ワイキキのホテル「ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ」に泊まってみた感想

コオリナ&ワイキキ2016ホテル
この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

ハワイ家族旅行の後半はコオリナではなく、なにかと便利なワイキキに滞在しました。

コオリナではコンドミニアムだったけど、ワイキキではホテル滞在。

想像していたよりも広いお部屋に、素敵なロビー。

お泊まりしたのは・・・

スポンサーリンク

ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ に滞在してみたよ

コオリナからの繋がりで〜、ワイキキもマリオットに宿泊。

ワイキキのメインエリアの一番西端。
ホノルル動物園、カピオラニ公園に近い場所に位置しているので、買い物とか食事とか、メインエリアに行くのにちょっと遠いかなぁ、と思ったのだけど、実際に滞在してみたらさほど気にはならなかったぁ。
ワイキキ ワイキキ・ビーチ・マリオット・ビーチ&スパ

もちろんワイキキエリアの中心地に近いところの方が、ホテルを出てすぐに買い物やレストランに行けるから便利は便利だけど、ね。

ワイキキにはトロリーがいっぱい走っているし、料金かかるけど「ザ・バス」だって走ってるから、ちょっと遠いな、と思ったらそういったバスとか乗っちゃえるもの。

西端に位置しているとは言っても、ビーチは目の前。
カラカウア通りを挟んだすぐのところにビーチがあるから、お部屋からも(場所にもよるかもですが)海見えちゃうし、ホテルを出るとすぐにワイキキビーチの青い海が目に入って、気持ちが良いのだ〜♪

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・ビーチ&スパ

Tギャラリアとかロイヤルハワイアンセンターとかある場所までは、ぶらりぶらりとお散歩がてら歩いてると着いちゃうし。
それまでの道中にもお店はあるからちょこちょこ入りながら歩けるから、以外と嬉しい出会いもあったりするもんだよ。

もちろんワイキキビーチを眺めながら行くのもとっても良い♪

立地的に最高、ってわけではない分、ホテルのランクの割にお値段が安くかったりお部屋が広かったりと、良い面もあるわけよー。
私的にはその良い面の方がメリットあったわ♪

ロビーは広いし開放感あふれるし、癒しのスペースだわ

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

マリオットのホテル自体は新しいホテルではないけれど、最近ロビーを新装したらしく、
とてもキレイで雰囲気抜群のスペースになってました。
「ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ」の中でもお気に入りの場所です。

車寄せのホテル入り口センターあたりは屋根がなく吹き抜けの開放感抜群のロビー。
この一帯だけでも十分ロビーとして機能するくらいのスペースがあるんだけど、実際はこれだけじゃぁありません。
この3倍?4倍?のスペースがあるんですのよ〜。

家具も様々なテイストのテーブルや椅子、ソファが配置されていて、それぞれ自分のお気に入りの場所を探すのもまた楽しいのです。

明るい陽の指す中でくつろぐその時間。
至福の時間でしょ〜♪

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

おのおのドリンクを飲みながら休憩をしたり、朝食を食べたり。
本を持ってきて読書をしたり、パソコンを持ってきて仕事をしたり。

カフェもあるのでくつろぎ方が広がりますよ。

いろんな人がいろんな場所でいろんなことをしています。

ここのロビー、すきだわぁ〜。

ちなみにチェックインなどのカウンターはロビーへ入って右奥にございます。

リゾートホテルによくある、アレもあります。
暑いところでは水分補給は必須ですからね。

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

デトックスウォーターで水分補給〜♪

ライムやレモンやオレンジが入ってます。
冷えてるし、すっきりとしてるし、ホテルから出発するときも、ホテルへ帰ってきたときも、ここで水分を補給すると、それだけで気分もリフレッシュできます。

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

ちょっと裏手にあるので、最初はあるのがわからなかった。
場所を知ってからはガシガシ飲みましたけど。

暑くて乾いた体に染み渡るんだ、これが♪

お部屋はツインと4人用ファミリールーム

コオリナのコンドミニアムのときは2ベッドルームだったのですが、ワイキキではホテルです。
なので2部屋とりました。
コネクティングルームになるお部屋でね。

リクエスト通りにお部屋を用意してもらえて良かったです。
10ヶ月の赤ちゃんもいるので、お互いの部屋を簡単に行き来できる方がなにかと楽なんですよ。お世話したり、遊んだり、ね。

実際に用意してもらった部屋が、
”ツインルーム” と ”ファミリールーム” (笑)

”ファミリールーム” って?!
ホテルでこんなの初めて見たよっ!
エキストラベッドを入れずに普通のシングルベッドが4人分配置されている部屋があるなんてっ?!

まずはツインルームから〜。

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

広いので部屋の全体像の写真が撮れない・・・。

ベッドが2つ入っているけど、
フリースペースも十分あって、かなり広い!
テレビ台から机までが続いているインテリアで、物を置くにも十分なスペースがあります。

スーツケースをバーン!と広げても狭さを感じないのが良いですね〜。

お風呂場や洗面所は狭いさほど広くはなかったですけどね。

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

かなりコンパクトになっておりました。
せっかく部屋が広いのに、ちょっと残念。

でも、うちの場合、コネクティングドアでつながっている隣の部屋もありましたしね。

もう1つの部屋は4人部屋のファミリールーム。
それもギリギリにベッドを詰め込んだものではなく、ゆったりとスペースをとってあるので窮屈感はまるでなしっ!
むしろ広々すぎーっ(⌒-⌒; )

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

この写真を撮っている後ろ側にも同じようにシングルベッドが2つ並んでいます。

ベッドとベッドの間も、余裕を持って配置されてるでしょ?
しかも真ん中のスペースがかなり広くとってあって、テーブルとソファがありましたよ。
そこにみんなが集まって、おしゃべりしたりワインを飲んだり。

コンパクトなツインルーム2部屋分は余裕である広さです。

マリオットのホテルの、お部屋の広さには本当にびっくり!

洗面所はというと、こちらはさすがに4人用だからか広々としてます。
隣のツインのお部屋とは大違い(笑)

ここはコネクティングルームとして利用されているから、ツインルームは隣の4人用ルームと一緒に利用する前提なのかもしれないね。

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

手前が洗面台で、奥の扉のその向こうがトイレとお風呂です。
バスタブも有りです。

シンクが洗面所とバスルームにそれぞれあるので人数が多いときに嬉しい。
とくに誰かがトイレに入っていると洗面台が使えないっ!
ってことがないのが嬉しい♪

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

手前の洗面台にはシンクは1つですが両脇のスペースが広いので洗面用具とかぁ、なにやらをいろいろと置けるので便利です。
散らかりやすい、けど?(笑)

水は小さいサイズのミネラルウォーター「クリスタルカイザー」が1人2本の割り当てでありました。

このサイズ、ちっさっ!少なっ!

とも思いましたが、出掛けるときにカバンに入れて持ち運ぶのにちょうど良い〜。
確かに量は少ないですけど、500mlのペットボトルだと思いときあるんですよ。
買い物するときにはちょっと重いの。
そんなときはこのミニサイズが地味ーにありがたかったわ。

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

シャワーは可動式のものでした。
手持ちができるのが嬉しいのです。

どうも壁から出てるだけのシャワーだと洗いにくくて。。。

レインシャワーはそれはそれで気持ち良いけど、洗うには不十分。

気になるバスアメニティは、というと・・・

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

じゃーんっ♪

贅沢にも「THANN」が勢ぞろい〜♪

タイ生まれのナチュラルスキンケアブランドですよ。
良い香りにシンプルな使い心地。

コオリナの「マリエ・オーガニクス」に引き続き、素敵なアメニティにテンションさらに上昇中です。

・シャンプー
・トリートメント
・ボディウォッシュ
・ソープバー
・ボディークリーム

が揃っております。

もちろん使用したらルームメイクの際に補充してくれます。

昔のホテルのアメニティって、ギシギシしたり使い心地も使用感もよくないもの、っていうイメージがあったけど(良いホテルに泊まってなかったから?いやいや、そーでもないところでもギシギシだったような・・・)、期待しちゃいたいレベルですな。
ホテル滞在の楽しみですよ。

クローゼットは広くもなく、狭くもなく。
って感じかな。レギュラー的なサイズです。

ハンガーはこの奥にもまだ数個ありますよ。

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

セキュリティボックスもあります。
hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

貴重品はしっかり自己管理いたしましょう。

そして嬉しいバルコニーも、狭くなくて良いわぁ。

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

この写真、バルコニーにあるもう1つのチェアベッド(って言うのかしら・・・・。プールサイドにある寝転べる、アレ!)に座りながら撮ってます。

ってことは、この倍ちょっとくらいは十分にある広さ、ってことです。
海も見えるしねー♪

風が通って、気持ちよい〜♪
と思いましたが、日中は暑くて暑くてたまりません(笑)
陽が傾きかけてきたころや、朝の空気が澄んでいるときがオススメかもしれません。

明るい時間だと景色もハワイ気分でよいのです。

hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

ちなみに向かいにあるホテルは「アストン・ワイキキ・ビーチホテル」です。

ここにはワイキキ・トロリーのピンクラインが止まるので、マリオット利用者にとっても利便性が良いのねー。
hawaii2016 ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ

ホテル内にはカフェもABCマートも!

マリオットのホテル「ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ」は広いっ!

お部屋も広かったけど、敷地自体も広いのよ。

便利で嬉しいのが、敷地内にカフェ「シアトルズ・ベスト・コーヒー」やワイキキでお世話にならない人がいない(笑)「ABCマート」もあるんです。

しかも、どちらも2つずつ!!!

お出かけから帰ってきたら、1階のABCマートによってお部屋で飲むワインでも買うこともできるし、買い忘れたお土産をふらっと買いにも行けちゃう。

朝のコーヒーをふらりとカフェで買って、ホテルのロビーでくつろぐ。
これ、サイコー(≧∇≦)

チェックインは英語です。

日本語サービスカウンターはあるのですが、チェックインは英語での対応です。
英語が苦手な人にはちょっとドキドキしちゃいますが、そこはファイトで!

チェックイン自体は決まった英語なので、王道のチェックインのための英語をちょっと予習しておけば大丈夫だと思います。

ただ、お部屋の電話がちょっとだけ無料だったり、カフェ「シアトルズ・ベスト・コーヒー」でコーヒーの無料券をくれたりとか、ちょっとイレギュラーなこともありますが、そーゆーことがある、って頭に入れておくだけでも違うと思います。

あと、エレベーターの利用についてもちょっと説明がありますので、それも頭にいれておけば大丈夫^ ^

夜のエレベーターの利用はルームキーを忘れずに!

セキュリティの問題ですが、夜になると宿泊階へ行くエレベーターにルームキーが必要になります。

エレベーターに乗ることはできるんですけど、ルームキーがないと自分のお部屋のある階のボタンを押しても光りません!止まりませんっ!

階指定ボタンの下の方にカード入れるところがあるので、そこにルームキーを差し込んでから降りる階のボタンを押しましょーね。

そのことをうっかり忘れてエレベーターのボタンを押したのは、私たちです(笑)

何度押してもボタンは光らないわ、泊まっている階は近づいてくるわ。
そしてカードを入れることを思い出しても、どこに入れていいのかわからないわで、
結局降りる階をスルーしてしまいました(笑)

ルームキーを持ってあたふたしている私たちを見て、一緒に乗っている欧米人さんが教えてくれました。
おかげでスルーしたあとにまた自分の階のボタンを押せてお部屋に戻ることができましたよー(⌒-⌒; )

部屋を出るときはルームキーを持って出ると思うので、ルームキー無しでエレベーターに乗ることは少ないとは思いますが、夜のエレベーターは要注意です。

コオリナのマリオットではそーゆーの無かったしね。
リゾートの性質上、部外者はあまり入りにくいようになってるからだと思うけど。
ワイキキは正直、誰でも入れちゃうもんなぁ。
人通り多いし。

それほど期待せずに泊まったワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパでしたが、
予想以上にステキで心地よくって、なかなか良いワイキキステイになりました。

またワイキキに行くときは、今度もマリオットでいいかも♪

ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパの口コミチェックは
▶︎▶︎口コミと宿泊予約の『トリップアドバイザー』

ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパの予約・お値段チェックは
▶︎▶︎国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました