常夏のリゾートに持って行きたい紫外線対策!

タイのビーチリゾート「プーケット」!

太陽の光と蒸しっとした暑さと一緒に、紫外線もバンバン降り注いじゃってるっ。

そしてその強い日差しが心地よい。

けれど紫外線対策はちゃんとしないと、UVケアをちゃんとしとかないと。

後で泣きをみるかもしれないよ(笑)

プーケットに限らず常夏ビーチリゾートへ行くなら、紫外線対策は必須です。

女子だけじゃなくってね。

男子もね。

子供もね。

まずはお肌を紫外線から守りましょ。

スポンサーリンク

羽織りものは必須!

暑い国だけどさ、だからビーチやプールへ出かけるんだけどさ。
水着や半袖のままでずっといるとさ、降り注ぐ紫外線を直接お肌で受け続けちゃうわけっ。
その紫外線をダイレクトにお肌に受け続けると、真っ赤に日焼けしちゃうし、シミやシワの原因にもなっちゃうわけよ。

南国リゾートに行くのに、何気にしてんのよっ!

とかっても言われちゃいそうだけどぉ〜。
それとこれとは、別なのよっ。

紫外線がガンガンでも、それを防ぐ努力をすることは必要なのですっ。
それでもその場所へ行きたいのですっ。

手っ取り早く紫外線からお肌を守るれるのは・・・

長袖の羽織りもの帽子よっ。

海外へ行くなら、南国だって羽織りものはマストです。

羽織りものならサラッと簡単に羽織れるし、簡単に肌を覆えるので紫外線からも簡単にガードできちゃいます。

帽子も一緒。
無防備な頭を紫外線からガードできますよ〜。
眩しさからも目を少し守ることもできますよ〜。
紫外線だけでなく熱からも頭をガードできますしね。

ユニクロのUVカットパーカがちょうど良かった

どんな羽織りものでも良いと思うの。
長袖であればね。

でも、あっつい国で羽織るんだもの。
荷物も減らしたいもの。

そー考えると、
羽織りものは薄手のものでシワになりにくいものが良いかな、と。

そー考えた私が持って行ったのが、

ユニクロ『UVカットフルジップパーカ』

素材からUVカットしてくれるってんだから紫外線対策としての羽織りものにぴったりでしょ♪

それと、このパーカ、薄手なんですよ。

かさばらなくていいっ。
スーツケースにはもちろんだけど、普段の持ち歩きバックに入れておくにもコンパクトになって良いんですよ。

厚手のものは南国で羽織るのはちょっと暑いもの・・・。
羽織って汗ダクダクなんて、嫌よね。。。

機能的にも薄さ的にも、ユニクロのUVカットパーカが私にちょうど良かったのです♪

他には薄手のカーディガンなんかも良いよね。
紫外線の気になる時に、さっと羽織ってね。

長袖の羽織りものは紫外線対策の他にも冷房対策にも役立つから、やっぱりマストね。
海外って冷房がガンガンのお店が多いからね(⌒-⌒; )
飛行機の中の寒さ対策にも使えるし。
冷え防止にも長袖の羽織りもの〜。

紫外線対策にはやっぱり日焼け止め

これも必ず持って行きたい紫外線対策品
常夏じゃなくても、日本の海に行くのでも必須ですよねぇ〜。
ビーチリゾートならなおさらよっ。

羽織りもので紫外線からお肌を守ったりもするけれど、
常に長袖を着ているわけでもないからね。
顔は覆ってないし、プールに入る時は水着になるし。
肌の露出は増えるし。

紫外線対策するなら、羽織りもの+日焼け止めが鉄則ー!

海やプールに行くのなら、水着を着るわけなので普段よりも肌の露出が多くなる。
その分日焼け止めを塗る敷地が広くなるぅ〜。
その分日焼け止めの量も必要になるぅ〜。

おまけに水に入るから、ウォータープルーフが良い〜。
汗や水に強いやつねー。
でも、専用のクレンジングじゃないと落ちないのも、それはそれで困るぅ〜。

選びたいのは、しっかりとした
”UVカット効果” ”水や汗に強いウォータープルーフ”
”肌に優しめ” ”白くならない”

かしら♪

プーケットに持って行ったのは・・・

毎回夏や海外(暑い国)へ行くときに悩み迷う1つが「日焼け止め」。

どの日焼け止めにしようか・・・。
今回も例外なく迷いましたが、私がプーケットに実際に持って行ったのは・・・

ビオレの『UVパーフェクトミルク SPF50+ PA++++』

これ、夏の間も使ってました。
サラサラで使いやすくって。

なので今回のプーケット旅行にもお供させてみましたの。

SPFも50+だし、PAも++++だし、安心ですしね。
なにより、「スーパーウォータープルーフ」なのがプーケット連れてった決め手。

タイの暑さは汗をガンガンかいてしまう暑さなので、汗や水であっさり流れしまうとすぐに日焼け止めの効果がなくなってしまう。。。
それに、ホテルにはプールがあるのでプールで過ごすためにもプールの水であっさり流されてしまうわけにはいきません。

その点、このビオレのパーフェクトミルクは心配なさそう。
だって、使ったときに汗をかいたけどほとんど焼けてなかったから♪

これならタイの汗だくになる暑さにも耐えられるかなぁ、と。

あともう1つの決め手が・・・

落としやすさ。

お風呂では普通のボディーソープで洗ってます。
この日焼け止めを使った日の夜、普通のボディーソープで洗っても洗い上がりにゴワゴワ感を感じなかったから、ちゃんと落ちてるんじゃないかと思われます。

シャワーやお風呂でちゃんと落とせないと、肌がゴワゴワしちゃって乾燥したり肌に負担がかかっちゃったり。

ずっと日焼け止めが肌の上にとどまるのは、肌にとっても良くないものね。
プールや海では落ちにくい方がUVカット効果が持続するけど、1日の最後にはちゃんと落としてあげたいからねっ。

そしてお値段もお手ごろなのが嬉しいわ♪

ただ、量はそんなに多くはないかな。
全身に使って、家族みんなで使うと、すぐになくなってしまうかも(⌒-⌒; )

でもね、顔にも体にも使えるからねー、便利よ♪

絶対に焼きたくないなら・・・

そーきたら選ぶのはやっぱり・・・

『アネッサ パーフェクトUV アクアブースター』

もしくは

『アリー エクストラUVプロテクター(パーフェクトアルファ)』

やっぱりココでしょ。

この2つは絶対に焼きたいくない人には鉄板ですね。
落ちにくいから焼けにくい♪

昔は私もよくお世話になっておりました。

汗をかいても水に濡れても、頻繁に塗りなおさなくてもあんまり焼けなかった記憶が。
ちょっとやそこら濡れたって、肌に塗った日焼け止めはしっかり肌を守ってくれてました。

その分、お風呂で洗うのも大変だったなぁ(⌒-⌒; )

普通のボディソープだと落ちきらなくって、日焼け止めが肌にとどまり、洗ったあとも肌がゴワゴワしちゃいがちだった。。。

体も顔に使うクレンジングを使えば落ちたのかな?

その高い効果なだけあって、他の日焼け止めよりもお値段がちょっと高め
それもあって今回のプーケットにはビオレのUVパーフェクトミルクを持っていったのよね。

お値段を気にしないで、絶対焼きたくなくって、ちゃんとクレンジングで落とすなら、
アネッサとアリーはとってもオススメだと思います。

ま、それだけ強力だから肌が弱い人はちょっと試してからのが良いのかも。

絶対焼きたくない人には、やっぱりコレらがオススメですわん。

焼きたくない人、じゃなくても南国に行くのなら日焼け止めは必需品だと思います。
真っ赤に焼けてあとで痛い思い、したくないじゃない。
ヒリヒリして、皮がむけて・・・。
そーならないためにも、紫外線対策グッズは南国のお供にぜひっ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です