いざっ!バンコクからプーケットへ!タイ航空の機内の過ごし方(笑)

プーケット2016飛行機と空港
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

羽田空港を出発してバンコクのスワンナプーム空港を経由してのプーケット行き。

1歳児の赤ちゃんを連れての大移動ですが予想どおりスワンナプーム空港出発が遅れました。

でもまぁ、無事に乗れたし、30分程度の遅れだし。

プーケットまでの1時間ちょっとの旅でも楽しみますかね♪

スポンサーリンク

バンコク発プーケット行きはTG217便

タイ航空 窓からの景色

バンコクのスワンナプーム空港から乗ったのはTG217便でございました。

シートは3-3-3列。
私は今回も窓側です。

うちの1歳児はちょっと離れたところに座りましたが、時々楽しそうな声が聞こえます(笑)

30分遅れですがそろそろ出発するみたい。

座席にはUSBがついているっ♪

タイ航空 機内

国内線の座席です。
羽田から乗った国際線の機種よりも新しいタイプなのかな。

前のモニターの横に、USBが付いてるじゃないのっ!!!

ありがたや〜♪ありがたや〜♪
これで充電できますわ。
まだ余裕はありましたけど、まだまだお部屋につくまでは時間がかかるし、
部屋に入れても充電している時間はあまりなさそう。
ここでしっかりスマホの充電ができれば、写真撮るのも怖くないっ♪

モニターの左横には引っ掛けるフックが付いてるのも、私的にポイントアップ。
ちょっとしたものをぶら下げておけるから実に便利。

コントローラーもモニターの下に付いていて、国際線のときとは場所が違いますね。
国際線のときはアームレストに付いてました。
ま、これはどっちでも良いんですけどね。

タイ航空 機内

前の座席ポケットもちょっと新し目。
小物入れがありますよ〜。
スマホとかカメラとか入れておけて便利。

ただし、降りるときに忘れないようにせねばね。

1時間ちょっとしか乗っていないのが残念ですね。
国際線がこの充実度だと良かったんですけど〜。

飛行機も日々進化してますわぁ〜。
きっと、最新のはもっと素敵なんでしょーね♪

フライト時間短くても機内食は出るんです。

国内線なんで1時間ちょっとのフライト時間です。

が、
軽食が出ます。
ドリンクももちろん出ます。

CAさんは慌ただしいですね。きっと。

私たちは乗っているだけですので、そんくらいの慌ただしさは問題ではございません。

はい。
コレがバンコクープーケット間の軽食でございます。

タイ航空 機内食

以上っ。

軽食ですからね。
こんだけ簡単な感じだけど、中身は私の好み♪

シート タイ国際航空 TG217 プーケット行き バンコク発 スワンナプーム発 

こんな感じでスタンディングいたします。

意味あるのかって?
自立できるってのは素晴らしいことです。
ちょっとした気分の問題です♪

かじってみると、トマトっぽい色のソースに絡まった具が入っておりました。

シート タイ国際航空 TG217 プーケット行き バンコク発 スワンナプーム発 

ふんわり、ほのかに、タイ料理の香りがします。
タイのお味がいたします。

タイに来たなぁ〜(≧∇≦)

という気分に浸れます。
機内から気分を上げていくことができるお食事です。

時間的にお昼ご飯でも夕ご飯でもないので、完全におやつの時間帯なので、
このくらいが小腹を満たしてくれるちょうど良い感じですね。

思いの外美味しかったので、一気に完食♪
タイ航空、なかなかやりますね。

バンコクからプーケットまでは1時間ちょっと。
だから機内でもあっという間に時間は過ぎちゃいます。
機内で軽食食べて、飲み物ちょっと飲んで、朝早かったから眠たくなってウトウトしてたらもうプーケット空港に到着です。
早いわぁ〜。

バンコク出発が遅れたので、プーケット到着も遅れました。
このくらいはタイなのでしょう。
マイペンライなのでしょう。

(マイペンライ=大丈夫)

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました