ハワイにも持って行った『旅のお共グッズ』私バージョン

旅行に行くとき、国内でもそうだし、海外ならなおさら。

パッキングするのも、持って行くものを厳選するのもいろいろ考えてみたり。

持っていける量に限りのある旅行のお供グッズたち。

海外旅行のときの私の場合をご紹介してみたいと思います〜。

スポンサーリンク

旅行前の準備にも旅行中にも活躍する、
ラゲッジスケール!

以前にも紹介したことがあるんですけど、地味に活躍してくれる、地味に便利な、海外旅行へ行くなら買うのをおすすめしちゃうもの。

それが、

ラゲッジスケール!

これこれ♪

恐怖の重量オーバーに対抗するには、ラゲッジスケールで事前にスーツケースの重さを測っておくべしっ!

空港のチェックインカウンターでドキドキしながらスーツケースの重さを測られるくらいなら、自宅でしっかり重量制限以内にしておくのがオススメ。

自宅

一般的な体重計だと測りにくいのよ。
帰国するとき、ホテルに体重計、ないこと多いのよ。

私も買ってからはかなり重宝してますわ。
数値の誤差は200〜300g程度なので、このくらいなら許容範囲。
帰りはお土産買って帰るから、その分のスペースも空けておくのも忘れずに。

小さいし軽いから旅行に持って行くのも邪魔にならんよ。
おかげで帰りのパッキングのときに、スーツケースに入れるものとバックパックや手持ちの荷物に入れるものと分散することができました。
うまく預け荷物と機内持ち込み荷物の重量にわけるのって、けっこう難しいからね。

パスポートケースは100均ものです

パスポートケース

皆様、パスポートケースってどうしてます?

「裸でそのままバッグへ入れてるよー」
「トラベル用のパスポートケースで持ち歩いてますー」
「パスポートはポケットかな」

まぁ、いろいろとあるでしょうよ。

パスポートって空港のチェックインカウンターから始まって、離陸して到着して現地の空港を出るまで、かなりの頻度で登場しますよね。
おかげで、出したりしまったり、また出したり、しまったり。。。
それも、搭乗券も一緒に出す率高しっ。

パスポートだけならいいのよ。
バッグにポイっと入れておいても。
バッグのポケットに入れておいてもね。

でも、とくに飛行機降りるまでの間は、何かとパスポートと搭乗券をセットで見せることが多いじゃない?

そうすると、搭乗券も何度もバッグから出し入れしないとならなくなるわけですよ。
細長いサイズの搭乗券なもんだから、パスポートに挟んでいても、バッグの中で折れてしまったりどこかへ行ってしまったり・・・。

とにかく不便!

他にも出入国カード税関申告書なんかが必要な国もあるから、それらをまとめて入れておきたい。
必要なときに、ササッとスマートに出したい。

そう思って現在使用しているのが・・・

”100均のファスナー付きクリアソフトケース” なのだ♪

パスポートケース

ここにパスポートとか搭乗券とか出入国カードとか。
他にも出入国カードや税関申告書なんかを機内でかけるようにボールペンも一緒に。

頻繁にパスポートを提出するときには、この100均バッグを手に持っていればパスポートも搭乗券もサクサクっと簡単にお手軽に出せちゃうのよ(≧∇≦)

パスポートや搭乗券をそのまま手に持ったまま移動していると、何かとどこかへ置いてきたり無くしてしまいがち。
いやいや、無くしてしまったら大変なのだ!

無くしてしまわないまでも、どこにやったかわからなくなってしまうと、本当に厄介。
大切なものだから、アタフタしないようにちゃんと管理しておきたいものなのよ。

本当なら、ちゃんとパスポートを持ち歩くために作られている
「パスポートケース」っつうものを持っていればもっと良いのだけど、ね。
でもさぁ、ちょっとお値段、しちゃうじゃーん。

正直言えば、素敵なパスポートケース、欲しいっちゃぁ、欲しいよ。。。
でも、100均でもまかなえちゃうんだもんっ。
トラベルグッズにお金をかけてしまうと、大事な旅行の費用が減ってしまうので、今の所は100均で我慢、十分です(⌒-⌒; )

そのうち金銭的にも余裕がもっと出てきたら、がっつりとお気に入りのトラベルグッズでも買って、さらに快適+楽しく+便利な旅にしちゃうんだから♪

あ〜、憧れの素敵グッズたちに囲まれた旅行ーーーーーー。

あ、でも、この100均バッグは、何気に気に入っているので金銭的にトラベルグッズまで余裕ができても使っているかもしれません(笑)

そうそう、この100均バッグ、パスポートケースの他にも普段の街歩き用にももう1つ持ってます。
色違いでね。
同じ色だとどっちのバッグに何が入っているのかが瞬時にわからないから、色分けできるのは実は地味だけど重要なことだったりするわけです。

パスポートケース

それも ”パスポート” というとても大事なものを入れるわけですので、他のタイプのものを入れているバッグとはパッと見でわかるように差をつけたいのですよ。
色が違えば、パッと見でも十分パスポートの入っている100均パスポートバッグだということがすぐにわかるでしょ。

こーゆーちょっとした配慮が、明暗を分けたり、分けなかったりするわけで・・・。

パスポートバッグと色違いにして街歩きに一緒に持ち歩きたいメモ帳や筆記道具、ちょっとした地図やフリーペーパーなんかをもう1つの100均バッグには入れてます。
色付きの透明なので、中身もわかって良いのです。コレ。

ソフトバージョンの方がかばんの中でかさばらなそうだったので私はソフトタイプを使っていますが、入れるスペースにもう少し厚みがあってしっかりしているハードタイプも実はオススメ。

ハードタイプならかばんの中に入れても他のものでクチャっとならないのが魅力よね。
ソフトタイプだと多少はやっぱり押しつぶされてしまう感はありますからね。

パスポートケース

あと、ガイドブック的な厚みのある本も一緒にいれるなら、ハードタイプの方が使いやすいかもしれません。

(私、最初はハードタイプを買おうと100均に行ったんだけど、ハードタイプが売り切れてたんでソフトタイプを買うことにしたんですよ。私には結果的に良かったんですけどね♪)

いろんなところで重宝する「Sカン」とか「カラビナ」

何気にいーんですっ!

地味ですが、地味に大活躍なんですよ。
S字フックの「Sカン」や登山などでもおなじみの「カラビナ」なんかがね。

例えば・・・

”機内の収納力不足に” Sカンを前の座席の背面に引っ掛けて、バッグをかけたりカメラをかけたり。
座席って、機種によっては収納力があまりなくって困ること、ありません?
とくに小物類。

そしてね、JALのハワイ便だと朝食を先に、最初の機内食のすぐ後に配られちゃうんですよ。
その朝食セットの入った巾着袋。
これを置く場所に困るわけですよ。

そんなときなんかにもSカンが役に立つぅ♪

まぁ、普通にカメラとかを一時的に引っ掛けておくのにも以外と便利なんですよ。

そして、ホテルでもSカンは実力を発揮しちゃいます。

例えば・・・

”お風呂場でお風呂セットをぶら下げる” のです。
とくに安宿やゲストハウスなんかだと、シャワールームに棚とかが限られてる場合も多いのよね。
Sカンをどこかに引っ掛けてお風呂セットをぶら下げておけば、シャンプーやらコンディショナーやらを床に置いたり、窓の縁に置いたり、などなど置き場所に苦労することなくなるのよ〜。即席の棚になりますよ。

ホテルでも活躍しちゃいます。

Sカンでお風呂バッグをサクッと引っ掛けておけば、必要なものをすべて手元に置いておけるわけですよ。

「別にバスタブ縁やシャワールームの棚にシャンプーとかを置いておけばいーじゃん。」

はい。
確かにそうです。
それでも十分なんですけど、でもね、ちょっと試しに使ってみて。
地味ですがけっこう便利なんです♪
どうせならできるだけ快適に過ごしたいじゃん。

バスバッグ?スパバック?

言ってしまえば、「お風呂バッグ」ですよ!

スパバッグ、と言った方が良いのかしら。。。

これにシャンプーやらコンディショナーやらクレンジングやら、お風呂・シャワーで使うもの一式を入れてSカンでシャワールームや浴室に引っ掛けてしまえば、とたんにそこは自宅のシャワースペースに早変わり〜♪

スポン、スポンと入れられてかなり楽ちんですのよ。
パッキングの際はシャンプーなんかが入っているスパバックをそのままスーツケースにドカンと入れてしまえばいいだけ。
(周りの水気くらいは拭きますけどね・・・)

実際の使い勝手も良いし、パッキングもしやすいのでオススメでございます。

私は無印のスパバックを使ってます。
シンプルなデザインとお値段で選びました(笑)

お値段関係なければ・・・

こんなのも良いなぁ〜。
いろいろポケットもついてるので、お財布に余裕がある人、いかがかしら♪
さらに便利に使えそうね・・・_φ( ̄ー ̄ )

もうちょっとおサイフに余裕があったら、このナチュラルなデザインも気になるわ〜。

3,000円オーバーなので今の所手は出せてないけど(⌒-⌒; )
あ、でも送料込みの値段だからスパバック自体の実質は2,000円台ね。
このナチュラル感に惹かれます。

どうせ持ち運ぶなら、自分の気に入ったデザインを。
というのも、旅を楽しくしてくれる大事な一因なんだもんね〜。

100均のノートたち

あと、そうそう。
ノートも忘れちゃならんね。

これまた100均で売っているA6サイズの細長いタイプやA5サイズくらいの小さめのノートも持ち歩いてます。
ときには普通のA6サイズだったり、もっと小さいノートだったり。
これは近所のダイソーなどの品揃えで変わります(笑)

基本はスマホのエバーノート(evernote)に情報は入れているんだけど、やっぱり書きたいじゃん♪

ちょっとしたことやメモっておきたい情報なんかをカフェかなんかでゆっくりしているときや、飛行機の中で時間のあるとき、夜にその日を振り返ってみたりするときに登場させてます。

トラベルノート的な感じで使ってますわ。

エバーノートを駆使している人にはとくに不要なノートかもしれません。
でも、時間があるときには自分の字で直接書くのも、また旅行の楽しみだったりします。
スマホやPCの充電が切れてしまっていることもありますからねぇ〜。
(できればそういう自体は避けていたいところですけどぉ)

どの海外旅行先にもたいてい持っていくのが、これらでございます。

海外へはとくに、持っていきたいものと持っていける量に限りがあるのでグッズ選びは非常に重要になります。

せっかくの海外旅行なので、できるだけ楽しく快適に、いろんな経験をしてみたいと思ってますよ。
みなさんの旅行も快適レベルが少しでも上がりますように♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です