ムーガタへ行ってきます!

ムーガタ@ナーモー・チェンマイ

タイの焼肉?鉄板焼き?お鍋?ジンギスカン?

いろんなものが一緒になった、とってもお得な「ムーガタ」へお誘いを受けたので、
ウキウキで行ってまいります。

ムーガタで、たっぷり食べてやるぅー(≧∇≦)

スポンサーリンク

ソンテウで向かいます

みんなで待ち合わせて、みんなでソンテウで行きますよ〜。

どうやらちょっと離れたところにあるみたい。
それだと余計に、自分1人ではなかなか行けないよねぇ。

ありがたいわぁ♪誘ってもらって(≧∇≦)

目的地は「ナーモー」(ナイトマーケット)です。

行ったことも聞いたこともなかったんですけど、
地元の大学生がよく行く、ナイトマーケットがあるんですって。

チェンマイ大学の前にあるマーケットで、品揃えも旧市街付近で行われるナイトマーケットとは雰囲気がガラリと違います。

旧市街付近で開催されている、ナイトバザールやサタデーマーケット、サンデーマーケットはどちらかというと観光客が多く、品揃えもお土産にできそうなものが多くあります。

かたやナーモーは、タイパンツや民芸品などはあまりなく、
普段用のアクセサリーや普段着だったり、”タイを感じさせるもの” というものは少ないですね。

地元の大学生の ”日常” を垣間見れる市場で、なかなかおもしろかったですよ^ ^
買い物はとくにしませんでしたけど(笑)

フェイケアオ通りをチェンマイ大学方面に、旧市街から離れる方向にしばらく走ったところにありました。

人数いたので1人20Bでいけましたけどね。
これ、もし1人で乗車だったら、おいくらだったんだろう。。。

なんとっ!京都ソフト!

ナーモーについてソンテウを降りたら、最初に目に飛び込んできたのが・・・

なんとも違和感あるのに、なんとも馴染みのある・・・

「京都ソフト」の文字!!!

もうガッツリ日本語で書かれてますよっ!
なんなの??? 「京都ソフト」って???

京都ソフト@チェンマイ

私たち全員、この馴染み深い日本語に違和感を覚えるシチュエーションに、
もうその車に釘付け(笑)

よく見てみると、どうやら抹茶のソフトクリームらしい。

でもね、さらによくみると、なぜ?
ソフトクリームの半分が真っ黒っ?!

この緑色と真っ黒のソフトクリームは、

「抹茶」と「竹墨」なんだって。

京都ソフト@ナーモー・チェンマイ

そして、またまたビックリなのが、
何気に人気があること!

ワゴン車には大学生らしきタイ人の列が・・・。
並んで買ってるぅぅぅぅぅ!

なんだか、日本の「京都」ってのが受け入れられていて、気に入ってもらえていることに、
心がほっこり嬉しくなる感じがしました。

衝撃っちゃぁ、衝撃でしたけどね(笑)

ムーガタで食べ放題!飲み放題!

ムーガタ@ナーモー・チェンマイ

やっと来ました!
食べ放題♪

店内はタイ語ばかりなので、タイ語のわからない私は、ただただタイ語のわかる友人に頼りっきり(⌒-⌒; )

スマンっ!

と思いながら、すべてお任せいたしました(笑)

どうやら設定にはドリンク(ソフトドリンク飲み放題)付きとドリンクなしの食べ放題のみがあるようです。
私たちはドリンク付きで。

食べ放題+飲み放題でたしか1人200B程度だったと思います。

日本円で約700円ほど(≧∇≦)

ここぞとばかり、肉を大量消費!

ムーガタ@ナーモー・チェンマイ

たまたまたこの日、私を含めて「肉」を食べたい女子
そこそこ「たくさん食べる」女子

が数名おりましたので、狙いは「肉」です。

まずは各々お皿に食べたいものを取りにいくんですけど、
ここはチームプレーでみんなで食べられるように自分が食べたいものを中心にガッツリ持ってきます。

食べ物は蓋のついたバットに入っているので、まずは蓋を開けて中身をチェック!

そして食べたいもの or 食べるであろうもの

であった場合、お皿に取ります。

鶏肉、豚肉が多く、たまに牛肉もね。
味付けもいろいろあって、スパイシーなのとか甘辛のものとか。
塩こしょうのシンプルな味付けのお肉も。

ホルモンなんかもありました。
怪しげなお肉も・・・(⌒-⌒; )

一応、余りそうな時に自分で処理できる量と中身にしておきますよ。。。

ムーガタ@ナーモー・チェンマイ

肉以外にももちろん野菜も大量にありますから、
野菜もたくさんいただきます。

肉・野菜以外にも麺とかシーフードもあるので、本当に種類が豊富!

タレも数種類あるので、とりあえず全種類♪

それぞれがそれぞれに持ち寄って、
自分のドリンクは自分で選んで持ってきて。

第一弾の最終的なテーブルがこんな感じ。

ムーガタ@ナーモー・チェンマイ

まぁまぁ、みんな、まず様子見、ってとこね。

人数も多いから、これくらいなら軽くぺろっと平らげるでしょう。
お肉の味見も兼ねてね。

おしかったものを第二弾、第三弾で追加します。

ジンギスカン的な鍋?鉄板?の中央部分。
お山の部分に油を引いて、ここで肉やシーフードを焼きます。

その周りのお堀の部分にはお湯を張って、野菜などを入れて茹でます。

ジンギスカンと同じですね。

お堀のお鍋領域には上から焼かれたお肉の肉汁が混ざり、コクがでてさらにおいしく。
お野菜もどんどん進みます。

ムーガタ@ナーモー・チェンマイ

ムーガタ@ナーモー・チェンマイ

ソムタムもたくさん♪
うれしいなぁ♪

右にあるのはヌードル!麺です!

なぜに蛍光緑なのかは不明です・・・。

こんな奇抜な姿をしておりますが、この蛍光緑の麺、なかなかイケます。
おいしいです。私、好きです♪

もちろんこのあと、ペロリとたいらげ、厳選されたお肉を追加で。
なんどもおかわりに行きまして、帰る時間までちまちまとずっと食べ続けました(笑)

ムーガタ、サイコー!(≧∇≦)

帰りのソンテウは、なかなか・・・

さて、たらふく食べたあとは、みんなで帰ります。
ソンテウに乗って帰るのだけど、以外となかなか捕まりません。

そんなに遅い時間、ってほどでもないんですけど。
周囲にはまだ人がたくさんいるし、ソンテウももっといるかと思ったんですけど。
道路に出てもなかなか捕まりません。

拒否される、というよりも、ソンテウ自体が走ってないんですよ。。。

旧市街方面へ帰るので、逆方向へ行くよりは捕まえやすいと思ったんですけどね。
人数もいるから、金額もそれなりになりますから拒否されることも少ないかと。。。

ソンテウ自体が走ってないから困りもの。
仕方がないので、フェイケアオ通り(かなりの大通り)を旧市街方面へチンタラ歩きながらソンテウが通りかかるのを待ちました。

ナーモー周辺は夜も賑わっているお店がちょこちょこあるから以外なんですよねぇ〜。

でも、しばらく歩いていたらやっとソンテウが来たので、交渉OK!

よかったぁ〜。
1人だったら拒否されるか、金額がちょっと高くなってたかもしれません。

私たちは6人ほどいたので、1人20Bの安心・安定の定額で帰れました。

ナーモーへ行かれる方、夜の帰りの足はお気をつけください^ ^

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です