サンティタムでお粥を食べるなら、ここ!知られざる、お粥のおいしさ!

チェンマイグルメ2017
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

日本でいう「お粥」とはちょっとイメージが違う。

それは病気の時に食べるんじゃなくて、普段から食べる。

現地では特に朝ごはんに食べることも多いけれど、昼でも夜でも食べられる。

それがタイのお粥なの。

もちろん、味もおいしーんだからっ。

※2019年現在、お店は歩いて1〜2分の近くの場所に移転していました。

スポンサーリンク

タイのお粥は2種類

日本では「お粥」はそのまま1種類。

でも、タイではお粥には2種類あって、その形態がちょっと違うの。
人によってどちらかが好みだったりもします。

ジョーク:細かくしたお米をクタクタに原型をとどめないくらいに煮込んだお粥。
かなりドロドロ。

カオトム:こっちのが日本のお粥に近い。
お米を煮込んでいて、雑炊っぽい。ジョークに比べてサラサラ。

カオトムは、カオ(ご飯)をトム(煮込む)するってこと。
スープの中にお米の原型が見える程度に煮込まれたお粥ね。

ジョーク。私はこっちが好きで、お粥を食べる時はジョークばっかり食べてるかも。
ドロドロでお米の原型はないです。
たいてい、お肉類と生姜の千切りの具が乗ってます。
お店によっては具のお肉は選べるんじゃないかな。
肉団子なんかが合いますのよ。

サンティタムにはお粥のお店があるよっ

もう、ブレックファーストって書いてあるしっ。
なんなら日本語で「朝ご飯」とか書いてあるじゃないっ!!!

サンティタムはマッサージスクールも多いから、日本人も多いんだよね。
だからとうとう、ローカル店にも日本語が書かれるようになったかっ。
日本語だけじゃなく、韓国語も中国語?も書かれてるじゃんよっ。

この暖簾に書かれている「お粥 Rice porridge」がタイの「ジョーク」ね。
で、「おじや Rice Soup」と書かれているのが「カオトム」

タイで一般的にこの表現なのかは定かではないけれど、これだとわかりやすいわ。

朝も早くから営業中。
朝6時半からやってますのよ。
だから出かける前の朝ごはんにも重宝いたしますよぉ♪

前に入った時は、ローカル店な感じがしていたんだけど。
どうやらちょっとリニューアル?して、キレイに小洒落てました(笑)

なので、初めての人でも入りやすくなったと思います。

これがジョーク。私の好きなやつです。

ドロドロ具合、わかります?(笑)

具はポークにしてみました。
ポークは肉団子で出てきます。

メニューの左上の「Rice Porridge」がドロドロお粥のジョークです。

お値段が2つあるのは、普通盛りと大盛りのお値段。
ちなみに大盛りは「ピセ」です。
注文するときに、「ピセ」と付け加えると、大盛りが頼めますよ〜。

お腹が大丈夫な人にはオススメなのが、卵入り♪

卵は半熟なので、お腹が丈夫な人は試してみて〜。
私はたいてい、入れてしまいます(笑)
卵は「カイ」ですよ〜。

味は日本のお粥に比べてしっかりと付いてますが、テーブルにあるナンプラーとかを好みに合わせて入れてみてもおいしーのですよ。
自分好みの味を探してみて〜。

お粥以外にもメニューはあるのだ

お粥のお店ですけど、あるのはお粥だけじゃないのよね。

他にも麺類なんかもあるみたいですよ。

私はここではジョーク以外食べたことないのですが、ジョークを食べた感じからすると、麺類もおいしーんじゃないかなぁ。
お粥が食べたくてこのお店に来てたらさ、ヌードル系は食べてないのよ(⌒-⌒; )
機会があったら、食べてみようとは思います。が・・・。
またお粥にしちゃうんだろうなぁ(笑)

ちょっと小洒落た店内になってました

何年か前はローカル店っぽさがもっとあったのよ。
なのに、今回行ってみたら、お店の中がキレイになってたし。
(前も汚かったわけではないのよっ)

こんな風にわかりやすくメニューなんて書いてなかったし(笑)
しかも、タイ語と英語じゃんっ。

正直、これ見るまでヌードルもあるとは知らなかったよ(⌒-⌒; )

それにね、壁がアートになってたし♪

びっくりだわ。

これなら、入りやすくなってよかったわ♪

Santitham breakfast サンティタムのお粥屋さんはここ

住所:28/1, Charoensuk Rd, Tambon Chang Phueak, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50300 タイ
電話番号:+66 80 493 5157
営業時間:月〜金6:30am-3:00pm、土・日6:30am-12:30pm
Facebookはこちら

サンティタムの5差路の近くです。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました