チェンマイ行きは国内線チェックインカウンターへ。

チェンマイ2017空港
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前日、日本から深夜に到着し、人生初の空港泊をしてしまいました(笑)

女性一人での空港泊は危ないのでオススメしませんが、無事に乗り越えました(笑)

ということで、やっとチェンマイ行きに乗り込みたいと思います。

今回はチェンマイまで、遠いなぁ(⌒-⌒; )

到着ロビーにはおいしそーなのもがあった!

早朝に目を覚まし、トイレで顔を洗い、歯磨きをし。
身支度を整えて。
まだチェックインには時間に余裕もあったので、少しぶらっとしてみることにしました。
大きな荷物は預けたままなので、身軽だし♪

一晩過ごしたのは国内線の到着出口の前。

その辺りには朝早くからショップがオープンしてました。

なんだかかわいくておいしそーなタルトたち♪
いろんな具があるので朝食にもいいわぁ。

日本にはこうゆうおかずになるような中身のタルトって、あんまり見かけないのよね。
キッシュとかは見かけるけど。

他にもファミマもあるので空港泊中、または出発前の小腹を満たすことにも重宝しそうよ。

充電スポットを発見!

まだまだ旅はこれからなので、大切な充電ができる場所を探してみました。
そしたらね、あるんだねぇ♪
最近はこーゆースポットがあるから助かります。

到着ロビーには見かけなかったんだけど、その上の階をぶらぶらしていると所々に
FREE CHARGEの場所を発見しました。

USBもコンセントも両方使えます。

さすがにここに充電中のスマホを置いてどこかに行くことはできませんので、ある程度充電ができるまでスマホと一緒にここにおります。

日本でもフリーチャージのできる場所が増えてきましたが、こーゆーところは海外の方が進んでますね。
ありがたく充電させていただきますわ〜。

チェックインは国内線カウンターで

これまでの乗継は成田空港でまとめて手続きしてもらい、スワンナプームでは国内線のチェックインをすることなくパスポートコントロールへ向かったり、

成田(出発地)で乗継の手続きをしていなければ、パスポートコントロールの手前にある航空会社のカウンターでチェックインをしていました。

でも今回はいったん制限エリアの外へ出てしまったので、改めてまたチェックインをしなくてはなりません。

で、ちょっと考えたんだけど、

一度外に出たとはいえ日本から乗継の手続きで来ているので国際線から乗った方がいいのか?

それとも次に乗るは国内線なので国内線のカウンターへ行った方がいいのか?

よくよく考えたらわかりそーなもんですが(⌒-⌒; )
答えは国内線チェックインカウンターですね。

出発ロビーへ移動し、国内線のカウンターのある方へ。
国内線と国際線のカウンターは同じフロアにあります。

スワンナプームからチェンマイへ行くにのにタイ国際航空を利用するので、タイ航空のカウンターを探します。

DOMESTICです。
国内線です。

チェンマイ便はTG122のようですね。
はい。それに乗ります。

国内線のカウンターでチェックイン。
預け荷物もないのですんなりと終了。
あとは国内線の出発入口から中に入るだけ。

昨晩、制限エリアの外に出るときにタイへの入国を済ませていたので、国内線に乗継際に入国審査は必要ありません〜。

ただ一つ注意しておきたいのが、チェンマイに着いたときのバゲッジクレーム(預け荷物の引き取り場所)の場所ねっ。

国際線からの乗継の場合、パスポートコントロールのところでシールを体に貼られるんです。
こんなやつ。
これ、預け荷物は国際線のバゲッジクレームですよぉ〜。
って印。
係員が一目でわかって誘導できるようにシールを貼ってくれるんです。

乗り継いだ飛行機は国内線なので、他のお客さんの通常の流れだと国内線のバッゲッジクレームへ向かいます。
だけど国際線を利用して、経由地で預け荷物を受け取ることなく最終目的地まで運んでもらうバゲッジスルーの人は国際線のバッゲジクレームに運ばれるんです。

今回の私は国内線利用として国内線のカウンターでチェックインをしたので、このシールは貼られませんでした。
でもチェンマイで荷物を受け取るときは国際線のバゲッジクレーム。

このシールが貼られていないので、チェンマイに着いたときに係りの人に誘導してもらえないので自分で国際線の方へ移動しないとね。
ややこしいけど、大事なこと。

※国内線のバゲッジクレームに間違えて行ってしまっても、スタッフに相談すればなんとかなるっ!同じ空港内だし。

では、チェンマイへ向けて出発〜

こちらから国内線へ向かいましょう。
正直、イレギュラーな動線なので、ちょっとドキドキ(笑)

案内板もあるので、それを見ながら行けば問題ありませんけどね♪

搭乗口の場所のチェックも大事です。
自分の搭乗口を改めてチェック。
私は7:50発のチェンマイ行きなので、A3です。

看板を見ながらAの方向へ。
まだまだまっすぐ進むみたい。

隣の通路は国際線のエリアかしら。
なんだか見覚えがあるわ(笑)
確か数時間前にここ歩いてたと思う。

よし。
これで無事にチェンマイ行きの準備ができたぞ♪

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました