赤ちゃん連れで初海外旅行、初飛行機の感想 〜ハワイ滞在編〜

赤ちゃんハワイ旅行

生後10ヶ月でハワイの地を踏んだ?味わった?うちの赤ちゃん「ベビさん」。

まだ早いかな?
まだわからないし。
まだ小さいでしょ。

いろいろとマイナスなことも考えたけど、
大人にも不安なことも、もちろんあったけど。

ベビさんにとって負担が全くなかった、とは言わない。

けどね。
それ以上にプラスになることもたくさんあったから、

うちのベビさんにとっては、
10ヶ月での海外旅行は早すぎじゃなかった!

スポンサーリンク

到着時の時差ボケでの寝不足?関係なくパワフルでした

日本を夜に出発してハワイ・ホノルルには朝に着く。
日本時間で言うと早朝に到着。

機内で気合いれて寝ないとほとんど寝ないまま、また朝を迎えるわけで。

ついつい寝不足に時差ぼけの状態でハワイ1日目を過ごすのが定番となりそうなハワイですが、ベビさんは別っ!

もちろん離陸前から寝始めて、けっこうしっかり寝てたけどね。
それでも起きたのは日本時間での早朝なので、いつもよりはかなり早起きなはずなのよ。

だけど飛行機降りたベビさんは、じぃじに抱っこされつつ、かんなりご機嫌ですよ。
大人はハワイに来た嬉しさにテンション上がるのはわかるんだけど、
ベビさんのテンションもアゲアゲなのよ〜。

機内でそれなりに眠れれば、現地1日目は赤ちゃんでもいけそうね。

むしろ、大人の方が先にエネルギー不足になるわよ(笑)

時差ボケは?

時計 時差ぼけ

ハワイ到着の1日目。
ベビさんの元気はマックス。

夜までさほどグズることなく、嫌いなチャイルドシートもいつもより長く普通に乗っててくれてたし。

以外と時差ボケにはなっていないかな。

と思ったりもしたんだけど、本人なりの時差ボケにはなっていたみたい。

朝は、いつも日本で起きるよりもちょっと遅くまで、ゆっくりと寝ていたし。

でも起きたら元気なのよ。
パワフルご機嫌でね。
ビーチサイドでお昼寝もちゃんとしてたしね。

そして問題なのが夜なのよ。

もうね、楽しくて、まだまだ遊びたくて、寝やしない(⌒-⌒; )

がっつり夜まで遊んで、さすがに寝る時間!
と、強制的にベッドルームへ連れて行かれると、遊びたい気持ちをどうにもできずに、
泣く、泣く、泣くっ!

ベッドの上で、みんながいるであろうリビングの方向を指差して、
軽く1時間は泣いたり騒いだり、脱走しようとしたり(笑)してましたね。

どうやら時差ボケが影響していたみたいです。
もちろんみんなと過ごすことができて楽しくて仕方がなかったのも本当だったと思うけど。

この時差ボケ、3日目くらいには時差ボケもなおった感じね。

時差ボケがなおってきたら、朝起きる時間もいつもと同じくらいの時間になったし、
お昼寝もしっかりするようになったし、何より夜のグズリがちょっと減ったかな。

遊びたい気持ちはそれでも夜遅くまでひきづってましたけど。

ハイハイができるようになったっ!

何より、このハワイ旅行で一番の成長を見せたのが、

ハイハイ!

ハワイにくるまでは、ハイハイしそうでしなかったのよ。
本人的には移動しようと気持ちは見せてたんだけどね。
足で?膝で?蹴り出せなかったのよ。

それがね!

ハワイの広いリビングで、ついついハイハイしてしまったっ?!

ぎこちないけど、1mほどのハイハイ。
まだまだスピードは遅いけど、自力で場所を移動することができちゃった♪

1mのハイハイをするようになると、その距離は徐々に伸びていきます。
1mが3mに。
3mが5mに。

どうしても見ていたくってついつい頑張ってハイハイできる距離を伸ばそうとする大人(笑)
ベビさんも張り切ってハイハイしてくれました。

もう大人たちは大喜び♪
そんなのことをよそにベビさんは本人のペースで成長を続けてくれました。

たっぷりおしゃべり

もちろん以前から、「あー、あー」とか「あぶー」とかは言っていたけど。
どれも単発だったのよね。

このハワイ旅行中、本人のベビさん語ではありますが、
かなり長いお話をされるようになりましたっ(≧∇≦)

親バカだと言われるかもしれませんがっ!

いえいえ、そんなことはございません。

大好きなメニューを見ながら

「あー、あー、あー、あぶーあぶーあっあっ。☆×△」

正直、何を言っているかはわかりません(笑)
ただ、確実に本人的には何かのおしゃべりをしておりました。
まぁ、独り言、ですけどね。

私たちが話す言葉の単語を口にするには、まだもう少しかかると思いますが、ベビさん本人が自分の中にある何かの気持ちを口にする、ということが成長していることなんだと思います。
何を言っているのか気になりますが、とりあえずそんな風に成長を見せてくれているこの瞬間を見ながら大人たちはほくそ笑んでおります( ̄▽ ̄)

海外旅行へ行って感じた、デメリットは?

もちろん良いことばかりではございません。

そりゃぁ、いろんなことに ”良い面・悪い面” はあるものですからね。

やっぱり一番は「時差ボケ」

これに尽きますね。
大人よりは自分のペースで寝ることができていましたけど、やっぱり時差があるのが現実なので、どうしても睡眠のペースは崩れます。

赤ちゃんにとって睡眠というのは、大人よりも大切なものではあるのですが、考えようによっては、大人よりも寝たいときに寝ることもできるののも事実。

ただ、楽しくてテンションが上がるのは赤ちゃんも一緒なので、それによっても睡眠のペースは崩れやすいかもしれませんね。
現に、夜は遊びたくて遊びたくて、なかなか寝てくれない夜もありましたから(⌒-⌒; )

時差ボケ解消には・・・

正直、何が正解かはわかりません。

朝は本人が起きるまで眠たい分寝かせてあげてましたけど、それがかえって夜ねれなくなってたかもしれません。
朝は眠くても、無理にでも、現地時間でのいつものと同じ時間に起こしてしまって、夜は早めに寝る、という方法もありますね。

さて、どちらが赤ちゃんにとって良い時差ボケ方法なのかは、不明です(笑)

あとは、うちのベビさんには良い方に向いたけど、海外といういつもいる日本とは違う環境で刺激が多すぎるためにテンション上がりすぎて興奮しちゃって、夜眠れなくなるかも???

ハワイでは食事には困らなかった

離乳食

大人と同じ食事はまだ先の、離乳食が手放せないベビさん。
外出するときは市販の離乳食を持ち歩いて食事してました。

1ヶ月位前から3食/1日になったので、毎日の食事の量も大幅に増えました。

その量を、滞在期間中の離乳食全部を日本から持って行くなんて、ちょっと非現実的。。。
だって、半端ない量になるし、スーツケースがそれだけで埋まってしまうかも(笑)

ベビさんの食事をどうするか、が、けっこうな問題でした。

けどね。

ハワイだとオーガニック系のスーパー(ダウントゥアース他)もあるので、離乳食を作る材料を調達することができたのが大きかったなぁ。
できるだけ体に良いもの、負担のないものとして、離乳食の食材を選んでいたので、オーガニック系のスーパーはとってもありがたかったぁ。

(大人の食材にはそこまで気を使ってませんけどね(⌒-⌒; )だってお高いんですもの。。。)

そして、滞在した部屋がコンドミニアムってことも重宝しました。
ホテル滞在だとベビさんの食事はほぼ全て市販のものに頼ることになってたかも、ね。

オーガニック系のスーパーでは食材getの他、ベビさんに安心してあげられる市販の離乳食も手に入れられたしね。

持ってきた日本の市販の離乳食はちょっと残しつつ、ハワイの地元で手に入れた離乳食と食材で日々を過ごし、最後のワイキキ滞在用に残しておきました。
現地の離乳食をベビさんが食べてくれたのも幸いでした〜。

総合して、10ヶ月のベビさんにとっての初海外はメリットがいっぱいの旅になりましたとさ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です