チェンマイに来るとなぜか行っちゃうベジタリアンのお店

チェンマイグルメ2015
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

CM2015_vgrst_cmg_1

野菜も食べますが、断然肉派のワタクシでございます。

東京にいるときは、見向きもしない(笑)ベジタリアンのレストラン。
なぜでしょう?
チェンマイだと普通に行きます。
通います。

ベジタリアンレストラン♪

スポンサーリンク

ランチは近くのベジレスへ

ホントにね、東京では行かないんですよ。

まぁ、東京のベジタリアンのレストランとか、オーガニックのカフェとかってお値段高いってのもありますけどね。
肉派なんで、どうしても興味が ”肉” に行ってしまう。。。

なのに、なぜ???

チェンマイに来ると、普通にベジタリアンのレストランへ入ります。
しかも、
「今日はベジレスに行こうかなぁ〜。」
なぁんて考えちゃったりもするんだから、不思議です。

チェンマイには確かにベジタリアン向けのレストランだったりカフェだったり、ローカルな食堂だったりが多いと思います。

それだけベジタリアンが多いのでしょう。

ヨガをやっている人も多く滞在しているので、
そういった方たちの需要も大きいからでしょうか???

それともそういう文化なのでしょうか???

ちなみに私はベジタリアンではございません。

でもね、野菜をしっかり食べたくなったり、
ふつうにおいしくてお店に行きたくなったりしてます。

@チェンマイ

3日目のお昼ご飯は、
これまた近所のローカル食堂。

ベジタリアン食堂へ♪

ローカルなベジレスにありがちな注文方法は、
ショーケースに並べられたお惣菜?おかず?

の中から好きな物を選び、ご飯にのせてもらって食べるスタイル。

おかずのぶっかけご飯的な♪

これがまた、おいしーんだ♪

肉派の私が言うんです。
ベジタリアンじゃなくてもおいしくいただけるのです^ ^

これがこの日のランチです。

CM2015_vgrst_cmg_1

こんな感じでご飯におかずをぶっかけてもらいます。

おかずを選ぶ際には、「スパイシー」かどうかを聞くのを忘れずに!

タイのおかずはふつうに激辛が混ざってます。

(ぜんぜん辛くないのもちゃんとありますよ〜。)

日本でちょっと辛いのが好きな私なので、
辛いやつ食べたい〜♪

なんて調子にのって辛いのを頼んだら、想像以上に辛かった思い出が。。。

それ以来、辛い物には慎重になります。

だって、辛すぎて食べられなくなるんだもん。。。

おかずや料理を指指して、

「スパイシー???」

と聞くと、大抵どれくらい辛いか答えてくれます。

食後のドリンクはタイらしく♪

ランチをしたベジレスにあったドリンクが気になりました。

フルーツ系からハーブ系まで、身体に良さそうなドリンクたち(≧∇≦)

いろいろと悩みましたが、私はタイらしく、

「バタフライピー」別名「アンチャン」のジュースを。

タイ名・アンチャン

は、青紫色の花で、お茶やジュースにするとありえないほど真っ青な色になる粋なお花です。

初めて見ると、かなり怪しいドリンクに見えます(笑)

実際、アンチャンを知らない人がアンチャンのドリンクを見ると、
ちょっとばかし引いてます(⌒-⌒; )

これが、アンチャン。
バタフライピーのジュース♪

CM2015_vgrst_cmg_drink1

言うほど青くないですね(⌒-⌒; )

というのも、バタフライピー(タイ名・アンチャン)って、レモンとかライムとかを入れると色が変わる、キレイなお茶なんです。

このジュースも、ライムが入っているので真っ青じゃなく紫色をしているんですね。

バタフライピーはお肌にも頭皮にも良いらしいっす。

お肌に良いなら、いっぱい飲んでやるか( ̄▽ ̄)

このバタフライピー(アンチャン)は、チェンマイの街中でもよく見られます。

ランチにベジタリアンなぶっかけご飯に、食後にハーバルジュース。

なんてヘルシーなんでしょう♪♪♪

時々、東京よりヘルシーな食生活になるチェンマイライフですV(^_^)V

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました