プーケットの雨季は今日もレイニーディ。雨季はやっぱり雨の日が多いです。

雨季のプーケットに遊びに行ったのですが。

そりゃそーだけど、やっぱり雨が降るんです。

南国のプーケットだから、雨季と言ってもスコールみたいな雨がザッと降るだけ。

日本の梅雨みたいに雨がずっと降っていることはほとんどないよ。

って聞いてましたけどぉ〜。

実際、2016年の雨季は、1日中 ”雨” って日、けっこうありました(笑)

ま、そんなときはゆっくりのんびりとホテルで過ごすのも悪くない。

のんびりリゾートライフでも満喫しましょーよ。

雨に濡れた南国の植物たちの風景も、これまた南国っぽさを感じさせてくれるしね。

スポンサーリンク

プールには入れませんね。朝から雨だもの

朝起きると、庭側の大きな窓から見える外の景色は雨模様
雨季だものね。
仕方ないよね。

そんな日はのんびりすることに決定〜〜♪

???

毎日のんびりと過ごしている気もしますがね(笑)

雨季の雨の日はさすがに肌寒くなるので、プールで遊ぶのは無しね。

プールに入ってもどうせ濡れるんだから、雨が降ってても遊べるけど。
小さい1歳児を連れているわけだし、濡れたままじゃ風邪ひいちゃうし。
滞在日数に余裕があるんだから、無理はしなくていいと思うよ〜。

さて、プールで遊べないとなると、何しよう???

日本人的には、旅行先で何かしないでいるのはもったいないような気になるのか、
どうも予定を詰め込みたくなるんですけど。

ここは欧米人の休暇の過ごし方をちょっと見習ってみて、
休暇をしっかりと過ごしたいと思います。
疲れないバケーションも、たまには良いと思うわけ。

まずは朝から朝ごはん。
前日に買っておいた半額のパンもあるし、その他にも買い物したフルーツなんかもあるから、それらをテーブルに並べてゆっくりとお部屋ご飯。

窓の外の雨の景色を眺めながらの、それはそれで優雅な時間。

部屋の中では1歳児があっちこっちと歩き回る、歩き回る。
彼にとってはこれも十分に楽しいみたいね。
ま、すでに朝早くから音楽とともにダンスしながらテンション上げてますけどね〜。

部屋の中でも動き回ってくれれば、1歳児の体力も消耗できるでしょう(笑)

彼の体力を消耗してあげないと、消化不良になってグズっちゃうからね。
しっかり動いて、しっかり食べて、しっかり寝るっ!
チビの基本です。

朝食が終わったらお部屋で読書でも良いんだけど、
ホテル内のお散歩も良いよね。
チビの体力も好奇心も満たしてあげないと。

お部屋からフロントに電話すればお部屋のすぐ近くまでバギーをまわしてくれるから、ビーチクラブの宿泊棟からでもロビー棟まで雨が降っててもゆったり行けちゃうから便利。

もちろん部屋に備え付けの傘を使って、中庭を歩いて行ってもOKよ。
傘は人数分ないんだけど、大きめの傘なので二人で使っても十分です。

お散歩がてら、中庭を傘さして行くのも、また気持ちが良かったりもしちゃいます。

キッズスペースもあるっ!

ホテルの敷地内は広くて屋根のあるところもたくさんあるから、のんびりと敷地内を散歩したり、あちこちにあるソファなんかでくつろぐのもアリ。
フロントデスク前にはロータスポンドを眺めながらのんびりできる椅子もあるから、そこで風を感じながら過ごすのも、とってもアリ。

でもね、1歳児はそれだけではつまらんわけよ。

廊下を行ったり来たり( ̄▽ ̄)

それもまた楽しいらしい。
そして見つけた階段。彼は階段をロックオン!
大人の手を引きながら、階段を一段一段降りたり、そしてまた登ったり。
なんども往復して階段の上り下りを楽しんでました。

こーゆー遊び道具じゃないものでも、1歳児にとっては立派な遊び道具になるのね。
おもちゃとか遊び道具なんていらないんじゃない???

とかって思ってもみたけど、JWマリオットにはキッズスペースがあるんですよ。

宿泊者は無料で利用できます。

キッズスペースの入り口は子供が勝手に出て行ってしまわなよう配慮がしてあるし、
スタッフも中に常駐してるしね。

もちろん、キッズスペースで子供が遊ぶには保護者の責任のもとで遊ばせるのが原則ですけどね。

うちの1歳児みたいに小さい子供から活発に動き回れる小学生とかまで、けっこう年齢層は広かったよー。
おままごとやぬいぐるみ、絵本で遊べるスペースに、もう少し大きい子供用に、テーブルで工作ができるスペースもアリ。

そーいや、工作スペースには小学生よりも大きい子供もいたような気もする。

これなら雨の日でも、子供は退屈しなくてすみますわね〜。

うちの大人たちは数人いるので、全員がそばでずっと見守っている必要はないので交代で1歳児のお守りを。
大人一人が付き添っていれば十分だからね。

残りの大人はカフェタイム♪

想像以上にこのキッズスペースが気に入った様子のうちの1歳児さん。

付き添いの私の存在なんてすっかり忘れているかのように、一人集中して遊んでおりました。
おかげですっかり、私は放置・・・。
ねぇねぇ、たまには一緒に付き添っている私のこともかまってくださいよ・・・。

平日のお昼はウミガメさんタイム

ずっと行ってみようと思いつつ、気づいたらいつも時間を逃していた平日のイベント。

「マリーン・タートル・エデュケーション・プログラム」

JWマリオットではウミガメを保護する施設があるみたいで、平日はそのウミガメのお話や餌やりタイムを見学することができるのですよ。
敷地内にこの施設があるから、わざわざどこかへ行く必要がないのが便利〜。

この施設は平日は毎日開いてはいるんだけど、
餌やりタイムは11:00-12:00ですよ。

竹で囲まれた中にウミガメさんたちはいらっしゃいます。

キッズスペースの裏側。
レッドプールの子供用エリアの裏側。

にあります。

時間になってから中に入ったら、そこには家族連れがたくさん。
そんなに広い施設ではないから、ウミガメのいるプールの周りにはすでに人だかりが。
でも、ウミガメが見えないほど人で囲まれているわけでもないので、ま、さほど急がなくっても大丈夫でしょう。

でもね、水槽の一番前に小さな子供を優先して見させてあげてるんだけど、
子供達は近くにいるウミガメをノリノリで覗くわけですよ。
身を乗り出しながら、ね。

そこっ!気をつけてっ!

身を乗り出しすぎるとウミガメプールへドボンっ!しちゃうからっっっ。

実際に5歳くらいの男の子が身を乗り出しすぎて、あわやドボンしかけたのを見ちゃいましたから。
危ないっ!と思った瞬間、男の子の隣にいた男性が気付いて、慌てて男の子を掴んでくれたから落ちずにすんだけどね。

本当に危なかったわぁ〜。

うちのチビさんは、興味はあるけどビビりなので、じぃじに抱っこされたまま大人しく見学されてました(笑)

ウミガメを保護している施設なので、ウミガメに対するちょっとした情報を話してくれたり、
また、ウミガメ保護のための寄付を呼びかけたりして餌やりタイムはスタートです。
こーゆーお話をきくのも、また、大切なことだね〜。

実際に餌やりタイムは、、、

実にウミガメさんの食べる姿は予想を上回るハードさでございました(笑)

この施設内にウミガメをデザインしたTシャツも売ってました。

なかなかデザインもかわいいので、寄付とか関係なく買いたくなるものです。
我が家も「欲しいねぇ〜♪」なーんて言ってたんですけど、
ウミガメのハードはご飯中の風景に、すっかり忘れて帰ってきてしまいました。。。

夕飯はデリバリー!

遅めのランチをいつものサイアム・デリでのんびりと。
雨だしね。

とのんびり過ごしていたんですが、夕飯をどうしましょ。。。

雨も降ってたし。(夜にはやんでましたけど。)
ランチも遅かったし。
遊び疲れた1歳児さんは寝てしまってるし(⌒-⌒; )

な状況だったので、夕飯はちょっとチャレンジをしてみようかと♪

それはね・・・

デリバリー( ̄▽ ̄)

なんでも、ホテルからちょっと行ったところにローカルレストランがあるんだそうよ。
味もなかなか評判のところ。

でも、歩いて行くにはちょっと距離があるので車を手配するか、自転車で行くしかないのよね。

でも実は、ここのローカルレストラン、なんと!
デリバリーもやってくれるらしいのよっ。
しかも、ホテルでもデリバリーは可能ってんだから便利じゃないのぉ〜♪

そのローカルレストランの名は

「キンディー KinDee」

デリバリーは電話でね。

メニューがわからんと注文もできない!

と思い、サイトを探してみると、ありましたぁ〜〜〜〜♪
電話番号もあったのよ。
でHPでメニューを見て、注文したいものをピックアップ。
その後、部屋の電話からお店に電話して、デリバリーをお願いしてみました。

このお店、ローカルレストランだけど英語が通じます。
タイ語だったら注文、できなかったもんなぁ。。。

サイト:http://www.kindeerestaurant.com

フードメニュー:http://www.kindeerestaurant.com/en/food-delivery.html

デリバリーはホテルのロビーまで来てくれるらしい。
(本当は部屋まで来てくれたりするのかな?来てくれないのかな?)

フロントから部屋に電話があって、
「キンディーが来てるけど注文したのか?」
と確認されました。

その電話を受けてすぐ、ロビーへ向かい、キンディーのお兄さんからビニール袋の入ったご飯たちを受け取り、お金をそこで支払い、デリバリーは完了〜。

あとは部屋に戻って、ご飯にするだけ〜♪
コンドミニアムだからやりやすい、このデリバリー。
普通のホテルのお部屋でもできるけど、食器とかを考えるとコンドミニアムの便利さを満喫。

さぁ、さっそくデリバリーしてもらったものたちをテーブルに広げよう♪
この瞬間が、これまた楽しい♪

あれ、もしかたしたら頼みすぎちゃった?

さて、何を買ったんだっけ?

オープンですっ!

チャーハンにサテー(焼き鳥みたいなの)、オムレツにイカフライ、エビのすり身フライ、ソフトシェルクラブ入りのマンゴーサラダとかとか。

これ全部で1,180B
約、4,000円弱

一つが150B~250Bくらいのものを注文してました。
一つ一つは日本の定食屋さんよりもちょっとお安め、くらいなお値段設定。
タイのローカルにしてはちょっと高めかな。
でも、コーヒークラブとかと比べたら、ちょっとキンディーのが安いです。

それでもまぁまぁ、良いお値段いたします。
もちろんホテルのレストランとかよりはお安いですよ。
大人5人で食べる量で注文しました。

結果的に多く頼みすぎたのか、残しちゃいましたが。。。
やっぱり頼みすぎたか。。。
残りは翌日の朝ごはんなどに回させていただきました。

夕飯もデリバリーにしたので、本当に1日のんびりと過ごせちゃいました。
たまにはこんなバケーションも良いでしょー。
せかせかいろんなことをするのも楽しいけど、休日を休暇を、のんびりを楽しむのも、
またバケーションってもんよね♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です