日本人経営の日本人以外の宿泊客の多い宿

スポンサーリンク

せっかくなら英語を話したい。
日本人経営の日本人以外の宿泊客の多い宿

せっかく海外旅行に行くのならできるだけ英語を話す環境がいいし、日本人ばかりじゃ無い方がいい。
でも、外国人経営の安宿だとちょっと心配なので日本人経営だと安心かな。

ってな場合に、メインの宿泊客は日本人以外だけれど実は経営は日本人、という宿を探してみました。

日本人宿で宿泊客がほぼ日本人というゲストハウスの記事はこちら
▶︎▶︎(参考)初カンボジアでも安心 日本人が多く泊まるシェムリアップの日本人宿

マントラ・アンコール・ブティック・ビラ
(Mantra Angkor Boutique Villa)

日本人宿の中では一番アンコールワットに近い立地。
アンコールワットに何度も足を運びたい人に向いてますね。だって自転車で10分程度なんですってよ。
必然的に繁華街からは遠くなりますけど。トゥクトゥクで10分くらいのようです。

一応ここ、ゲストハウスではなく「ヴィラ」なんですね。
でもほぼゲストハウスでいいらしいです(笑)

Facebookの写真を見る限り日本人客もいるようですけど、確かに日本時以外の私たちから見ると外国人の姿も多く写ってますね。

お部屋はシングルルームが$12
エアコン付きツインは$17

全室個室でドミトリーは無し。

オーナーは日本人ですがいない場合も不在の場合もあるみたい。
でも、オーナーはいなくても他のスタッフがフレンドリーかつ親切な対応をしてくれるようなのでその点は安心です。
ま、日本語ではないかもですが。

カフェ?レストランが併設されているのが嬉しいですね。
シェムリアップのゲストハウスにはカフェやレストランが併設されていることが多いのかな?
それとも日本人宿にありがちな傾向なのかな?
どちらにしても、私的には嬉しい限りです。

(私が)心惹かれるポイント

☆レセプションには24時間スタッフがいる
セキュリティ面で安心ですね。
日本語対応ではないかもですが、日本から夜に到着してもレセプションには人がいるってことですもん。
夜遅くなるとスタッフがいなくなってしまい、なかなか中に入れなくて途方にくれそうになったこと、ありますからね(笑)

☆近くにローカル市場やローカルな食べ歩きができる
繁華街からは遠いのですが、ローカルなお店が近くにあるというのは嬉しい。
せっかくならローカルなお店で食事などしたいですから。
繁華街から離れた場所のお宿では、重要ポイントです。

☆どうやら室内・敷地内はキレイなようです
日本人が経営していてもカンボジアというお国柄、清掃が行き届いて無いゲストハウスも少なく無い中、こちらは隅々まで清掃が行き届いているという声が多い。
豪華じゃなくていいので、清潔であってほしい。
滞在する際のストレス、それは清潔でないこと。
アジアではある程度目をつぶらなくてならない部分ですけど、そこがクリアになっているのはそれだけでポイントは高いです。

☆中庭が広くてのんびりしている
ゲストハウスの敷地が広めだからでしょうか。中庭もゆったりとしていて、外でのんびりしたくなります。
他の日本人宿のように、他のお客さんとワイワイと賑やかに過ごす雰囲気とはまた違った雰囲気ですが、それもまたのんびりと過ごすことができそうで◯。

☆指圧サービスがある
敷地内に日本人?の指圧サービスがあるとか。
今でもあるのかな?
マッサージをしてくれるのは嬉しい。
街へ出てマッサージを受けてくれば良い話だけど、敷地内にあるとなるともっと気軽に受けられるような気にもなります。

(私が)ちょっと残念ポイント

☆繁華街から遠い
やっぱりこれはちょっと考えますね。
別に毎晩パブストリート飲み明かしたいわけじゃないけれど、買い物したいときにさらっと行けない。
トゥクトゥクで行けばいーんですけどね。
$2くらいで行ける?アジアの近場の交通費としては安くないねー・・・。

☆宿の公式ホームページがない
情報を得たいのですが、公式のホームページがないです。
Facebookやブログはあるのでまだ良いですけどね。

☆清潔だけど虫もくる
アジアなので仕方のないことなんですが、虫が苦手な私としてはここはかなり重要ポイント。
緑が近くにあるということで良いポイントでもあるんですけどね〜。
お部屋も含めて敷地内全体的に清潔に保たれているようなので、仕方ない、かなぁ。

場所

マントラ・アンコール・ブティック・ヴィラ 地図

住所:17253 Siem Reap, Siemreab-Otdar Meanchey, Cambodia
Tropeng ses, Kouk Chak
TEL:+855 93 252 630
Facebookはこちら
Twitterはこちら
ブログはこちら
マントラ・アンコール・ブティック・ヴィラの口コミはこちら

ブティック・ドミトリー・高知家
(Boutique domitory kochi-ke)

名前「高知家」の由来はオーナーさんの出身から。
一気に日本に馴染む名前です。が、お客さんは欧米人が多いのだとか。

オープンしてからまだ新しく、キレイでおしゃれなゲストハウスは
ドミトリーオンリー
1泊$4〜$7とお値打ちです。

1階の女性用ドミトリー$7→$6
2階のミックスドミトリー$7→$6
3階のスタンダードドミトリー$5
(それぞれスペシャルプライスなので、いつまで適用されるかは要確認で!)

1階と2階のドミトリーはカーテンと壁で仕切られているから、半個室状態。
プライベート空間が保たれますわ。
3階のスタンダードドミトリーは、よくある感じの2段ベッド。
でも蚊帳が付いているから軽く目隠しできるみたいよ。
ベッドごとにコンセントとライトが設置されているのも嬉しい設備です。エアコンも設置済み。

ドミトリーしかないから、欧米人ばっかりなのかな。
私の勝手なイメージだけど、ドミトリーって日本人よりも欧米人の方が利用している感じがするんだよね。慣れてるっていうのかな。

私はまだドミトリーの経験がないんだよね。
荷物の管理とかが心配で、なかなか踏み込めていないんだけど、高知家さんみたいにキレイでオシャレなところなら泊まってみたいなぁ、とも思わないでもない。
いや、ちょっと考えちゃってたりもする( ̄▽ ̄)

共有空間も清潔そうだし、ゆったり本でも読みたくなるスペースだし。
欧米人が集まるのもわかる気がする。
安宿のくせにオシャレさんだわ。

そしてこのゲストハウスのもう一つの特徴が、立地が良いこと。
ナイトマーケットまで50mパブストリートまで200mという中心地に近い距離なので、夜まで飲んでもすぐに帰れますね。
買い物だって街歩きだって、便利に行動できちゃう立地です。

(私が)心惹かれるポイント

☆欧米人の宿泊客が多いので英語の勉強になる
日本人宿ほど宿泊客どうしの交流があるわけではないと思うけど、ベッドにいないときは共有スペースにいることになると思うのね。
同じスペースでくつろいでいる時間があるのなら、そこから多少の会話は生まれると思いますよ。
これもまた海外旅行の醍醐味ですから。

☆おしゃれ空間
ドミトリーオンリーというのがなかなか手を出せないところですが、それを超えることができそうなほど室内はおしゃれです。
そしてキレイです。
コンクリートが打ちっぱなしの水回り(シャワーやトイレ)は清掃がちゃんとされててキレイそう。
小汚い個室よりも清潔でおしゃれなドミトリーの方が良いかもしれないなー。

☆ロケーションが繁華街
街歩きに最適な立地です。ナイトマーケットにも近いから買い物も食も困らなそう。
ちょっと夜はうるさいかもしれないけれど、出歩くのに便利な立地も見逃せない。

☆格安ツアーあり
他の日本人宿同様のお値段ですけど、ここからもツアーの申し込みがOK。
トゥクトゥクと車が選べます。

☆バスチケットの手配が可能
夜行バスや昼のバス、ボートのチケットの手配もお願いできます。
街の旅行会社に行かなくても、バス停まで行かなくても、宿で手配ができるのは便利です。

☆無料の飲料水あり
これね、侮れませんよ。
タイのゲストハウスに泊まったとき、飲料水は無料でもらえてたんだけど、外から買ってこなくて良いので思いの外便利でした。
買ってくれば良いだけですけど、朝とか夜とかにわざわざ買いに行くのも面倒なんです。
それが宿で無料でもらえるとなると、かなり嬉しい。

(私が)ちょっと残念ポイント

☆空港送迎は有料だけどやってくれる
送迎してもらえるので助かるんだけど、他のゲストハウスのように無料のサービスではないです。相場は同じです。
ここはドミトリーしかないからねー。
他の日本人宿もドミトリー宿泊者は送迎は有料だったことを考えると妥当っちゃぁ妥当かぁ。

☆ドミトリーしかない
やっぱりこの雰囲気で個室があったら嬉しかったな。
立地もインテリアも良いので、個室があったらお値段高くなるかもしれないけどね。
これはドミトリーデビューはここでしろ、って意味ですか???(笑)

☆おそらく英語ですね
経営者は日本人ということですが、宿泊客も欧米人が多いということで英語が使われているのだと思います。
公式ホームページも英語ですからね。

場所

ブティック・ドミトリー・高知家 地図

住所: Angkor Night St. Between Sok San Rd, Artisan d’angkor, Siem Reap Cambodia
TEL:+85560906090
メール:info@kochi-ke.asia
公式ホームページはこちら
Facebookはこちら

ワンストップ・ホステル シェムリアップ

白を基調とした明るくて清潔でシンプルでスタイリッシュなお宿。
清潔でおしゃれな宿はそれだけで安心感がある。
清掃が行き届いていない宿よりもトラブルはグッと減るだろうと思うなー。

この「ワンストップ・ホステル」ドミトリーオンリーのお宿。

お部屋は女性用のドミトリーとミックスのドミトリーがあります。
女性用ドミトリー$6.5Booking.comの金額。時期にもよるので要チェック)。
ミックスドミトリー$7.5〜

シェムリアップのドミトリーで考えると特別安いわけではないお値段設定ですが、人気です。
立地的にシェムリアップの中心地にあるので、ちょっと離れた宿からオールドマーケットやナイトマーケットなどに行く場合のトゥクトゥク代約1〜2ドルが浮きますね。

各ベッドにはライト、電源2口、小物入れ、鏡が備え付け。
隣のベッドとの間に仕切りもあるので、ちょっと嬉しい。
オープンすぎると落ち着かないのよ(⌒-⌒; )
カーテンのようなものは無さそうだけど。
エアコンもしっかり効いているそうです。

さっきも書きましたが、ここの人気の1つはロケーション。
パブストリートやオールドマーケットから約3分ほど。
宿はメインのシヴァタ通りに面しているから、街歩きにも最適です。
隣にはコンビニがあるし、近くにはカフェももあるし両替所もある。
ロケーションは言うことなしです。

フロント前の共有スペースも屋上のスペースも、広々としてくつろげる雰囲気がいい。
雑魚寝ができるスペースもあるようで、ドミトリーだけどくつろげそう。
また、口コミの多くに「スタッフがフレンドリー」と良い意見が多い印象。
スタッフとしてしっかりと教育され、また雰囲気の良い中で働けているのだろう。
スタッフが気持ち良く働ける場所はお客さんにも伝わるものだからね。

ツアーやバスチケットも手配してもらえます。
なんと、バンコク行きのバンは宿の前から出発?

(私が)心惹かれるポイント

☆ロケーションが抜群
街歩きしたいシヴァタ通りに面しているのはポイントが高い。
1泊の料金は安くはないけれど、トゥクトゥクで来ることを考えると同じくらいの値段になるしね。
ふらっとその辺のおしゃれなカフェに行けるのは、ウキウキしちゃう。

☆キレイで明るくてスタイリッシュ
ドミトリーは経験がない上に、荷物の管理やプライベート空間の無さでなかなか踏み込めていない領域。
だけどこんな雰囲気ならお値段も抑えられるし、興味惹かれちゃいます。
小汚い個室に泊まるよりもずっと良い???

☆水回りがキレイ
ここ大事。
どうしても汚くなりがちな水回りだけど、そこがキレイに清掃されているということは全体的にもキレイだということ。
それに水回りは直接触れる場所でもあるので、できるだけキレイであってほしい・・・。

☆スタッフがフレンドリーで気持ち良く過ごせる
英語での対応にはなるけれど、スタッフ教育が行き届いているようです。
日本人経営なので、サービスの教育が行き届いているのであれば期待できます。

☆キッチンがある
簡単なキッチンでも良いです。
街でフルーツを買ってきて宿で食べられるんだもん。

☆おいしい朝食やフルーツシェイクが飲める
東南アジアに行ったら絶対飲みたいのがフルーツシェイク。
日本では高くて頻繁には飲めないフルーツシェイクもお手ごろ価格です。
それにフレッシュフルーツがたっぷりなのが嬉しい。
それがお宿で飲めるなんて!しかも1ドル。
朝食も2ドル〜で食べることができるよう。しかもパンケーキやフルーツ。
朝食が食べられるゲストハウスは多いけれど、期待できるところはそう多くは無さそう。

☆朝4時半から朝食が食べられる
ゲストハウスで朝食が食べられると言っても、朝早く出発するときは営業時間外で食べられないことも少なくないと思う。
シェムリアップでは朝日をアンコールワットで見るために早朝発のツアーもあるよね。
そんなときに宿で早朝から食事ができるのは嬉しい限り。
朝から他のカフェに行かなくてもいいからね。

☆シャワーやトイレの数が多く、男女がしっかり別れている
地味ですが、地味ですが確実にありがたいこと。
特に利用が集中する時間帯だと、数が少ないとなかなか利用できないと困ります。

☆WiFiが快適
そんなこと?ええ、そんなことです。
海外での情報収集や日本とのコミュニケーションにも最近ではネットは必要不可欠な存在。
ちょっと昔ではネット環境なんてこんなに整ってなかったから、連絡手段も情報収集も限られてたんだけどね。
今では必須ですよ。WiFiが快適じゃないとストレスたまりますよ(笑)
近くのカフェに行かなきゃですよ。

☆タオルの貸し出しがある(デポジットが必要)
デポジットが必要ではあるけれど、無料でタオルの貸し出しがあるのは荷物を少なくしたい人にはありがたいサービス。
何気にかさばるからね。バスタオルって。

(私が)ちょっと残念ポイント

☆併設カフェはないみたい?
贅沢言えば、宿の中にカフェがあるともっと良かったな。
でも街の中心部なので付近にはカフェがあるので、ま、いっか。

☆英語対応
経営が日本人ではあるけれど、現場の対応は英語です。
それがまたいいんですけどね。英語の勉強になりますから。
言葉の壁が心配な人は、ちょっと大変かもしれない。

☆ホームーページが英語のみ
読めないわけじゃないんですけどね。
日本語の方がストレスなく読めますから(笑)
日本人客にとっては日本語のホームページがあるととっつきやすいですからね。

☆個室があったら良かったな。
宿の雰囲気はとても気に入ったんですけど、ドミトリーしかないんですよね。
個室があったらそこに泊まりたいかも♪
これはドミトリーデビューをしろ、と言われてるのかしら(笑)

☆ベッドにカーテンか蚊帳を・・・
隣のベッドとは壁があるのでありがたいんだけど、通路側はオープン。
口開けて寝ている寝顔を見られるのはちょっと萎える(笑)
新幹線や高速バス、夜行バスのオープンなところでも寝てますけどね。
飛行機の人の密集した空間でも寝てますけどね( ̄▽ ̄)

場所

ワンストップ・ホステル 地図

住所:No.342, Sivutha Blvd, Opposite National Bank of Cambodia
メール:公式ホームページの問い合わせからorFacebookのメッセンジャーから
公式ホームページはこちら
Facebookはこちら
ワンストップ・ホステル・シェムリアップ の口コミはこちら

予約は予約サイトまたは直接

ここに紹介したお宿は日本人が経営をしているとは言え外国人向けだったりするので、ホームページも英語だったり、現地で対応するスタッフも英語での対応だったりします。
なので予約も宿へ直接連絡すると英語での対応となる場合もあります。
それを踏まえて宿へ直接予約の連絡を入れるもよし。
大切な部分なので日本語で予約したい人は予約サイト経由で予約するもよし。

予約サイトから予約すると、ときによってちょっとお値段が安くなってることもあるのでチェックしておくことに越したことはないですよー。

私がだいたいチェックするのは・・・

ホテル予約ならHotels.com
【Booking.com】世界のホテル割引予約 10泊貯めると1泊無料になるよ♪
国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

お値段チェックです。
シェムリアップ、今からでも行きたくなってきた( ̄▽ ̄)

▶︎▶︎(参考記事)シェムリアップの日本人宿(日本人の多く宿泊するゲストハウス)

保存保存保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です