ワイキキが15年くらいぶりで行ったらかなり違ってた!

コオリナ&ワイキキログ20160
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

hawaii2016 ワイキキビーチ

そーいえばハワイに行くなんて何年ぶりだろう。
久しく行っていなかった場所。
海外旅行では定番の場所だけど、けっこう好きな場所だけど、ずっと行ってなかったなぁ。
15年じゃきかないかな。
20年にはならないかな。
そのくらいぶりに行ってみたハワイ、ワイキキは当時の思い出の中の雰囲気とはかなり変わってビックリ。

 

まずはその人の多さにビックリ!

こんなに人、多かったっけ?
賑わってたのは覚えてるけど、ここまでの人の多さじゃなかったよー。
ワイキキに着いてまず思ったことがコレでした(⌒-⌒; )

メインのカラカウア通りにはいろんな国の人がバケーションで訪れたと思われる雰囲気をまとって行き交っていました。
さすがビーチリゾートNo.1のワイキキだね。
1本内側のクヒオ通りはそこまで人が多くはなかったけど。

その人の流れの一部を私たちも作ってまいりました。

 

 

ワイキキビーチの砂浜はもっと広かった気がする?!

hawaii2016 ワイキキビーチ

あれ?こんなにせまかったっけ?

久しぶりに見たワイキキビーチの雰囲気の違いにびっくり。
人が多いから、とかそんなことではなく、記憶の中のワイキキビーチよりも断然砂浜の幅が狭くなってました。

もしかして今回みた時は満潮だったのかしら?

その狭い幅の砂浜に、ワイキキのビーチを堪能している人がたくさん。
せっかくビーチが目の前のホテルに泊まったのでワイキキでも海でビーチで楽しみたかったんだけど、今回はその時間はあまりないかな〜。

ビーチにはパラソルだけじゃなく、子供も一緒に楽しめるイベントをやっていたり、ビーチマッサージをしていたり。
個人的にビーチでマッサージ。いいわぁ〜♪
受けたいわぁ〜♪

 

 

こんなに夜はイケイケな雰囲気だったっけ?

hawaii2016 ワイキキビーチ

人の多さに驚いた昼間のワイキキ。

夜は夜で。
どこもかしこも夜になるとパーティ系のノリノリな雰囲気のお店ばかり。

夕飯を食べようとレストランを探しても、どこもワイワイ、ノリノリ。
証明をちょっと落として、音楽のボリュームを上げて。
ワイキキってこんなだったっけ?

若い大人だけならそれもとても楽しい夜の過ごし方になるんだけど、
家族連れだとどうもちょっと過剰な雰囲気(⌒-⌒; )
明るい証明の中、もうちょっと静かな、おしゃべりがストレスなくできるレベルの音響の中で食事をしたいなぁ。
と思うこともありました。

お店を選べばちゃんとそういうお店もあると思うのよ。
ただ、私たちの目についたお店がそーいうイケイケなお店が多かったなぁってね。

逆に、ワイワイテンション上げて楽しむにはかなり良いわよぉ〜♪

 

 

物価が高い!

こんなに物価、高かったっけ?

もちろんハワイの物価が安いとは思ってはなかったわよ。
リゾート地だしね。

あの頃はまだ若かったから、安いお店ばかり入ってたからかしら。
テイクアウトものばかりを買って食べていたからかしら。

レストランに入って食事をすると、1品1品のお値段が高い!
1品1,500円前後が当たり前。
2,000円を超える1品だって普通にあるよ。
なんだか日本の東京よりも物価が高い気がしますー。
どこもホテルのレストランみたいなお値段ね。

なのでそれに従ってホテルのレストランだってその分お値段は高くなりますわね。

カジュアルなカフェでも、やっぱりお高め。
東京のカフェもお値段安くはないけれど、ハワイのカフェはそれよりもうちょっとお高いです。

 

 

インターナショナル・マーケット・プレイスが、ないっ!

前回来た時、まだまだ若かった頃。
食事や買い物で大変お世話になった「インターナショナル・マーケと・プレイス」がなくなってるぅぅぅぅぅ!

 

ワイキキの中心にあって、お手ごろ価格の1プレートランチが充実していたのよ〜。
ランチや夕飯に何度もお世話になったっけ。

ところ狭しと並んでいたお土産の屋台街も、見て回るだけでも楽しくって。
しょっちゅうインターナショナル・マーケット・プレイスの中を通ってたっけ。

 

ほんの少しだけお土産の屋台は残っていたけど、隅においやられちゃった感じね。
きっと今頃はメインの場所に新しいインターナショナル・マーケット・プレイスがオープンしている頃だと思いましてよ。

キレイに整備されていて、いろんなお店も入ってるんだろうなぁ。

ちょっと寂しいけど、次にワイキキに行った時の楽しみにもしてみよう。

 

 

 

 

かなり時の変化にびっくりしたけど、また次来た時の変化を楽しみに♪

 

 

 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました