エアアジアの機内食、有料だと聞いたけどどんななの?

エアアジアはLCC。ローコストキャリア。

余分なものを極力カットして、お値段をグッと抑えた飛行機。

大手キャリアでは当たり前の機内食もカットです。

食べたい人は有料で食べられますのよ。

国際線だと乗っている時間が長くなるので、途中で機内食はやっぱり必要でしょっ。

だって、お腹が空いちゃうもの。

フライトデータ(行き)
<国際線>
便名:XJ601
出発地:成田空港(東京)
到着地:ドンムアン空港(バンコク)※乗り継ぎ経由地<国内線>
便名:FD3443
出発地:ドンムアン空港(バンコク)
到着地:チェンマイ ※目的地

スポンサーリンク

機内食は事前に予約しておくとお得なお値段に

LCCはなんでもそうですが、必要なものは有料でリクエストすることができます。
そして、当日よりも事前にリクエストしておく方とちょっとお値段がお安く。
機内食も同じで、チケットの予約時に一緒にリクエストしておくとお得に機内食が食べられますのよぉ〜。
(若干、なんですけどねっ)

ということで、私もチケット予約時に全ての機内食をリクエストしてみました。

というか、手荷物(預け荷物)20kgを付けたかったので「バリューパック」にしてみました。
その結果、バリューパックのセット内容に食事も付いていたので食事も事前リクエストに成ったというのが本当のところです(笑)

バリューパックの内容

オプションでつけられるセットには、

・バリューパック(コスパ重視)
・プレミアムフレックス(柔軟性重視)
・プレミアムフラットベッド(極上の快適さ)

があります。
この中でコスパ重視の「バリューパック」にしてみました。気になる内容はというと・・・

受託手荷物20kg/スタンダードシート/規定の機内食1食

この規定の機内食1食ってのが1路線につき1食付いてくるんです。なので、国際線と国内線を乗り継ぐ(同じエアアジアで乗り継いだ場合ね)と、それぞれに機内食が出てくることになるわけです。

ベジタリアンメニュー?
それともノンベジタリアンメニュー?

チケット予約時に一緒にリクエストした機内食。
バリューパックを付けたら食事もセットになってましたの。
予約時にメニューも一応選ぶことができます。
でも選べるのは(バリューパックの場合ね)
「ベジタリアンメニュー」または「ノンベジタリアンメニュー」のどちらか。

どんな機内食が出るのかお試しで、それぞれリクエストしてみました♫
どんな機内食が出るのかなぁ〜。

(ちなみに、バリューパック以外のプレミアムフレックスやプレミアムフラットベッドのセットにすると食事のメニュー内容まで選べます。)

ちなみに、予約時に機内食をリクエストしなくても当日の機内で買うこともできますよ。
機内で購入するときのメニューはまた後で。
※事前予約の方がお値段が安いのですが、当日の機内でもそんなに大きく高くなるわけではありません。ただし、メニューによっては、座席の場所によっては売り切れてしまう可能性もありえますね〜。

成田発ードンムアン(バンコク)行きの国際線
機内食はベジタリアンで実食!

まずはチェンマイ旅行一発目の機内食です。
ここはベジタリアンメニューを選んでみました。
ちなみに私は特にベジタリアンではございません。(むしろ肉食です(笑))

機内食

『ベジタリアン・ライスボウル』
でございます。

アレルゲンも記載してありますね。
この機内食のアレルゲンは、グルテン、大豆、ゴマ、だそうです。

この主食とペットボトルのお水が付いてきました。機内食を頼んでおくと水ももらえるので助かります。
ちなみに飲料水もエアアジアの機内では有料です。
一応、飲食物の持ち込みは禁止のようです。
(持ち込んでいる人も見かけましたけど〜)

さて、ベジタリアンメニューとはどんなもんかね♫
オープン!

機内食

こちらが行きの国際線で出た、ベジタリアンメニューの機内食です。
うん!肉っ気はありませんっ(笑) そりゃそーだ。

見た目はとっても淡白な感じですが、味付けはまぁまぁです。
結構おいしかったですよ。
普段ベジタリアンな人じゃなくても良さそうです。あんまりガッツリ行きたくないなぁ、なんて時にも向いているかもしれません。これ。

毎回これとは限らないのかな???

後でメニューで確認したところ、これはどうやら「野菜たっぷり丼」のようです。
チケット予約時に注文すると ➡️ 600円(タイバーツだとTHB150)
機内で注文すると ➡️ THB200(約700円)

ペットボトルのお水かコーヒーが付いてきます。

帰りの国際線、ドンムアンから成田へ
機内食はノンベジタリアンメニュー!

行きの国際線はベジタリアンメニューだったので、帰りはノンベジタリアンメニューにしてみました。
今度は野菜ばっかりじゃなくて、肉とか魚とかです。
しっかり系です。

機内食

はい。
『ジャパニーズ・テリヤキチキン丼』

ガッツリ肉ですね。チキンですね。
日本に向かうってことで、日本の味、テリヤキが登場しました。

機内食

中身はテリヤキチキンと、錦糸卵?な卵が乗ったご飯です。
テリヤキさん、なかなか悪くはなかったですよ。
でも具はシンプルですね。もうちょっと味に変化のあるものがあると飽きずに食べられるのだけど。
お値段お手頃だから、あんまり贅沢言えません。

やっぱりボトルのお水をもらいました。
飛行機の中だとペットボトルのお水はとても便利でありがたい。蓋を締めておけばシートにぽろっと置いておけますからね。
そしていちいちCAさんを呼ばずとも、気軽に水分補給ができる〜。
CAさんにとっても、その方が楽ですしね。

これもメニューにありました。
「照り焼きチキン丼」だと思われます。
チケット予約時に注文すると ➡️ 600円(タイバーツだとTHB150)
機内で注文すると ➡️ THB200(約700円)

国内線だって機内食は出ちゃいます。
行きの成田発ドンムアン行きはノンベジタリアンメニュー

普通の機内食って、たいてい国際線とかのちょっと長い距離のときに出るイメージで、国内線とかの短い距離の場合は軽食のイメージなんです。
が、エアアジアは違います。
国内線の短距離で乗っている時間も短いのに、ちゃんと機内食があるんです。

行きの国内線は、今度はノンベジタリアンメニューにしてみました。
最初の国際線ではベジタリアンメニューにしてみましたからね。

機内食

どうやら
『チキン・パナンカレー・タイオムレツ付き』
だそうです。カレーです。タイっぽいです。

国内線でもお水は付いてきましたが、今度はペットボトルじゃなくて一杯分の飲料水。
距離短いしね。すぐ到着するしね。

機内食

パナンカレー、なかなかじゃないですか。オムレツもしっかり付いてるし。
国際線のよりもおいしそう(笑)
実際、おいしかったですよ。
ただ、乗り継ぎを待っている間に食べたり飲んだりしてしまったので、ちょっとお腹はいっぱいでしたが・・・。

メニューをチェックしてみましたが、パナンカレーは見当たらず・・・。その代わり?グリーンカレーのようなものがあったのでそれと同じと仮定して。
チケット予約時に注文すると ➡️ 417円(タイバーツだとTHB120)
機内で注文すると ➡️ THB190(約665円)

帰りの国内線、チェンマイ発ドンムアン行き。
ここはベジタリアンメニューにしてみました。

普段、日本にいるときはわざわざベジタリアンメニューを食べることってあまりないのですが、チェンマイにいるとベジタリアンメニューが身近にあるせいか、そしてそれがおいしいせいで、ちょこちょこベジタリアンフードを食べております。
そのチェンマイからの帰り道なので、名残惜しいかと思いベジタリアンメニューにしてみましたよ。

機内食

『フライド・ベジタブル・ライス』
つまり、チャーハンですね。

アレルゲンの記載もありました。
セサミシード・・・。ゴマと何か違うのかしら???
そして大豆。

機内食

ベジタブルなチャーハンでございます。
ちょっとしっとり目なチャーハンです。
ま、こんなもんでしょ(笑)

この時も国内線なので付いてきた水は一杯分の飲料水。
ペットボトルだと距離も時間も短いから飲みきれないかぁ〜。

メニューにはベジタブルチャーハンらしきものはなく・・・。

予約済みの機内食を受け取るには・・・

機内食を事前にリクエストしている場合、CAさんたちは座席で確認をしています。
なので座席を移動しているとそれがわからなくなってしまうので、元の座席に戻るか食事を配っているときにCAさんにちゃんと声をかけましょう。

また、元の座席に座っている場合でもチェックが入ります。
搭乗券を用意してお待ち下さいな。
搭乗券に機内食を頼んであるかどうかの記号が書いてあるんです。
CAさんはそれをチェックして、機内食を配っております。

あ、パスポートは不要ですよ(笑)
私、パスポートも一緒に見せてしまいましたっ\(//∇//)\
あ〜、恥ずかしっ。

これが機内食を事前に注文していた印。
CAさんが搭乗券のここにチェックをしてました。
なので機内食の時間は搭乗券を持って、お待ちくださいな。

事前予約のメニューと金額(成田ーチェンマイ間)

エアアジアのサイトよりチケットを予約する際に、機内食も合わせて予約ができます。
一番お手頃なバリューパックについてくる機内食は「ノンベジタリアンメニュー」と「ベジタリアンメニュー」のどちらか、だけなのですが。

その他のパックと、別途機内食を選ぶ場合は、メニュー自体も選べますのよ。

※メニューの内容と金額は予告なく変動する場合もあるので、必ず最新情報をチェックしてくださいね。こちらの情報はあくまで参考程度で見てください( ^ ^ )

国際線メニュー

ML ノイのバジルフライドチキン・オン・ライス ¥600
料理人ホンの韓国風 鶏肉の甘辛ソース和え(タッカンジョン) ¥600
グリーンカレーチキン ¥600
照り焼きチキン丼 ¥600
カンボーチキンライス ¥600
パク・ナセルのナレシマ ¥600
ローストチキン ブラックペッパーソース添え ¥600
シェフ ホン・タイミーのINSPI(RED)バーガー ¥370
グリルチキン もち米添え ¥600
チンおじさんの鶏飯 ¥600
野菜たっぷり丼 ¥600

国内線メニュー

ML ノイのバジルフライドチキン・ライス ¥417
チンおじさんの鶏飯 ¥417
照り焼きチキン丼 ¥417
料理人ホンの韓国風 鶏肉の甘辛ソース添え(タッカンジョン)¥417
グリーンカレーライス ¥417
カンボーチキンライス ¥417
パク・ナセルのナレシマ ¥417
パッタイ ¥417
ローストチキン ブラックペッパー添え ¥417
シェフ ホン・タイミーのINSPI(RED)バーガー ¥348
野菜たっぷり丼 ¥417

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です