サンシャインハウス近くで朝食にお粥が食べられるカフェ 〜サンティタムブレックファースト〜

サンティタムブレックファースト お店
スポンサーリンク

朝食・ランチ・早めの夕食が食べられる
サンティタムのカフェ

今回宿泊したサンティタムのゲストハウス「サンシャインハウス」では、宿泊者用に簡単な朝食を用意してくれます。

が、すっごく近くにもおいしい朝食を食べられるカフェがあるんです。
朝早くから営業をしているので、お出かけ前の朝食にも使えます。
ランチもやってますので、ゆっくりとした朝にも使えます。
そう。
かなり使えるカフェなんです。

店名にもある通り、「ブレックファースト」つまり朝食なメニューがメインです。
アジアンな朝食の「お粥」が美味しくて、この界隈では有名なお店。
あ、もちろんランチでも食べたくなるメニューですので、私も朝食だけじゃなくランチタイムにも利用していました。
  
  

  

一押しはなんといっても「お粥」

日本ではお粥は病気になった時に食べるものとして定着していますが、日本以外のアジア各国では朝食の定番メニューだったりするんですよ。
ここタイでもお粥は朝食の定番メニュー。
朝食以外でも食べたくなるのがタイのお粥かも。

チェンマイにはお粥がおいしいと有名なお店は他にもあるけれど、サンティタムエリアではここ!
私がサンティタムブレックファーストで一番食べたのが、このお粥です。
このお粥が目当てでこのカフェに行くのです。

サンティタムブレックファースト お粥

タイにはお粥は大きく分けて2種類あるのですが、
これはそのうちの「ジョーク」というお粥。
英語では「Rice Porridge」です。
特徴は、お米のツブツブが細かく砕かれているお粥で、ドロドロな感じ。
もう1種類はお米の形がそのままのもので、感触はもうちょっとサラサラ。

私はいつもジョークばっかり。
こっちの方が好きなんですもん。
  

日本のお粥と違うところは、しっかりと味付けがされているところ。
そして具が乗っているところ。

サンティタムブレックファーストではトッピングの具も選べますのよ。
このお粥は、

   ポークのお粥に温玉のせ

でオーダーしました。

これで40バーツ。(約140円)
お手ごろ価格です。
 

  

店内の大きな黒板にタイ語と英語のメニューがあります。
タイ語だとわからないけど、英語ならなんとか!

ちなみに、ドロドロお粥の「ジョーク」はRice Prriedge。
サラサラお粥の「カオトム」はRice Soupです。

サンティタムブレックファースト メニュー

温かいお粥は生姜が効いていて、体の中から温まります。
暑いタイなのにっ。
とも思うかもしれないですが、これがまた良いっ!
これからしっかり動いてもらう朝の体にもちょうど良いのです。
そして、食べ過ぎたり緊張が続いたりでちょっと疲れちゃった時の食事にもお粥が良いのです。

サンティタムブレックファースト メニュー

  
   
   

アメリカンブレックファーストみたいな
メニューもあります

お粥がメインのこのカフェですが、
お粥以外にも朝食に食べたいもの、あります。
例えばこの、オムレツ。

サンティタムブレックファースト オムレツ

シンプルですが、焼きトマトもついてます。
これがまたおいしいんです。

オムレツにはトッピングを選ぶことができます。
これにはマッシュルームを。
トッピングと一緒にオムレツを作ってくれます。
なかなかおいしくて、お粥以外の朝食が食べたい時にピッタリでした。

オムレツ50バーツ+マッシュルームトッピング5バーツ=55バーツ
(約200円)

  
  
もっとしっかりボリュームのある朝食が良い!
って人は、トーストやベーコン、サラダがセットになったブレックファーストセットもあります。
120バーツとちょっとお高くなりますが、それでも約430円ほど。
  
  

シンプルなものからがっつりまで、朝食をまかなってくれる強い味方なのです。
ちなみに、ランチに食べたいメニューも朝食タイムから食べられますよ。

  
  

  
  

ランチに食べたいメニューもあるよ

お粥やオムレツも良いけれど、ランチっぽいものもあればランチにも行きたいんだけど・・・。

なぁんて場合も大丈夫。
ランチっぽいメニューもあります。
タイ料理の定番「パッタイ」も。
タイに行ったら一回は食べておきたいパッタイ。本場のパッタイも食べられます。
朝からガッツリいってもよし。ランチに食べてもよし。



ランチ的お食事メニューはパッタイ以外にも。
チャーハン、いろんなお肉のせご飯、トンカツやカツ丼、カレーライスなどの日本食なんかもありました。
フライドポテトやガーリックブレッドなどの軽食もあるので、軽く食べたい時にも利用できますね。

パッタイ(ノーマル)40B
パッタイ(焼き豚入り)60B
パッタイ(エビ)60B
にんにく揚げ豚ライス 50B
野菜炒めライス 40B
焼き豚ライス 50B
焼き豚ライス(甘ダレ)60B

タイ式オムレツ(豚/エビ) 40/50B
タイ焼き飯(豚/鶏) 40B
タイ焼き飯(エビ) 60B
鶏肉とイカの焼き平麺 50B
ケール入り焼き平麺(豚肉/焼き豚)
40/60B

豚カツ 85B
カツ丼 85B
牛丼 85B
カレーライス 85B
かつカレーライス 120B
ベトナムの朝ごはん 50B

スライスフレンチトースト 60B
ポーチドエッグトースト 60B
ガーリックブレッド 40/60B
フレンチフライ 30/40B

  

  

カフェメニュー・ドリンクメニュー
はコチラ

もちろんカフェメニューもあります。
チェンマイではちょっとした所にも意外としっかりとしたカフェメニューがあることが多いです。
路上も含めて。
日本よりも気軽にカフェラテなどのエスプレッソメニューも楽しめる気がする〜。

エスプレッソ
     ホット45B/アイス50B
アメリカーノ
     ホット45B/アイス50B
マキアート
     ホット45B
モカ
     ホット50B/アイス55B
カプチーノ
     ホット50B/アイス55B
ラテ
     ホット50B/アイス55B
イングリッシュティー
     ホット20B
抹茶グリーンティー
     アイス55B

フレッシュココナッツ 45B
チャンビール ボトル65B/缶40B
レオビール ボトル65B/缶40B
シンハービール 
ボトル75B/缶45B
赤ワイン グラス100B
コーラ 20B
ソーダ 15B
Schweppes 20B
ミルク 20B
水 10B
(無料の飲料水も有り)

      
広くはないけれど開放感のある
チェンマイっぽい庶民的カフェ

今時っぽいおしゃれで洗練されたカフェというよりは、庶民的でチェンマイっぽいというか、タイっぽいというか、アジアの雰囲気を感じられるスタイルのお店です。
日本のカフェを想像していると、気軽すぎるかもしれませんが(笑)
でも、これがチェンマイの良い雰囲気なのです。
開放感ありますが、清潔感はありますのでご安心を。

サンティタムブレックファースト 店内

 

ちょっとしたテラス的な場所も。
日中の暑い時は、店内のが良いかなぁ〜。
こんな感じなので冷房は効いてませんけど(笑)

  
  
テーブルには調味料も。
タイ料理は、食べる時に個人個人で好みの味に仕上げるのが通常のようです。
ちなみにここに置いてあるペットボトルの水は有料です。



無料の飲料水はこちらからセルフサービスで用意してくださいね。
庶民的なカフェや食堂でも、大抵は無料のお水は水道水じゃなく飲料水を利用しているので心配なく飲んでいますが、お腹が弱い人や心配な人はペットボトルの飲料水を買って飲んでくださいね。
私はいつも、無料の飲料水をいただいてます。
まだそれで、今の所お腹は壊してはいないようです。

クーラーボックスには氷が入っています。
カップに氷と水を入れて、ストローさせば、はいOK。

カフェスペース?はコチラみたいです(笑)
もちろんテーブルに座ってオーダーしても大丈夫。

  
  
  

サンティタムブレックファーストの
詳細

住所:18 2 ถนน Santitham Rd, Tambon Chang Phueak, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50300 タイ
住所(タイ語):18 2 ถนน ซอย สันติธรรม ตำบลช้างเผือก อำเภอเมืองเชียงใหม่ เชียงใหม่ 50300
電話:+66804935157

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です