【SIM】タイのSIMが日本で買える?!プーケット旅行はツーリストSIMでネット環境整えちゃいましょう

プーケット2019便利帖
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

タイに旅行に行くなら、もうコレ、マストでしょう!

今までちょっと敷居が高いと思っていた現地SIMの利用。
今じゃ、思いのほか簡単にタイでいつものスマホが使えるようになります。

現地のフリーWi-Fi?
いや、SIMカードでしょ。

 

スポンサーリンク

フリーWi-Fiだけじゃ足りない、いつものスマホがそのまま使えるとかなり便利な件

ここ数年、海外では日本よりも街中のフリーWiFiが充実している国が多いです。
ホテル以外にも、街のレストランとかカフェでもフリーWiFiが使えるお店が多くなりました。
タイもそう。むしろ日本よりネット環境はタイの方が整ってますのよ。
外国人旅行者には、本当にありがたい限り。

 

でーもー。
フリーWiFiだとその施設にいる間だけしかネットは使えません。
ホテルやカフェ、レストランから出たらもうネットは使えません。

外での待ち合わせの時に連絡が取れなくてうまく会えなかったり。
乗り物での移動中に現地情報を調べることができなかったり。
買い物中に写真を撮って「どれがいい?」ってすぐに聞けなかったり。

普段スマホを手放さずに生活しているためか、ちょっとしたことが不便〜。
もちろん旅先だもの、そのちょっとした不便も良いのかもなぁ。
なんて思ったりもして、ちょっと不便な環境も楽しんではいたんです。

 

が、現地でも日本と同じようにいつでも使えるネット環境に1度でもしてみたら、
やっぱり自由にネットが使えたほうがいい!
むしろ、慣れない環境の海外だからこそ、ネットがいつでも使える環境が助かるっ!

もう、海外でも日本と同じようなネット環境、マストですわ。

 

私が買ったのはコレ。日本でアマゾンで買えるんです。

ツーリストSIM
期間:8日間
容量:3GB(3GB以上はスピード制限がかかります)
エリア:タイ全土
対応SIMサイズ:標準、micro、nano
電話番号:有り ※無料通話100B分付き

 
タイのSIMだもの、タイ現地で買うものだと思ってました。
もちろんタイに行ってからでもツーリストSIM買えます。
でも、実は日本にいながらタイのSIMが買えるんです。しかもアマゾンで(笑)

 

現地タイへ行ってから買うのは言葉が不安だし、どれを買っていいのか・・・。
と不安に思う場合もありますよね。
そんな場合には、旅行に行く前に日本で買えるのはかなり安心ですよね。

しかも、日本でアマゾンで買ったほうが実はお値段が安いっ!
タイのSIMが日本で買えるんですから、当然割高になると思うじゃないですか。
なのに、私が買ったAISのSIMは現地よりも安かった(笑)
なんだこりゃ。

お得な2枚セット!【AIS】タイ プリペイドSIM 8日間 データ通信無制限 100分無料通話つき

念のため、2枚セットのSIMを買ってみました。
タイならどうせまたすぐに行くし。
それに、プーケット旅行には家族で行くから誰かしら使うかもしれないし。

 

2枚でも810円です。1枚換算で410円っ?!
さすがに現地でもツーリストSIMはこの値段で買えませんわ。

他にも旅行者向けのタイで使える別の会社のプリペイドSIMがAmazonで買えますが、今回はカバーエリアが広くてつながりやすいという「AIS」にしました。

前回、チェンマイに行った時に現地で購入したSIMもAISでした。
特に繋がりにくいなどの不便も感じなかったのでAISがいいかな、と。

 

1週間程度のタイ旅行なら、断然このAmazonで買ったツーリストSIMがオススメです。
現地でガンガンネットを使う予定の人はツーリスとSIMでは足りないかもしれませんので現地で旅行者用ではないSIMを買うか、日本からポケットWiFiを契約して持って行くかが良いかもしれませんが。
が、普通に利用する分にはこれで十分です。あとは、ホテルなどフリーWiFiが使えるところはWiFiを利用すればOK。

1週間以上タイに滞在する、現地でガンガンにネットを利用する、などの人には現地でSIMを買ってみるのもgoodです。

 
 

使い方はSIMカードを入れ替えるだけ。マジ簡単。

さて、日本にいる間にAmazonで買ったタイのツーリストSIMですが、設定はどうする?

※SIMフリーのスマホの利用またはSIMロックを解除しておきましょう※
日本を出発する前に必ずスマホのSIMロックを解除しておきましょう。
SIMロック解除はネットで無料で行えます。(店舗での手続きは有料です)
日本を出てからSIMロックを解除するのはちょっと大変なようです。
(スマホ購入日によってはロックの解除ができない期間もあるので早めにチェックです。)


SIMロックが解除されていれば、もうあらかた準備はOK。

(iPhoneの場合)飛行機に乗っている間にSIMカードを入れ替えておいて、タイに着いたら「モバイル通信」をONにすればOK。あとは自動で設定を完了してくれます。

これでタイに着いたらすぐにいつものスマホが使えます。
フリーWiFiを探し回る必要はもうありません。

 

そうそう、タイに入りモバイル通信をONにしてツーリストSIMを起動すると、SMSにタイ語のメッセージが入ってきますが、そのまま放置で大丈夫です。

英語のメッセージも混じっていたので見てみると、1GBのプレゼントをもらえてたりしていました。増える分には問題ありません♪

 

SIMカードはいろんなサイズに対応可能です。

買うときにSIMカードのサイズを選ぶことはなかったのですが、安心してください。
どのサイズにもちゃんと対応していますから。

ぱっと見は標準サイズの大きいSIMカードですが、よく見るとICチップの周辺にも切り取り線が入っているので、スマホに合わせて大きさを変えることが可能です。
私はnanoSIMが必要だったので一番小さい切り取り線で切り取ってスマホにIN。

 
 

意外と便利。現地タイの電話番号が手に入る。

現地のツアー会社に予約をしたんだけど、急ぎで確認したいことがある。
現地のスパを予約したのでお迎えに来てもらうのだけど、ドライバーと待ち合わせ場所の確認ができず、すんなり会えないっ。
名刺をもらったドライバーに送迎を頼みたいけど、出先なので電話しか連絡手段がない。

そんな時、現地の電話番号があるとかなり便利。
 

短期で海外に滞在するだけなので、現地の電話番号はいらないっちゃぁ、いらない。
でも、意外と現地で電話をする機会ってあったのだ!

基本的にはホテルにお願いして電話してもらう方法で解決するんですけどね。
でも出先だとそれができない・・・。
公衆電話だとかけることはできるけれど、受けることができない。

 

マストではないけれど、現地での電話番号があるのは実に勝手がいいのです。
なのでSIMに現地タイの電話番号が付いているのはちょっとありがたい♪

SIMカードが入っているケースの裏側に現地の電話番号が書いてあります。

「Phone No. XXXXX〜」

と書いてあるのが、あなたの電話番号になります。

このツーリストSIMには100バーツ分の無料通話ができます。
チャージする必要もないので、電話もタイに着いたらすぐに使えます。便利です。

 
  

入れておきたいAISのアプリ

AISのタイのSIMを使うなら、合わせて準備しておきたいのがAISのアプリ。
このアプリを入れておくと、データの残量が簡単にチェックできるのでオススメです。
 

最初はタイ語の表示になっていますが、英語にも変えられます。
(日本語には対応していないのが残念。)

残量のチェックだけじゃなく、追加でチャージをしたい場合にもアプリからだと便利なんですよ。

myAIS
myAIS
開発元:Mimo Tech
無料
posted withアプリーチ

 
 

忘れちゃいけないっ!ないと大変!

これ、忘れがちなんですが、意外にもものすごい大事!
な事を最後にお伝えいたします。
それは・・・

SIMピン

スマホにSIMカードを持ってこれでOKな気分でいましたが、SIMピンがないと成り立たないっ!
SIMカードを出し入れする時にこのSIMピンは必須です。

 

小さいので無くしがち・・・。
どうしても見つからなかったり、うっかり持っていくのを忘れちゃったり、持って行ったのに使おうとしたらなくしてしまっていたり。
  

実は私、行きはSIMピンを持っていたんですけど帰りにどっかになくしてしまって?!
(バッグの隙間に入ってしまってまして、家で無事に発見しました・・・)

日本に着くのに、SIMカードを変えられないっ!!!

と言う事態に陥りました。
マジで焦りましたよ・・・。
  

ボールペンの先でチャレンジしましたけど、ペン先の方が大きくて入らないし。
爪でチャレンジしましたけど、当然無理。(そりゃそうだ)
シャーペンの芯なら細いから!と思ったけど、強度が足らず折れてしまいダメ。

家に帰るまで諦めるか・・・。
と思ったんですけど、持っていたもう1つのシャーペンの先が細くまっすぐ!
これならイケるかもっ!

 

無事にSIMカードを交換することができました。
SIMピン、小さくてなくしやすいので、扱いには十分注意してくださいね(笑)

こんなものがあったのね・・・。
買っておけばよかったぁ・・・。


タイに行くなら、SIM入れ替えてタイでもネット環境整えちゃいましょ♪

 
 
 

 


コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました