海外でもそのまま月間20Gのデータが使えるahamoをとりあえず先行エントリーしちゃおうか

たびの準備と基本情報
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

昨年、2020年の12月にドコモの格安新プラン「ahamo」が発表されましたね。
月額2,980円で20Gまで使える
っていう魅力的なプラン。

どんな落とし穴があるか、と思って様子見をしていましたが。
海外でネットをするのであれば、とりあえずもう先行エントリーしちゃいますかね。

月額:2,980円(税抜き)
データ容量:20G
通話:5分以内の国内通話無料
提供開始:2021年3月26日

 
 

スポンサーリンク

キャンセルできるので、とりあえず先行エントリーしておく

ahamoプランが提供開始(2021/3/26)の前日までに先行エントリーをした上でahamoに契約すると

dポイント3,000ptプレゼント(期間・用途限定)

なんだもの。
うっかりしているといつの間にかプランが開始しちゃっている可能性が大いにあり得るから、さっさと先行エントリーしておくことにしました。

正直言うと、まだahamoにプラン変更するかは迷っているんです。
だから先行エントリーせずにいたんですが・・・

先行エントリーはキャンセルができる

そうなんです。
キャンセルできるから契約開始までしっかりと検討すれば良いのです。
先行エントリーは本契約ではないので、ahamoにしたくなければ本契約をしなければOKです。

予約しておいて、実際に契約するのであればそのまま本契約をしてdポイントをいただけば良いのだ。
 
 
 

海外でも月間20Gがそのまま使えるっ!

海外旅行をする人にとって、これはとってもありがたい!
これまでも日本で使っているいつものスマホをそのまま海外でも使う「海外ローミング」はありましたが、日本のプラントは別料金が必要でした。

海外ローミングって、500円〜2,000円/1日だったりしてましたのよ。

1日くらいだったら良いけど、海外旅行中ずっとネットができる状況にすると、まぁまぁな金額になるわけですね。
一昔前に比べれば安いですよ。1日1,000円だったら、7日間で7,000円ですからね。
あ、やっぱり、まぁまぁ痛手な出費だな・・・。
 

それがドコモのahamoプランだと、月間20Gが海外に行ってもそのまま利用できるんだもの。
しかもSIMを入れ替える必要もないわけだ!

現地SIMを利用する方法もあるけれど、それよりももっと簡単に手軽になるわけよね。
20Gじゃ足りない場合は、現地SIMを利用すればいいんだもの。
 

これは海外旅行に行く人にとっては、かなりのgoodポイントよ。
 
 

中国に行くなら、海外ローミングが丁度いい

中国ってネットの検閲が厳しいのよね。
私たちが普段利用しているサイトがことごとく利用できないのよっ。

・LINE
・googleサービス全般
・Yahoo!検索
・Facebook
・Instagram
・Twitter
・Dropbox
などなど・・・

現地のフリーWi-Fiでネットが使えても、これじゃぁ結局なんにも使えないじゃないっ。
意味がなぁぁぁぁい。
 

でも海外ローミングだと中国のネットワークを利用せずに外国のネットワークを利用していることになるので、上記の検閲が入らないわけなんですよ。
ということは、ドコモのahamoで海外ローミングすれば日本でいつも使っているサイトも中国でも利用できるってわけですね。

こんなところにもahamoのメリットがあったんだ!

いろいろと無いプランだけど・・・

今のプランから考えるとびっくりするような料金体系だけど、それにはそれなりの理由があるのが今度の新料金プランです。
そりゃ、そーだ。

・キャリアメールが使えない
・留守番電話機能に非対応
・3G回線が使えない
・転送電話に非対応
・各種割引の対象外(カウントのみ対象のものはある)
・「ずっとドコモ特典」のポイント付与がない(継続利用期間は引き継がれる)

なくても良いかなぁ、というものもあるけれど使い方次第で「無いと困るっ」という人もいるのも確かだと思うのよね。
そこがプラン変更を迷うところですね。
 
 

キャリアメールが使えない

私、ずっとドコモだったのでキャリアメールはだいぶ昔から使ってるんです。
なので古い知り合いなんかはキャリアメールしか知らない人も多いんです。
でも・・・
ここ数年、キャリアメールで連絡取り合って無いやf^_^;)

Gメールがあるのでそれを使っているし、これまでキャリアメールを使っていた人もGメールなどを取得して利用すればキャリアメールが使えなくなることが解決しそうじゃ無いかな。
ただ、メールアドレスが変わることをみなさんに伝えなくてはならないことはちょっと面倒よね。
 
 

留守番電話に非対応

私も留守番電話サービスは加入しているので、留守電があった方がいいと思ってはいます。
が、確かにそんなに使ってないな・・・。

タイミングが悪くて電話を取ることができないことがあるので留守電があった方が安心。
だけど、留守電に残してくれる人は少ないかな。私の場合。

そう考えると、留守電が使えなくなっても、私は大丈夫なのかもしれない。
 
 

3G回線が使えない

ドコモは山や海などでも他のキャリアよりも電波が届きやすいので、私はずっとドコモユーザーです。
最近はauもだいぶ電波が届いているイメージがありますが、やっぱりドコモの方が強いイメージがあるんですよね〜。

街中だけなら問題ないのだけど、私はウィンタースポーツが好きなので雪山にも行くんです。
そうすると3G回線で繋がっている場合も、たまにあるんですよ。
3G回線はごく稀だ、と言う意見も見かけましたが、私の経験的にまだ山などでは3G回線で繋がることを見かけるんです。

ahamoだとその3G回線が使えないっていうわけでしょ。
正直言うと、それ、ちょっと困るなぁ〜。

山の上では緊急時に電波がつながるかどうかって、かなり重要なことになるわけなので、ここが私のahamoにするかどうか悩むポイントですね。
 

転送電話に非対応

留守電が使えないなら、転送して留守電のアプリに、とか。
海外にいる時は電話を転送して、とか。

の方法が使えなくなります。

海外で電話を転送したい場合、ahamoなら現地でそのまま使えるから転送する必要もなくなるかな。

となると私にはそこまで重要なことでは無いかもしれない。

各種割引の対象外

これはさ、ahamo自体がもう安いから、最初から割引された状態の料金だから、良いのかなぁとも思ったのよ。

だけど、割引の中には「ファミリー割引」とかで他の家族の料金や通話料が安くなるものがあるわけよね。

でも大丈夫。

ahamoプランの人には割引にならないけれど、「ファミリー割引」のカウントにはなるから他のプランの家族に対しての割引は適用されるようになるみたいだからね。

つまり、今まで家族4人だったのが1人ahamoにしても家族は4人としての割引率が適用されるの。
ただし実際に料金が割引されるのはahamo以外のプラン加入者のみになる、ってことよね。
ま、家族にドコモユーザーのいない私には関係のない話だけど・・・。
 

私が気になったのは「ずっとドコモ特典」よ。
山での電波状況を考えてずっとドコモユーザーの私なので、長期利用者への優遇は嬉しいのですよ。(最近は長期利用ユーザーの特典が少なくなったけどさ)

ahamoにしても「利用継続期間」は引き継がれるみたいなんだけど、「ずっとドコモ特典」として付与される誕生月のポイントはなしになるみたいね・・・。
これまでの利用期間が「0」になるわけではないけれど、だからと言って何かしてくれるわけでもない、ってことだ。

ahamoにプラン変更して、その後また「ずっとドコモ特典」対象のプランに変更した場合、ポイント付与の対象になるってことよね。
利用期間がそのまま引き継がれているから「1年目」にはならないって解釈よね。


 

まとめ

海外で利用することを考えるとahamoにすることはメリットしかないけれど、その他のことを考えると「ギガホ プレミア」も検討するべきかな、とかっても思うわけです。

ただahamoの月額料金はとっても魅力的。
とりあえず先行エントリーを忘れないように、さっさとエントリーしてポイントをもらえる条件を1つ満たしたおいた状態で、もう少し考えてみるとするわ。
 
 

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました