出国後のひとときはラウンジで過ごすのだ♪

チェンマイ機内・空港2015
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
0df282cf725cecbde07f8a7e37d32879_s
荷物をJALに預けて身軽になったところで、さっさと出国いたします。
なぜって、それはね、ラウンジを利用するためだよ( ̄▽ ̄)
エコノミーなのになぜにラウンジなんで利用できるの???
って感じでしょ♪
通常、空港のラウンジってエコノミーでは使えないことがほとんどで、ビジネスクラスとかファーストクラスとかの利用者のための出発までのくつろぎの空間を提供するものだと思うんです。
だけど、今回私は、エコノミーなのにラウンジ利用です♪
スポンサーリンク

エポスカードのゴールドカードがあると、ラウンジが無料で使えるの!

利用する座席がエコノミーでも、ラウンジが使えるのはプライオリティパスを持っているかクレジットカード付帯の特権か、です。
私は、エコノミーですがクレジットカードに付帯されている特権でラウンジを利用できるのです〜♪
エポスカードのゴールドカードだと、なんと羽田空港の国際線のラウンジが利用できるんですね♪
(ゴールドカードではあるけど、私の場合は年会費がかからないので無料でラウンジ利用です♪)
>>まずは普通の【エポスカード】はコチラから
せっかく利用できるんだもの。
スマホやPCの充電もしたいし、外のカフェでお金を払ってコーヒーを飲むのもいいけど、ラウンジでゆっくりと出発までの時間を過ごさなきゃっ(≧∇≦)
それに、ラウンジの利用って、なんか優雅な感じ、しません?(笑)
国際線のラウンジは、保安検査場を通って出国手続きを済ませて出国してから利用できます。
なので、さっそく出国手続き〜。
出国手続きが終わるとそこは免税店などの広場。
その場所の目の前のエスカレーターを上がると正面に一つ目のエポスカードのラウンジがございます^ ^
自動ドアを入ったすぐ左側に受付があるので、そこでエポスカード搭乗券を見せましょう。
確認取れ次第、中へのGOです。

羽田空港の国際線には2つのラウンジが利用可能です

中に入ると、飛行機側に面して大きな窓のあるお部屋でした。
そんなに広くないかな。
こじんまりとした感じ。
エポスカードのラウンジにはもう一つあって、そちらの方が収容人数的に3倍の広さであろうと想像できます。
けどもう入っちゃったし移動するのも面倒なのでこのまま、このこじんまりしたラウンジで過ごすことにします。
窓から飛行機も見れるしね^ ^
室内は、窓側のカウンター席、1人用のソファ席、大人数が座れるテーブル席、などなど。
それぞれの席にコンセントがついているので、出発待ちの間に充電することができます。
それだけでも利用価値がある気がします。
ここ、今の時代かなり大事!
ソフトドリンクとコーヒーと紅茶など、それなりの種類はありますが、
アルコールは有料ですので、ビールなどを飲みたい人はスタッフに声をかけて注文するようになりますね。
ソフトドリンクは無料ですので、自分で取りに行くセルフスタイル。
 CM2015_loungejuce
食べ物はありませんでした。
もしかしたら有料であるのかな???
私は夕飯も済ませてきたし、夜中のフライトだし、さらに機内食も出るだろうから、出発前にはとくに何も食べるつもりもないしなぁ。
だからラウンジでは飲み物だけで十分♪
飛行機を正面にする大きな窓ガラスに向かったカンターでスマホとPCを充電しながら、メールチェックとか、スマホの海外仕様への準備とか。
カウンターにはコンセントの口が2つあったので、スマホもPCも両方一度に充電できて、ナイス〜♪
 CM2015_epslounge_cnsnt
スマホの海外仕様への変更。
年々、海外でのネットワークが使いやすく便利になりますよねぇ〜。
タイではフリーでWi-Fiにつなげるところが結構多くあるので助かります♪
これでタイでも無料でネットが使える。
ちなみに、羽田空港でもフリーWi-Fiがあります。
ログインして名前とメールアドレスを登録して利用可能〜。
さっそくログインしてWi-Fiを利用させてもらいました。
これで準備はOK!
そろそろ出発の時間が近づいてきたので、搭乗口へ移動しますか。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました