両替はどこでする?

外貨 両替 お金 ドル

海外旅行へ行くとき、忘れちゃならないのが両替だ!

どこへ行こう♪
どこに泊まろう♪
いつにしよう♪
飛行機取らなくっちゃ♪
何食べよう♪

てな事は楽しいから考えるのも忘れないもんなのよ。
早々にいろいろとリサーチしたり実行したり。

だーけーどーーーー。
ついつい忘れてしまったりとか、ついつい後回しにしてしまったりとか(⌒-⌒; )
初めて海外に行く時はドキドキして両替もドッキドキのイベントだったけど、
2回目からはそこまで両替がドキドキのイベントにはならなくなっちゃった。

日本のお金じゃ海外では何も買えませんからね(⌒-⌒; )
行き先によって日本の ”円” を ”ドル” に変えたり ”ポンド” に変えたり・・・。

変える内容も、現金なのかトラベラーズチェックなのか。
これもまた行き先によっても、旅行のスタイルによっても変わります。
紛失などのリスクを考えるとトラベラーズチェックは有用だけど、
アジアの田舎街に行く場合、トラベラーズチェックが利用できない場所も多かったり(⌒-⌒; )
そうしたら盗難などのリスクには備えられても使えなければ仕方がない。

初めて海外旅行へ行ったときは、リスクの分散のために現金とトラベラーズチェックとに分けて持って行ったなぁ。
それが海外でのお金の扱いとして推奨されてる、なんだろうね。

その当時はまだ「海外は怖い!」「日本人はより盗難に注意すべし!」というイメージが強かった。
もちろん今でもその認識は間違いではないし、そのくらいの気持ちで行くべきだとも思う。
日本と、いつも過ごしている慣れた土地と、同じような振る舞いをするのは確かに危険ですからね。
場所によっては厳重な警戒も必要な場所もあるしね。

と話はそれちゃったけど、海外へ行くには両替が必須。

そこで問題になるのが、どこで両替をするか?

何気にコレ、ちょっと考えちゃったりするんです。
え、そうでもない???

両替ができる場所と言えば、
”街中の銀行”、”空港の銀行”、”空港の両替所”、”現地の空港”、
”現地のホテル”、”現地の銀行”、”現地の両替所”。

さて、あなたならどこで両替する???

スポンサーリンク

一番手っ取り早いのは街の銀行かな

銀行 お金 両替

初めて海外へ行く、ってなったとき。
まだまだ慣れないとき。
懐かしいなぁ( ´ ▽ ` )

そのときは当然のように近くの銀行で両替してきました。

両替=銀行

というイメージでしたからね。

銀行だから平日の15時までに手続きしなくちゃいけなかったなぁ。
そしてドキドキしながらアメリカドルへ、現金とトラベラーズチェックとに変えたもんです。

時には紙幣の用意が少ないので、と、即日に変えることができなかったこともありました。
銀行には外貨を現金であまり多く保有していないこともよくあることみたいね。
あと、細かい現金の用意もないからと、$100単位のパックでしか変えられなかったこともあったなぁ。

最近は街の銀行で外貨にすること、よく考えてみると私は減りました。

だってね、上記みたいな手間がかかる場合があったり、融通がきかなかったりすることもあったり。
そして外貨の為替レートも大きな問題ね。

為替レート自体は基本の金額があるけれど、外貨に変えるにはそのレートに手数料が上乗せされるわけじゃない?
その辺の銀行の手数料がとりわけ安いわけじゃないからね。
銀行によっては手数料がちょっと高めに設定されている場合も・・・。

そんなこんなで私は最近、あまり日本の街の銀行では外貨にしなくなりましたとさ。
空港で両替する方が手間がかからないしね〜。

どこの手数料が一番安いんだ?

外貨への両替をするとき、

「手数料はどこが一番安い?」

と考えてしまう。
だってできれば余分な金額は払いたくないじゃない?
為替レートの変動も視野に入れたときたいですけどね。

銀行なのか?
それとも空港で変えたほうが得なのか?
はたまた現地で変えたほうが良いのか?

いろいろと考えがめぐります。

が、行き先にも両替する国にもよりますかね。

一般的に一番レートが悪いのが現地のホテルのフロントで両替すること。
ですが、国によって、というか場所によってはホテルでも良心的な両替をしてくれるところもありますけどね。
グレードの高いホテルは大抵レートが良くないイメージがあります(⌒-⌒; )
現地ホテルでの両替は緊急のとき、時間がないときに限定しておいたほうが無難そうですね〜。

タイに行くときは基本的に現地で両替してます。

タイのお金は「バーツ」ですね。
バーツを取り扱っている銀行がもしかしたら少ないかもしれません。
日本の街の銀行でバーツに両替をした事がないのでどのくらい取り扱いがあるのか実感がないんですよねぇ。
アメリカドルならどこの銀行でも扱ってると思いますが、メジャーどころではない紙幣だと、
その辺の銀行では取り扱いがないことも頭に入れとかないとね。

私はバーツに両替する場合、現地に行ってから両替することが多いです。

とは言っても、到着してすぐに使えるバーツがないのも心配です。
心細いです。
空港着いてすぐに喉が乾くかもしれません。
日本円しかなかったら飲み物も買うことができない!
どこかに電話しなくちゃならないかもしれない。
日本円しかなったら電話もできない!
タクシーに乗らなくちゃならないかもしれない。
(いや、確実に乗る予定だったりもするんですけど(⌒-⌒; ))
でも日本円しかなかったらタクシーにも乗れないから宿にも行けない!

現地で両替するにしても、着いてからゆっくりと両替しようと思っていても、着いてすぐの小銭くらいは用意しておかなきゃね。
宿泊場所までの移動もそうだし、食事や飲み物の調達だって必要だもんね。
現地空港到着が夜だったりすると、空港の両替所がやっていないことだってありますから。
実際、タイ・チェンマイの空港に夜9時行こうに到着したことがあったけど、空港の両替をしてくれる所は営業してませんでしたからぁ。
ちょびっと両替しておいてよかったぁ。
ホッと一安心でしたよ。

ってことで、基本的な両替はタイの現地でしますが、日本で小銭程度は現地通貨に両替はしておいちゃってます。

小銭程度なので街の銀行ではなくて空港に着いてから両替してます。
金額も大きくないからね。
レートの良し悪しもそれほど響きませんし。
手数料の金額の違いもそれほどひびきませーん。

そう思ってたので空港でもいっか♪
手数料とかレート差額とか気にしないなら、手間のかからない方がいいよねぇ♪
ちゃちゃっと済ませられちゃったほうがいいよねぇ♪

と思ったのよ。
だけどね。以外と空港での両替、悪くないのよ〜。
もしかしたら街の銀行よりもレートは良いかもよ。

空港なら時間も通常の銀行よりも遅くまでやっているし、対応している通貨の種類も多いです。
さすが!空港!
様々な国の人が行き交う場所だねぇ。
それに少額でも気軽に両替できるのが空港の良いところ。
千円単位でも両替できちゃうからね。

空港付近の両替所でもいいし、出発ロビー内の銀行でも良いと思いますよ。
私は出発ロビーの空港内の銀行で数千円だけ両替していきました。
数千円でもタイなら余裕〜♪
大きな出費さえなければ、数千円分のタイバーツがあれば数日過ごすことはけっこう普通にでできちゃいますからね( ̄▽ ̄)

現地タイでの両替は銀行と両替所で

タイに行ったらね、とりあえず日中に両替をしに行くんです。
比較的レートが良いと言われる両替所を口コミでチェックして両替します。

ブログで情報を得たり、現地の人に情報を収集したり。

現地の口コミを聞くなら日本人の経営しているお店に行ってちょっと聞いてしまうと良いですのよ。
タイのチェンマイには日本人が経営しているカフェなんかもあるので、フリーペーパーを調達するついでにカフェでお茶してさらについでに情報も聞いちゃうんです♪
カフェでお茶してお客さんしてれば、たいてい快く教えてくれるもんですよ。

現地の人に聞いた両替所でレートをチェックしてから現地通貨に両替。
ときには現地の銀行でも両替します。
街の両替所はレート本当に様々なので有力な情報を得ていないのであれば、何軒かはレートをチェクしてから両替をした方が良いと思うの。
日本の空港で両替したような数千円分だけならまだしも、万単位で両替するのならこのレートの差があとあと響いてきたり、響いてこなかったり(笑)

街の両替所にもたいていは為替レートが表示されているものなので、自分の通貨のレートをチェックして比較することができますよ。
レートが金額が出ていない両替所は気をつけた方がいい!
とも言いたいんですけど、私がよくチェンマイで両替をしていた比較的レートが良いと言われている両替屋さんは、入口に金額が提示してなかった、なぁ。
最初の頃は提示してあったんですけどねぇ。
店員さんが変わって億劫になってしまったのかしら・・・。

現地の空港だとレートがあまりよくない?
現地の言葉も英語もあまりしゃべることができないから銀行での両替は不安〜。

とかってことも思うかもしれませんが、現地の銀行での両替、以外と楽チンで簡単にできちゃいましたよ。
もちろん国によっては銀行の窓口すら信用しきれないところもあるらしいけど(⌒-⌒; )
ある程度のツボを押さえておけば大丈夫でしょう。

銀行だと為替レートは必ず表示されています。
そりゃそーよね!
銀行だもの!

銀行の両替窓口に行って日本円を出せば勝手に(笑)現地通貨になって返ってきますわよ。
入口から窓口のカウンターで現地通貨を受け取るまでに発した言葉。英語。
そーいやほとんどなかったなぁ。
現地からしたら、海外のお金を現地通貨に両替するのなら余計なヒアリングは不要ですしね。

あ、両替してもらった現地通貨を手渡してもらったらすぐに枚数を数えちゃいましょう。
大丈夫だとは思いますが、実際の金額よりも少なくなって自分の手元に戻ってくる、なぁんてこともあるみたいですからね〜。
お釣りももらったらその場でちゃんとチェックする必要がありますよっ!

分割して両替してます

リスク 男性 イメージ

短期旅行なら、数日間の滞在ならそんなに両替に時間を費やすわけにはいきませんよねぇ。
限られた時間は貴重!貴重!

近くにレートの良い両替所や銀行があってすぐに両替ができるなら、分割して両替!
または1週間とか2週間とか、またはそれ以上とか滞在するなら、分割して両替!

だって、一度に両替してしまうよりも分割して両替をした方が為替レートの変動によるリスクを軽減できるんだもーん。
極端な話、毎日少額ずつ両替をしてれば、為替レートが変動して損をしてもそれほどの金額にはなりにくいでしょ?
逆に良い方向へレートが変動してもそれほど特にもなりませんけどな(笑)
この分割して両替するのは、得をすることを考えるよりもリスクをできるだけ減らしたい。
そーゆー考えでやってます。

もちろん「今が一番レートが良い!」ってのがわかっているのなら、その日にまとめてガバッと両替してしまった方が良いですね。
得もしますし、得するってことは損しないし〜。

それがわからないから、リスクを減らすように色々と策をこうじるんですけどね〜。

あ、短期旅行だったら両替している時間を取りずらい場合もありますから、
そんな分割だなんてチマチマしたこと言ってないで一度にババん!と両替しちゃえー(笑)
限られた時間を両替に費やすよりも現地で楽しむことを優先するのももちろんアリですからね。
何度も両替するのも、正直面倒くさいですしねぇ。。。。。。

【関連記事】
タイ・チェンマイで両替したよ!@両替所

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です