<お部屋>「サンシャインハウス」宿泊はゲストハウスで

チェンマイゲストハウス2019
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前回、チェンマイ旅のお供であるゲストハウスをサンシャイン・ハウスに決めた理由を書いてみました。
今回はそのサンシャイン・ハウスのお部屋がどんな感じ?
を紹介してみます。
予約サイトなどで見たお部屋の写真が、ちょいと派手?な感じもあったので、実はすこーし不安だったりもしてました(笑)
宿泊してみた感想は、常宿にしても良いかも♪な感想となりました。

 

 

部屋はダブルベッドルームです

ドミトリーも手軽に利用できて良いかとも思うのですが、私が今回利用したのはシングルユースできる、つまりは個室利用ができるお部屋です。

1人旅ですので利用人数は1人

ですがお部屋のベッドはダブルベッド〜♪

広々としてていい!
大の字になって寝ても大丈夫。

サンシャインハウスには他にもシングルベッド×2のツインルームもあるみたいなのですが、広々と寝たかったのでダブルベッドのお部屋にしました。
ツインだともう一つのベッドに洋服などを置いておけるメリットもありますね〜。

実際にはシングルの幅くらいでしか寝てませんでしたが(笑)
それでも気持ちが良いものです。贅沢です。

 

 

お部屋の広さは余裕があって良かった!

多少気になる点はありますが、部屋の広さは1人で利用するには十分。
スーツケースを広げても邪魔になりません。

窓も大きいですし、部屋も明るい。
この部屋が明るいっというのは、何気に良いんですよね。
気分が明るくなります。
薄暗い部屋に滞在した時は、部屋に帰るとなんだか気分も下降気味になった記憶があります。
なんとなーくリラックスできないような。

部屋に帰ってリラックスできる。部屋に帰ろう!と思える。
これも旅の中では大事ですねぇ。

そして部屋に入って最初にちょいと気になった点。
それは・・・、部屋の壁がピンク!!!

ちょいと派手な気がします。
でもね、壁全面ではないのですぐに慣れました。
最初はものすごく気になりましたけどね。嫌な感じ、しなかったです(笑)

 

また、予約サイトで部屋の写真を見たとき、枕カバーが派手な真っ赤で・・・。
その中心にデカデカと「OYO」と書かれていたんです。
正直言うと、そのままだとなんだか少し落ち着かないと思ってました。
でも実際に部屋に入ってみるとそんなことはなく、普通で良かったです。
どピンクの壁くらいです(笑)

 

 

テーブルまわり

広めのテーブルにテレビ。
ここにボトルウォーターが毎日2本、補充されます。
ガラスのコップも2個、このテーブルに。
テーブルの横には荷物を置くスペースが。スーツケースは大きいので、ここには普段使いのバッグなんかを置いていました。

冷蔵庫は小さいけれど部屋に備え付け。
共有スペースに自由に使える冷蔵庫を設置しているゲストハウスもありますが、小さくても部屋に備え付けだと気軽に使えて私は好きです。
カットフルーツを買ってきて、翌朝に食べる、なんてこともできますしね♪
ただし、お皿などの食器はないので何か用意する必要はあります。

 

 

クローゼットは広め

クローゼットは高さもあるし、広さもまぁまぁあるので洋服をかけておくのに十分。
引き出しもあるので洋服はスーツケースではなくこのクローゼットに収納して利用してました。
引き出しの一つは買ってきたお土産専用にしてました。
いちいちスーツケースを開けて服を取り出すのは面倒くさいことこの上ないですから〜。

 

 

備え付けスリッパ

ブルーのゴムサンダル?が2つ備え付けてありました。
スリッパがあると室内用ビーチサンダルが不要になるのでありがたいのです。
室内はこのサンダル履いて歩き回っておりました。
ただ、私はすぐにサンダルとかスリッパとか脱いでしまう癖があるので、裸足で歩いていることもしばしば(笑)

 

 

テーブルと椅子も

窓際にはテーブルと椅子が2つ。
何か食べたりするならここね。
ゆったりと買ってきた飲み物を飲んでもいいわ。

窓は大きめで外の光が入ってきて気持ちい!

のだけど、窓からの景色はこの部屋からは望めませんでした・・・。
外はすぐに他の建物壁!
光が入るのは嬉しいのだけど、何にも見えない〜〜〜。
他の部屋からは外の景色が見えるところもありそうです。残念。

 

 

小さなバルコニー?

ごくごく小さいスペースのベランダです。
洗濯物を干すこともできます。少しですけど。
洋服を干してましたわ。
良いことは洗濯物を外に干していても、外からそれが見えないのが良いところ。
風で飛んでいかないように洗濯バサミが必要ね。

トラベル用に持っていくなら、こんなハンガーも一緒だと便利かも。

洗面所の鏡は広くて見やすい!

顔を洗ったり、メイクをしたり。
鏡が大きく広いのは嬉しい設備です。
そしてシンクの上に物置台がないことがさらに良い!(笑)

なんで物置台?

と思います?
一見、物が置けるので便利そうなんですが、シンクで顔を洗おうとするとこの物置台が絶妙に邪魔っ。
蛇口の方に頭を近づけるのにも邪魔だし、顔を洗ってから顔を上げようとするとかなりの確率で頭をぶつけるんですよ。
なんでだ?
と思うくらい、絶妙に邪魔な場所に物置台が設置されている場合が多いんですよね・・・。

サンシャインハウスの洗面台はその点、合格!

物を置くスペースが少ないのがちょっと残念でしたけど。

 

 

シャワーとトイレ

シャワーブースとトイレの間にはちょっとした壁とシャワーカーテンがあるので無駄にシャワーの水が辺りに飛び散らないようになっています。
カーテンでも仕切りが無いところも多いので、シャワーの水がダイレクトにトイレ方面に飛び散ります。
便座は濡れるし、着替えを置いておけないし。
その点、このカーテンのおかげでトイレの便座を閉めた状態に着替えを置いておくこともできるし、トイレがシャワーの水でびしょ濡れになることもありません。

特筆すべきはもう一つ。
足元の段差!

ここ!

低くなっているのがシャワー側で、高い方がトイレ側。
このちょっとした段差が、床に落ちたシャワーの水がトイレ側に流れていかないのです。
トイレにシャワーの水が流れていくと、トイレに入った時に足元が濡れてしまい不快なんです。
これだけでもずいぶん快適♪

 

シャワールームはコンパクト。

 

温水もちゃんと出ます。
水圧は十分ではないけれど、許容範囲かな。
固定ではなく手で持って利用できるタイプなのでありがたい。
体を洗うのに手で持てるシャワーの方が洗いやすいの。

 

石鹸置きと、上のレバーはシャワーのレバーで、下の蛇口も使えます。

 

アメニティーを置く場所が石鹸置きしかないのがちょっと不便ね。
シャンプーとかも置けるスペースがあると良かったなぁ。
私はシャワーヘッドと反対側の床に置いて利用していました。
本当は床に置かずに棚などに置きたいところなんだけどね。

でもシャワーブースも明るいので使いやすいのです。

 

 

ドアキー

安全を確保することは海外ではとっても大事なこと。
部屋の鍵はこんな感じです。

しっかり閉まりますので大丈夫だと思うのですが、ちょっぴり心もとない気がするのでチェーンもして戸締りはしっかりとしておきます。

ちなみに、部屋の電気はカードキーを挿しておくタイプですのでカードを入れるのをお忘れなく。
電気がつかないどころかエアコンも入りませんから。

 

 

ちょっと長くなってしまいましたが、私が宿泊したゲストハウス「サンシャイン・ハウス」のお部屋でした。
ゲストハウスの施設についてはまた別の記事で紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました