JAL成田発ーコナ行きの機内食とスカイワイダーシートはこんな感じ

JALで今年2017年の秋からハワイ島のコナ空港への直行便の就航が開始されましたぁ〜。

ワイキキのあるオアフ島以外の島へも直行便で楽チンに行けるようになってラッキー♪

以前から自然溢れるハワイ島へも行ってみたかったんだよねぇ〜。

ということで、成田空港発のJALコナ便の機内をチェックです。

《子連れ海外旅行DATE》
子供の年齢:2才2ヶ月
性別:boy

スポンサーリンク

ハワイ・コナ線データ

ハワイ島のコナ国際空港への直行便、JALさんのフライト。
このフライトデータです。

便:JL770(往路)、JL779(復路)
機材:SKY SUITE 767
クラス:エコノミー
設備:WiFi、機内エンターテイメントシステム「MAGIC Ⅴ」
アメニティーサービス:スリッパ

MAGIC Ⅴ 2017年12月のプログラムはコチラ

機内食は資生堂パーラーです

JALさんの機内食、いろいろとテーマが考えられてますねぇ〜。
おかげでエコノミーでも機内食を楽しめますよ。

コナ線の成田発の便です。

ハワイのオアフ島は「俺の」シリーズの機内食でした。
▷▷▷ハワイ便「俺の」機内食とスカイワイダーシートで行ってみたも良かったら^ ^

いろいろとこだわりのテーマがあるようです。
ちょっと機内食も楽しみになるわよ。
エコノミーだってね♪

実際の機内食がこちら

離陸してしばらくするとドリンクサービスが始まりますが、そのドリンクサービスが終わると出てまいりますのが機内食。

資生堂パーラーですわよ。

(写真を反転させたら文字が逆になってました(⌒-⌒; )失礼っ)

チーズケーキなんてものも添えられてましたわよっ。
個人的にちょっとテンションアップ♪

しかも、まぁまぁおいしかったわ〜^ ^

最近の機内食って、おしいものが食べられるようになりましたよね。

私的に気に入っているのが、タイ国際航空の国内線で出るブリトーみたいなヤツ。
あれが以外と地味においしいのよ。
▷▷▷バンコクで乗り換えたタイ航空プーケット行きも参考に

朝食は最初に配られます

ハワイ線は距離が長いので、フライト時間が長いので、機内食が2回出ます。
1回はメインの食事。
もう1回は軽食です。

夜に成田を出発する便だと、まず夕飯が出てその後朝食。
って感じになりますね。
コナ線も同じで、夕飯に当たる機内食が出て、到着前に軽食を食べる。
みたいな。

と言っても朝ごはんに当たる軽食は前もって先に配られるんですけどね。

マフィンとお水です。
ペットボトルのお水は地味にありがたい。
機内にいると乾燥するからこまめに水分補給をしたいのだけど、そう何度もこまめにCAさんを呼ぶのも、ね。
自分的にも何度も呼ぶのはちょい面倒だし(笑)

最初に軽食を配れるので、あとは自分の好きなタイミングで食べれば良いわけですよ。
先に食べちゃっても良いですけど、あとでお腹空いちゃいますよ(笑)

この軽食、チャイルドミールを頼んでおいた2才児さんにも同じ内容で配られました。
内容が違うのはメインの機内食だけみたいですね。

スカイワイダーでちょっと広々エコノミー

成田空港発のハワイ島・コナ空港行きの便には、
JALのエコノミー新シートである「スカイワイダー」が導入されてます。
今回のコナ行きもスカイワイダーで行ってきました〜♪

▷▷JALスカイワイダーのシート詳細HPはコチラ

エコノミーの席ですけど、座席ピッチが少し広くなっているようです。
確かにちょっと広い気がしますわ。
ハワイまでは距離があるので、少しでも足元や横が広いと楽ですね。

背面は全面黒いデザイン。
今では当たり前ですけど、個人用画面に取り外せるリモコンとね。

で、スカイワイダーには全面に今では増えてきたUSBもありますよ〜。
この写真では画面の左側に上着かけのフックとその下にUSBがあります。
さらにその下に小さなポケットがあります。
USBで充電しながらスマホを入れておくこともできますねー。
反対側の右側にも小物入れがあります。

そうなんです。
このスカイワイダーにはとにかく小分けされたポケットがいくつもあるので使いやすいんですよ。

画面下のポケットにも、小物入れだったりペットボトル入れだったりのポケットがあります。

ちなみにPC用の電源はシートの下にあります。
見づらいですけどね。
手で探ると見つけられます。

のんびり伸び伸び、到着後の体力を自分もスマホも機内で養っておきましょう♪

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です