夜はジャグジーで大浴場気分♪

プーケットのマイカオビーチエリアにあるホテルJWマリオット。

マリオットのビーチクラブも入っているJWマリオット。

とってもラグジュアリーなホテルですので、施設も充実してますの。

そのJWマリオットホテルの施設は、マリオットのビーチクラブでの滞在者も利用OK。

だからビーチクラブ滞在の私たちも存分に楽しんじゃいますわ♪

プールは堪能しているので、今回はジム。

の中のジャグジーなんかを堪能してみちゃおうと思います。

スポンサーリンク

ジャグジーはジム内に

ちょっとしたホテルって大抵スポーツジムの施設があったりするもんですよね〜。

私、今までホテルのジムってあんまり?ほとんど?利用したことがなかった。。。
でも、今回は滞在日数も長いし、ちょっと利用してみようと考えてました。
体を動かすためにね。

それともう1つ!
ジムを利用してみた理由は・・・
ジャグジーを利用したいから〜♪

ジムの中にはジャグシーの他にサウナもありますのよ。
ジムでかいた汗を流すのに、利用すると気持ちよさそう。

ジャグジーやサウナ、シャワーは、ジムで運動した人だけが利用できるってわけではないから、ジャグジーだけ、サウナだけの利用ももちろんOK。

お部屋にも足を伸ばせる広いバスタブがあるんだけど、ジャグジーで温泉気分を味わうのも、また日本人には嬉しいわん。

まずはジムで簡単な手続きよっ

利用するのはとっても簡単♪

営業時間内にジムに行き、受付のカウンターで必要事項を記入するだけでOK。
ジムの入り口を入るとすぐ左手にカウンターがあるからそこでスタッフに話してね。

「ジャグジーを利用したい。」

ってね。

英語が難しければ、「ジャグジー」とだけ言えばきっとわかってくれるはず。
とってもフレンドリーなスタッフがお出迎えしてくれるよ。

そうするとフレンドリーなスタッフが手のひらサイズの記入用紙を出してくれるので、

・ルームナンバー
・名前
・ロッカーの鍵のナンバー

くらいを書き込むだけでよかったかも。
他にも何か書いたっけなぁ。
いずれにしても、ごく簡単なことしか記入しなかったと思います。

記入しているとロッカーの鍵を出してくれるので、その鍵の番号も記入します。

記入が終わるとロッカールームへ。
初めての利用ならロッカールームへ案内してくれますよ。
と言っても、カウンターからすぐのところがロッカールームなんだけどね。

そうそう、お水も500mlを1本いただきました。
ありがたい♪

ロッカールームはまぁまぁ広い、かな

ロッカールームに入ると広々とした洗面台と、休憩スペースがどーん。

正面にはジャグジーが。
その奥にはサウナもっ。

シャワーブースもありました。

ロッカーの数は思ってたよりもありましたよ。
ものすごい広いスペースって分けではないけれど、まぁまぁこんなもんじゃないでしょーか。

ロッカーの横にはタオルが山済み!
タオルも借りられますので部屋から持ってくる必要はありません。
手ぶらで来れちゃいます。

ここにあるタオルが使えます。

綿棒とかもありましたよ。

ジャグジーは水着着用です

日本の大浴場、お風呂屋さんとは当然ですが違います。。。
女子のロッカールーム内にジャグジーがあるから、男性と一緒に入るスタイルではございません。
男性のお連れさんと一緒には入れないのですね。

ってことはー。
女性しかいないってことでしょー。

なら、裸でも良いのかも♪

とも思いましたが、基本的には水着着用です(⌒-⌒; )
海外では裸のお付き合いはあまりしないようですからね〜。

ただ、私たちが利用した時は、時間も遅かったし他に利用客がいなかったので、
「水着着なくてもよいですよ」
と言ってもらっちゃいました。
では、お言葉に甘えて♪

一応ね、「水着を着なくちゃいけないよね?」

とロッカールームへ案内してくれたスタッフに確認したら、誰もいないからと言ってもらったので裸でジャグジー♪
やっぱりこの方が気持ちよいわぁ〜。

念のため、他のお客さんが入ってきたらすぐに出れるようにバスタオルをすぐに手に取れる位置に置きながら入浴をしました。
私たちはそのまま裸で出ても良いんですけど入ってきた人の方がびっくりするでしょ(⌒-⌒; )
そのくらいは配慮しますよ。はい。。。

シャワールームもあるので、ジャグジーで温まったらシャワールームで頭や体を洗うことも可。

だからお部屋に戻ったら即寝ができます(笑)
もう完全に大浴場気分です。

入浴し終わったら、借りていたロッカーキーをカウンターで返せば終了〜。

とっても簡単にジムのジャグジーを利用することができました。
プールで冷えた体を温めるのに使ってみてください♪

とっても気持ち良かったですわ〜。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です