スパでプチ贅沢Day チェンマイは癒しの場所でもあるんです

チェンマイでちょっと贅沢なスパタイム。

日本と比べてとってもお手頃なお値段でマッサージを受けることができるんですが、スパも例外じゃありませんよ。

もちろんホテルのスパなど上を見ればキリがありませんが、日本と比べると破格のお値段でラグジュアリーで贅沢なスパを楽しむことができるのもチェンマイ。

南国チェンマイのひと時を優雅にリラックスして過ごしたいなら、スパで決まりっ。

女一人旅。

たまには時間に追われることなく、優雅に時間を使ってみるのも旅の醍醐味です。

チェンマイではこんなのんびりとした時間の使い方も、できちゃいますよ。

スポンサーリンク

ラグジュアリーなスパ「チーバ・スパ Cheeva Spa」

チェンマイでの優雅な時間を過ごすのに、今回は「Cheeva Spa」を選んでみました。

スパ屋さん(ホテルのスパじゃないってことね(⌒-⌒; ))だと「オアシス・スパ」がチェンマイでは有名ですが、ここはあえてのチーバ・スパへ。

サンティタムエリアにあるので近い、っていうのもあったんですけどね。
以前からずっと気になってたので。決めました。
(ちなみに、送迎をしてくれるので滞在先からサンティタムが行きにくくても大丈夫♪)

マッサージメニューもスパメニューも豊富で、タイの雰囲気を大事にしたインテリアが興味を惹きます。
外観からもオリエンタルでゆったりとした空気が流れているのが感じられるのよ。

古都チェンマイでのスパタイムなので、こういう雰囲気もとっても大事。
スパは施術はもちろんだけど、
その空間から癒しを求めたいと思うのよ。

そこに滞在している時間そのものをたっぷり堪能いたしたいのです。

チーバ・スパを選んだのは、サンティタムという閑静なエリアにある、というのも大きな理由の一つです。
どのスパへ行っても中へ入ってしまえば優雅な時間が流れちゃうんだろうけどね。
チーバ・スパはそこへ行くまでも、なんだか素朴な感じなんだよねぇ。
私は散歩がてらスパに行ったので、徒歩だったし。

さて、入店〜♪

テラコッタな外壁から中へ入ります。

差し込む光が入る前から心をすっきりさせてくれるみたい♪
(めちゃくちゃ暑かったんですけどね笑)

実は私、予約もせずに飛び込みで入ってみました。
本当は予約をしてから行くことをお勧めしますよっ。
たまたま空いてたので、そのまま施術を受けられましたけどね(笑)

門をくぐってからは、インテリアがとっても素敵。
やっぱりスパは雰囲気、大事だわぁ♪

まずは言われるがままお部屋に通されてみました。

Cheeva Spaは全体的に赤のイメージ。
でも、明るい派手な赤ではなくシックで落ち着いた色合いの赤。
表の壁もテラコッタ色で、温かみのある色。

素敵なインテリアに気分が上がりつつも、椅子に深く座る頃にはだんだんと落ち着いてリラックスした気分になってきました。
このリラックス感が大事よね。

ゆったりとしているとおしぼりとお茶をいただきました。

こーゆーところからトリートメントは始まってるのよね♪

外が暑かったから冷たいお茶が心地よい。
汗かいてたからね。
ほっと一息つけますよ。

2時間の至福の施術開始

お茶をいただきながらゆったりとしていると、お姉さんがタライを持ってお部屋に入ってきました。

部屋には椅子がいくつかあったけれど、私以外その部屋に入る人はいなくて私一人。
知らん人がいないだけでも、リラックスはしやすいですね〜。

花びらとハーブの入った足湯で、丁寧に足を洗ってくれます。

見た目にもテンション上がるわ(≧∇≦)
演出、素敵♪

前日も歩き回っていたので、早速疲れた足も癒されますわ。
施術前の足湯、気分を上げてくれますわ♪

さて、足湯もしてリラックスしたところでもう一度お部屋を移動します。
こちらのお部屋はウェルカムルーム的な感じなのかしらね。

次に通されたお部屋は、床にマットが2枚敷かれたお部屋。
もちろんこのお部屋には私だけです。

お着替えがあります。
これに着替えてタオルをかけて横になっとけ、ってことでした。

施術着に着替えて、さぁ、お待ちかねのマッサージですわよ♪

私が受けたコースは、スパ・パッケージの中の2時間のコース。

お値段的には一番お手頃なコースで、
2時間 1,900B (約6,500円)

