど強くないですけど。。。)

お店の人に「これ辛いよ」と言われたものをそのまま注文して痛い目を見たこと数回。

それ以来、ちょっとビビり気味。

おいしくソムタムを食べたいので、作ってもらう時には必ず、

「スパイシー???」

と尋ねます。

すると屋台のお姉さんが、「ノー スパイシー?」

と聞いてくれるので、「ニッノイ^ ^」と、今回はお返事してみました。

ニッノイ=少し

ノースパイシーでも良かったんですけど、ちょっとだけ、ピリ辛で食べたかったので、
少しだけ辛さを入れてほしくて、「ニッノイ」で注文してみました。

余談ですけど、この「少し」というタイ語「ニッノイ」ですが、
音がかわいくて気に入ってます♪
通じやすいし、お店でちょこちょこ使ってます。

テイクアウトにしてもらうとこんな感じに。

ソムタム

袋に入れてタレも一緒にね。
付け合せに葉っぱもくれます。

タイでは以外と生野菜を付け合せにすることが多いです。

キュウリだったり、葉っぱだったり、もやしだったり。
場所によってはお野菜は取り放題の食べ放題のところも。

何気に結構量がありますので、ソムタムだけでも満足できました。

日本じゃ食べない青パパイヤ。
この味付けがまたうまいんです。好きなんです。

昨日は肉をとりすぎたので、野菜ばかりで腸内をきれいにしてあげてもいいかなぁ、と。

たまにはこんな感じの夕飯もありよねぇ。

物足りなければまた屋台へ行って何か買ってきてもいいし♪
近場に市場や屋台があると、本当に便利♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です