朝からワロロット市場そしてランチも

チェンマイグルメ2017
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

久しぶりのチェンマイで浮き足立ってますが、早速チェンマイを楽しむのです。

日本へのお土産にも自分のためのものでも、お土産買うなら必須よ♪

せっかくアジアに来たのだからローカルなマーケットも堪能しましょうね。

スポンサーリンク

ローカルマーケットのメインはやっぱり「ワロロット」よ

チェンマイはタイの第2の都市と言われている場所。
だけど、バンコクと違って田舎の部分もまだまだあります。

タイのアジアっぽさだって堪能できちゃうんだから。

そんなアジアっぽさを堪能するにもオススメなのが、
「ワロロットマーケット」

ここはアジアのゴタゴタしている感じもあるし。
でも変に汚くもないので回りやすいんです^ ^

私はここに、お土産を買う目的に行ってきます。
ベーシックなタイパンツを買うなら、ナイトマーケットよりも断然お安いから♪
まとめ買いをするので、お値段交渉もしやすいしね。

他にもワロロットには食器類とかスパイス、ドライフルーツなんかもたくさん売ってます。
ハーブティーも売っているし、衣類も食料品も小物類もまとめて買える便利なところよ。

タイパンツなんかのデザインはさほど豊富ではないので、変わったデザインを探してる人はナイトバザールがいいかな。
(こちらのが観光客価格なのでお値段がちょっと高くなりますが・・・)

ワロロットへ行くならソンテウでも便利

ワロロットマーケットは地元の人だけじゃなく観光客も多く行く場所。
そして買い物だけじゃなく、郊外へ行くバスや車の発着所も近くにあるので、ワロロットへ行く人は多いのです。

なので、赤い乗り合いバスのソンテウも捕まえやすい♪

ソンテウ止めて「ワロロット」と言えば、ほぼ通じます。
英語が苦手なドライバーも大丈夫。

旧市街、またはその周辺からなら大抵20Bで行ってくれるでしょう。
ワロロットなら他のお客も捕まえやすいからでしょうね〜。

あとはドライバーがワロロットマーケットについて車を止めるのを待つだけ。
人がたくさんいる賑わっているところに着いたら、きっとそこね(笑)
歩道にはぎっしりと屋台が並んでいるので、それも目印かな。
屋台にはフレッシュなフルーツも安く売られているので、それを買ってもいいと思います。

私の目的はお土産用のタイパンツだけど・・・

さっきも言いましたが、ワロロットには衣料品だけじゃなくて食料品もたくさんあるのね。

フルーツなんかはホントに安い!

カットする道具やお皿なんかがあるなら、買っていって部屋で食べるのもとってもオススメ。
日本ではフルーツはお安くないもんねぇ。
特に南国フルーツは、お値段張る場合も少なくありません。。

チェンマイはカフェ天国でもありながら、フルーツ天国でもありますのよ。

私はワロロットにはフルーツが目的じゃなくって、タイパンツを買うのが目的なんですけどね〜(笑)

目移りしちゃうわ(笑)

さて、タイパンツは建物の3階が売り場です。

3階へ行くと、衣類が山積みになってます。
タイパンツだけじゃなく、トップスも売られてますのでその中からお探しください(笑)

まとめて何枚か買えば、値引き交渉もしてくれるかもしれません。
もともとお安いお値段なので、大幅な値段交渉は期待できませんが(笑)

お腹が空いたらワロロットのローカル食堂にもチャレンジ

ワロロットマーケットにはいろんなものが売っているだけじゃなく、食事ができる食堂だってあるんですよ。
まぁ、かなりローカル色強めですけどね(笑)

建物の地下に行くと、そこにはローカルな人が食事をしている場所が。

観光客がいないわけじゃないんですけど、テーブルについている人のほとんどが地元のタイ人に見えます。
だよね?(笑)

室内ですけどちょっとした屋台村みたいな感じで好きなものを選びましょう。

フルーツシェイクもありますよ〜。
チェンマイに行ったらシェイク!
そんな人でも対応可(笑)

どローカルな雰囲気満載ですが、ここでランチをしてみます♪
こちらのお店で。

カウンターの下には写真付きのメニューがあります。
英語でも書いてあるので注文しやすいですね。
通じなかったらその写真を指差して伝えましょう(笑)
それが一番!

出来上がるとカウンターの向こう側から注文したものを出してくれます。
お金をお支払いしていただきましょう♪

席について、いただきまぁす(*^^*)

たまにはこんなローカルな中に溶け込んでみるのも悪くないですよ♪

ワロロットマーケットの場所

住所:90 Wichayanon Rd, Tambon Chang Moi, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50300 タイ
サイト:warorosmarket.com
営業時間:毎日 朝5時〜夕方6時(店によってはもう少し早く閉める店もあるのよ。。)

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました