サンティタムで評判のカオマンガイ「7」の店

チェンマイに行ったら食べたい、タイ料理。

たくさんある料理の中で何食べたいですか?

チェンマイ行ったら私が食べたいタイ料理の中で「カオマンガイ」どうですか?

さっぱりしてそうで、だけどおいしい。

本場のカオマンガイ、チェンマイに訪れたら是非試してみて♪

スポンサーリンク

カオマンガイって、何?

カオマンガイ ข้าวมันไก่, Khao Man Kai
「カオ」= ご飯、 「ガイ」= 鶏肉

そう。つまり、鶏肉ご飯なんです(笑)

日本では「蒸し鶏のせご飯」と呼ばれてますのよ。
もともとは中国の「海南鶏飯」が原型と言われていて、タイの他に台湾・香港・マレーシア・シンガポールなどなど、東南アジアの庶民料理として広がったんですって。

鶏肉を茹でた茹で汁で調理したご飯に、茹でた鶏肉をのせる。

シンプルであっさりとしたお料理ですが、上品な旨味が染み込んだがご飯がまたおいしい。
東南アジアの庶民料理ですが、タイのカオマンガイはシンガポールなどの海南鶏飯とはちょっと違う感じに独自に進化しているみたい。

チェンマイでも、もちろんおいしいカオマンガイがありますよ♪
地元の人も観光客にも人気のあるカオマンガイ。

茹で鶏、蒸し鶏を乗せるのがレギュラーなんですけど、揚げ鶏を乗せるバージョンもありますのよ。
これもまたおいしいので、両方食べてみて♪

私が好きなカオマンガイ屋さん「7」

旧市街、お堀の外側北西にあるサンティタムエリア。
今回私が滞在したエリアなんだけど、このサンティタムにおいしいと評判のカオマンガイ屋さんがあるんです。
今回に限らず、以前にも何回か食べてます。

だって、おいしーんだもん♪

しかも今回滞在したゲストハウスに超近いっ♪

キーワードは「7」

お堀からはね、ちょっと距離がありますね
サンティタムのエリアにはこのカオマンガイ屋さん以外にも行きたいお店がいろいろあるので、ついでにサンティタムを満喫するのもオススメですのよん。

さて、お店はというと・・・

ここがそのお店!

朝のまだ開店前に撮ったので、当然ながらお客さんはいません(笑)
だけど営業が始まるとローカルなお客さんで賑わいます。

お昼時は結構混雑しているイメージです。
ちょっと時間をズラすと入りやすいかな。

「7」のお店はポージェット

お店の看板にはタイ語しか書いてないので読めない(⌒-⌒; )
「7」という数字だけはわかるので、「7のカオマンガイ屋さん」と呼んでしまうことが多かったわ〜。

そんなカオマンガイ専門店 「ポージェット」

プリプリの茹で鶏がおいしいカオマンガイ♪
普通盛りで35B(当時・約120円)。

お好みで甘めのタレをかけて、召し上がれ〜♪

この量が35Bの普通盛り。
タイのご飯屋さんって、一人前の量が少ないことが多いのよね。
ここ、ポージェットもそう。
ちょい少なめくらいなので、普通盛りだとちょっと物足りないかもね。

大盛りは40B(当時・約150円)

大盛りにしたい場合はピセと付け加えて注文すると通じますよん。
「ピセ」はカオマンガイ屋さん以外でも大盛りにしたい時は使えるので覚えておいて損はないわ(笑)

女性でも大盛りにする人多いです。
私はこの時、ちょっと暑さに負けて食欲が低下中だったので、普通盛りにしてました。
通常だったら大盛り「ピセ」にしてたかもしれません(笑)
もしくは、この後デザートを食べる予定なら普通盛りにするのもオススメですわ。

ちなみに、ポージェットでは茹で鶏以外にも揚げ鶏のせもあるとか。
私はここでは茹で鶏しか食べたことないんだけどね。

揚げ鶏は「ガイトート」でOK。
英語で「クリスピーチキン」でも通じます。英語が通じるところなら、ね(笑)

これもまたカリカリ感がおいしくて好きです。
この写真は他のカオマンガイ屋さんで食べたやつですけどね(笑)

このガイトートですが、茹で鶏とのミックス(両方をのせてくれる)もできますのよ。
一度に両方の味が楽しめるので、ガイトートも食べたい人にはオススメです。

カオマンガイパッソム(ミックス)40B

ぜひ、ミックスもチャレンジしてみて♪

ここのスープがまたおいしい

カオマンガイ屋さんでは、たいていスープも付いてきます。

ポージェットのスープがまた、おいしーのよ♪
鶏肉の出汁がたっぷりと出ていてね。

スープにモツも入っているのが、また個人的に好き。

ポージェットのカオマンガイが好きな人は、このスープの味が好きだって人も少なくないみたいね。
そのお店ごとに特徴がありますからね〜。

レバーみたいのって、何?

この「7」のお店、ポージェットに限らずカオマンガイを注文するとたいてい添えられてくる謎の物体があります(笑)

レバーみたいな黒っぽい色の物体。
カオマンガイ以外にも麺類なんかにも入っている場合があります。
タイ料理にはまぁまぁポピュラーなこの物体。

一番手前にある、キュウリの隣にある黒いヤツね。

さて、これは一体なんでしょう(笑)

私は食べますけど、日本人にはあまり好かれないことも多いこの謎の物体は、
血を固めたもの
なんです(笑)

日本では普通の食事の中で動物の血を取り入れることなんてあまりありませんね。
でもタイではポピュラーみたいですよ。
確かに、いろんな食事でも見かけます。

ただ、日本人には馴染みがないので食べない方も少なくないですね〜。

この血の塊がいらない場合は、注文時に「いらないよー」と言っておくと抜いて出してくれます。

「ไม่ใส่เลือด:マイ サイ ルアット」
(マイサイ=入れない、ルアット=血)

この合言葉で、血を固めたやつを抜いてもらいましょう。
私は食べちゃいますけどね(笑)

ポージェットについて

住所:Chang Phueak, ムアンチエンマイ チエンマイ 50300 タイ
営業時間: 9:00 – 19:00
(なくなったら終了なので、営業時間終了間際は避けた方がいいかも)

ポージェットの正面にはクロワッサンで評判のカフェ「ナナカフェ」もあります。
もうちょっと行くと、チェンマイホルモンもありますよぉ〜。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です