日本の相場で言うと、1時間分のお値段っ(≧∇≦)
それで倍の2時間の施術を受けられるのです。

コースの内容はというと・・・

・タイ古式マッサージ
・背中&頭&肩のマッサージ
・ハーバルホットコンプレス(ハーブボール)

これで2時間。
あぁ、思い出してる最中からまた受けたい♪

▷▷スパ・パッケージメニューはこちらからチェック

ハーブボールの施術を受けたかったのでこのコースにしてみました。
タイではハーブがとっても身近に存在するので、ハーブを使ったものを堪能したいんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハーブボールというのは、タイのハーブをぎっしりと詰めてボール状にしたものをがっつりと熱く蒸して、それを体にあてていく施術。
ボールからじんわり伝わる温熱の効果と染み出すハーブの肌への作用、辺りに香るハーブの香りの作用で、心と体をほぐしてゆるめてくれるんです。

緊張して硬くなった筋肉をゆるめるにも良いと言われてます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このコースでは、全身のタイ古式マッサージの合間にハーブボールを体に押し当ててくれます。
温かくて気持ち良いったらないです。

タイマッサージだけでも十分気持ち良いんですけど、ふとした瞬間に来るハーブボールのじんわりとした温かさが、さらに深く私を落とし込んでくれます。
ふわふわとした心地よさの中に、気づけば眠ってしまっています。

もうね、あっという間の2時間でしたよ。

むしろ、2時間なんてまだ経ってないでしょっ。
って思ってしまうくらい(笑)
時計を見たら、ちゃんと2時間、経ってました(笑)
そりゃそーだ。

ガッツリとリラックスして、ふにゃふにゃになった私(⌒-⌒; )
ぼーっとしているところに何か話しかけられたんだけど、よくわからんうちに「yes」と言ってました。

そうするとおもむろに私の髪を編み編み。編み編み。

。。。。。

。。。。。

じゃんっ!

どうやら髪を編みこんでくれるサービスだったみたい。
タイ人って編み込み好きだよねぇ^ ^
お花もさしてくれました。

この時に一緒に聞かれたのが、帰りの送迎はどうするか?

ってこと。
私は飛び込みで直接お店に来ちゃったもんだから送迎なしでスパにきたのね。
だけど帰りはどこかまで送ってくれるんだって♪

私はゲストハウスまで歩いていける距離だし、ぶらぶらしながら帰りたかったので帰りの送迎は丁重にお断りいたしました。
旧市街に行きたい場合は、送ってもらえるので遊びにも行けますのよ〜。

施術後のお茶請けは・・・

スパに限らずチェンマイのマッサージ屋さんでは、たいていマッサージの後に飲み物を出してくれます。

とってもローカルっぽいマッサージ屋さんでも、パックの水をもらったこともあったなぁ(笑)

Cheeva Spaでももちろんありますよ。
スパなのでその辺のマッサージ屋さんとは違いますよっ。

飲み物は、生姜がガッツリと聞いたジンジャーティー。
すっきりとした甘さにガツンとくる生姜のパンチ。
おいしーわぁ♪

マッサージの後の体に染み渡ります。

そして、おやつもね(≧∇≦)
タイのポピュラーなスイーツの「マンゴー with スティッキーライス」
タイ語で「カオニャオ・マムアン」です。

マンゴーがゴロゴロ♪
さすが南国ですわっ。
こんなにしっかりとしたカオニャオ・マムアンをいただけるなんてっ(≧∇≦)

お好みで隣にある練乳をかけてどうぞ。

私はマンゴーの甘さが十分だったので、そのままいただきました。
ちょうど小腹が減ってきていたので、抜群のタイミング。

まだ今回チェンマイに来てから食べていたなかったので、これまたgoodなタイミングです。

施術後の余韻をお茶とマンゴーで楽しみながらくつろいだら、本日のスパdayは終了です。
マーケットへ出かけるもよし。
どこかのカフェでまったりするのもよし。
宿に帰って寝るもよし(笑)

のんびりとリラックスして過ごしましょー♪

ちなみに私の帰りみちはこんな感じ(笑)

普段、こんな感じの髪型で出歩くことがないので、ちょっと気恥ずかしかったです(⌒-⌒; )
とりあえずこのままお宿へ帰りましたよぉ〜^ ^

Cheeva Spaに行くなら・・・

住所:4/2 Hussadhisewee Rd., Sriphum, Muang,
Chiang Mai THAILAND 50200
電話番号:+66 (0)53-211-400
携帯電話:+66 (0) 8 1961-0578
営業時間:10:00am – 9:00pm
メール:cheevaspa@hotmail.com
サイト:http://www.cheevaspa.com
facebookはこちら
口コミはこちらから(トリップアドバイザー)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です