出前もできるよ。なんとホテルにっ。@マイカオ

プーケットのマイカオビーチというと、プーケット空港よりもちょっと北。

そしてパトンビーチのような繁華街ではなく、閑静な大人のリゾート地。

高級ホテルが点在しているその閑静なエリアには、実はホテル以外の店舗が少ない・・・。

だからホテルのお店以外で食事や買い物するの場所が、本当に限られてるわけで。

ローカルなお店もないことはないんだけど、歩いていくには遠いお店もありまして。

そこに行くためにわざわざタクシーを頼むのもなんだか料金高くって。

でもね、実はこんな方法もあったのよっっっ。

スポンサーリンク

ローカルレストランから出前ができるよっ

JWマリオット・プーケットのホテルの周辺にはローカルなレストランがあまりないのが現実。
コーヒークラブのカフェでも食事ができるけどね。

でも、ローカルなお店でもタイ料理を食べたいな、とも思うわけです。
ホテルのお食事ばかりだとお財布の中身も気になるところですが、味てきにも飽きてしまいがち。そんなときはローカルなお味が恋しくなったりするもんです。

ホテルからは徒歩ではちょっと距離のある場所に、ちょっと評判の良いローカルシーフードレストランがあるらしい。
食べてみたいけど、歩きはねぇ。わざわざタクシーもねぇ。

そのローカルシーフードレストランの名前は・・・

「キンディー KinDee」

なかなか評判の良いお店なんですよ。
シーフードを使ったタイ料理のお店なんだけど、おいしーんだって。
アジアっぽいお店の雰囲気で、タイのローカル料理が食べられる。
惹かれないわけがないっ。

ただね、ホテルからだと車通りのそこそこある大きな国道を横切って行かなくてはならい場所にあるらしいのよね。

歩きだとけっこう時間がかかるみたいだし、小さな子連れだと道を渡るのがちょっと危ないかな、と。

気になるけど行きづらい、そう思って諦めかけてました。
店舗の近くには水辺があった、雰囲気はあるんだけど「蚊」もたくさんいるから虫支えれ気になるという情報も得たもんで。

が、ちょっと嬉しい情報を入手っ。
それは・・・

”デリバリー(出前)OK ”

まじかっ?!?!
どうやらホテルまででも出前をしてくれるらしい。

サイト:http://www.kindeerestaurant.com

フードメニュー:http://www.kindeerestaurant.com/en/food-delivery.html

出前をしてくれるならタクシーを手配したりしなくてイイ。
ホテルで食べるのに、ローカルレストランの味が楽しめるっ。

試してみたくなるじゃないですか。

入手した情報によると、料理はタッパーに入れて持ってきてくれるらしく、ホテルのロビーまで届けてくれるらしい。
ロビーから部屋に連絡が入り、ロビーへ行くとキンディーのお店の人が料理を渡してくれるらしい。

ロビーまで行くくらいなら、なんてことはない。

ってことは、やっぱりホテル側としても公認?黙認?してるってことなんだよね。
ありがたいわぁ〜。

キンディーはタイのローカルレストランだけど、英語が通じるのでタイ語ができない人でも大丈夫のようです。
サイトも英語で表記されているので、ローカルだからってタイ語が絶対必要かと言うとそうでもない。

サイトを見てもらえばわかるけど、レストランのメニューもあるので出前する前にチェックして頼む料理を決めることができます。
むしろ、メニューがないと出前を頼めないよね。

サイトでメニューをチェックしたら、今度は電話で注文を。
ネットで注文ができたら良いけど、そこはローカルレストランです。
そこまでは求めすぎですわよ。

電話で注文する際、英語ですることになります。
英語が苦手な人はタイ語を覚えてください(笑)

出前の電話をしてから1時間後くらいに届けてくれると言う。

日本の蕎麦屋さんよりも、宅配ピザ屋さんよりも、時間がかかります。
レストランの食事、ですからね。
そこまでシステム化、されてませんからね。

電話は部屋の電話を使ってみました。
ローカル電話だし、と思って気軽にかけましたが、チェックアウトした際に値段を見たら、思ってたよりも電話代が高かったです・・・。
他にも電話したところがあったので、キンディーだけじゃないけれど、数百円くらいは取られていたような・・・。

ローカルな電話だとしても、使いすぎには注意が必要ね〜

届きましたぁ〜。ロビーへGO

電話をして部屋で待っていると、ロビーからお部屋の電話が。
「キンディーの人がロビーに来ているけど間違いじゃない?」と。

イェイ♪

ウキウキしながらロビーへ行くと、いつもの日本語担当のスタッフさんがいてくれました。
隣に小柄な男性も一緒に。

どうやらその小柄な男性がキンディーのスタッフのようです。
手にはいろいろ入ったビニール袋をぶら下げてました。

ロビーで現金を支払い、持ってきてくれたビニール袋を受け取る。

まぁまぁ重いね。
これらが今日の夕飯かぁ〜。
楽しみだわ。

今回は口コミなどの情報を元に、ロビーまで配達してもらいましたが、もしかしたら部屋のナンバーを告げれば部屋まで運んでくれたかも???
試しに言ってみれば良かったかな。
それでダメならロビーでお願いすれば良かっただけだしね。

お部屋でキンディーご飯

さて、ロビーまでキンディーのご飯を配達してもらい、食事を受け取りお部屋に戻る。

よーし、夕ご飯だぁ♪

ビニール袋に入っていたものたちをとりあえず出してみる。
こんな感じにタッパーに入れられて配達されます。

おかず週種類にご飯とサラダを注文。
大人4人分の食事です。

このまま蓋を開けて食べても良いし、せっかくのコンドミニアムなので食器に移して食べても良し。
一応出せるものは食器に開けてみようかな。

こちらがデリバリーしてもらった食事たち〜。

タイのカニチャーハンMサイズ 240B(約750円)
シュリンプケーキ(右下) 190B(約600円)
ミックスベジタブルとチキン(左下) 150B(約500円)

(左上から)
ソフトシェルクラブのマンゴーサラダ 190B(約600円)
チキンサテ2つ 260B(約800円)
カニ身のオムレツ 150B(約500円)

合計1,180B(約3,800円)

ローカルレストランにしてはお値段は安くはないけど、
たっぷり頼んでホテルまで運んでくれて、4人でこの値段ならアリですわ。

しかも、頼みすぎて残してしまいました(⌒-⌒; )
なので翌日の朝もいただきましたよー。

ソフトシェルクラブのサラダ、おいしかったなぁ。
どれもおいしかったので、評判の良いだけありますわ。
お店はちょっと離れてるけど、出前を頼めるならまた利用したいかも♪

食材もデリバリーしてくれるっ

ローカルレストランからの出前ができるのは体験しました。
でもホテルまで運んでくれるのはそれだけじゃぁ、ありませんっ。

スーパーからもホテルまでデリバリーしてくれますっっっ。

マイカオビーチのエリアには、タートルマートやマイカオビーチにちょっとしたミニスーパーはあるけれど、本格的なスーパーマーケットはない。
車でちょっと行かないと、スーパーはないんですよ。

せっかく高級コンドミニアムが立ち並んでいるというのに、お部屋で料理ができるほどの食材を手にいれるのがちょっと難しい。

もちろんタートルマート(タートルビレッジにあるミニスーパー)にも、野菜や果物、精肉なんかも売っているので料理ができないこともないんだけどね。
ただ、やっぱりスーパーにはかなわないよねー。

パトンビーチやプーケットタウンなんかの繁華街へ出た時に、ついでにしっかり食料を買い込む必要があったのだけど、
スーパーからデリバリーしてもらえるなら問題ないじゃないっ♪

ただし問題は、英語で対応なのだっ。

ローカルシーフードレストランのキンディー(KinDee)もそうだけど、HPや電話での注文は英語で対応する必要があります。
なので英語が苦手な場合はちょっとハードルが高くはなりますね・・・。

英語に苦手意識があまりない。
ちょっと心配だけどチャレンジしてみたい。
英語は大丈夫。心配ない。

という方にはオススメなのが、スーパーからのデリバリー。

簡単な最初の登録を済ませてしまえば、あとはHPで食材を選びカートに入れてホテルのお部屋まで持ってきてもらえばOK♪

なんて素敵なのかしら〜。

支払いは?

現地のネットスーパーで買い物をするわけなんですけど、さて、
支払いはどんな感じになるのかな?

それ、実際問題、気になるところですよね。

HPでの登録の際、クレジットカード情報なんかを登録はしなかったのよ。
次またいつ利用するかもわからないしさー。

だからてっきりカードでの支払いは無理だと思ってたの。

そしたらね、
HPにカード情報を登録しなくてもカードでの支払いができましたー。

スーパーのネットショップのデリバリーは、お部屋の玄関先まで商品をもってきてもらえるんだけど、その玄関先でカード支払いが可能なんです。
なんだかプーケット、進んでませんか???

もちろん現金での支払いもOK。

事前にカード決済か現金支払いかを明記しておけば、どちらでも支払えるってわけ。

これ、かなり便利よねーっ。

部屋の前まではマリオットのスタッフも同行してくれてました。
おかげで英語が不慣れなスーパーのスタッフとタイ語ができない私たちの間に入って通訳をしてくれたので、スムーズにことがすすんだわ〜。

ネットスーパーは「Tesco Lotus テスコ・ロータス」

その便利なデリバリーをしてくれるのは、タイではお馴染みのスーパー

「Tesco Lotus テスコ・ロータス」です。

緑色の看板のスーパーですが、マイカオエリアでは今のところ見かけておりません。

テスコ・ロータスのHPはコチラです。

英語とタイ語が選べますが、私は英語を選択。
タイ語はできません・・・。

どんなものが買えるかは、ログインしていなくてもチェックができるので気になる人は一度チェックしてみると良いと思います。

ちなみに、チキンを買いたいなぁ、と思ったら・・・

「Fresh Food, Dairy & Bakery」→「Meat」→「Chicken」

の順で検索するとチキンのラインナップが出てきます。
その時によって品揃えは多少変わると思いますので、今のがあるかどうかはわかりませんが、こんな感じでチキンが売られてました。

一番左は「チキンの胸肉」が7.70THB/100gで売られてます。

画面が切れてしまってますが、チキンはたいてい100g単位で買えそうです。
値段の下に量を選ぶことができるプルダウンがあるので、そこで欲しい量を選択できます。
100g単位で選択ができましたよー。

本当に普通にスーパーマーケットです。

これなら精肉も野菜も果物も、その他の調味料も、スナックも、スーパーで買えるものならなんでも買えそうです。

ビールなどの重いものなんかを買うにも、これ、とっても便利。
タートルビレッジのタートルマートでも買えますけど、持って帰るのが重いよね(⌒-⌒; )
それと、全く同じものかどうかは確信もてないけど、シンハービール6缶パックがテスコのが安いかも。

「今すぐ飲みたいっ」

って場合はミニスーパーで直接買ってきた方がよけれど、そうでなければテスコのデリバリーで買った方が安いし重くないしで、なんだかお得感満載♪

結局、滞在中に2回ほど利用いたしました。

1歳児さんのご飯も自炊することができて、かなり重宝したわぁ〜。

オーダーする時間にもよりますが、最短で翌日に配達してくれました。
受け取れる時間帯を選びましょー。

やりとりは英語です。。。

上記でも書きましたけど、オーダーする際や受け取りの際のやりとりは基本、英語

タイ語ではなく英語で対応できるのはありがたいのですが、英語が不慣れな人にとってはそれもまた大きなハードル(⌒-⌒; )

せっかくの海外旅行だし、英語が苦手よりは少し使えた方が良いな。

と思た人。
旅行まで期間に余裕がある人。

ネットでも簡単に、手軽に、英会話の勉強・練習ができるような時代になりましたので(笑)
こんなところで英会話の勉強をしてみるのも悪くないかもしれません^ ^

<オンライン英会話>

☆Glats英会話初月無料キャンペーン実施中!

【スモールワールド・オンライン英会話家庭教師】

☆オンラインの外国語学習サービス italki

<英会話教材>

オンラインでの英会話の他にも英会話勉強の教材もありました。
どのスタイルが良いかは人それぞれですもんねー。

【一日6分】テキストいらずの聞くだけ学習法

私もオンライン英会話でトレーニングしてました。
英語って使っていないとぜんぜん口から出てこなくなるんだもん(⌒-⌒; )

なので、オンライン英会話でネット上でどこにいてもネイティブと英語で会話できるのはかなり練習になりましたねー。
わからないことは直接聞けるし、自分のレベルん合わせたクラスを選べるから、英語に自信がなくても参加しやすいわけですよ。
まぁ、自信がないからオンライン英会話とか利用するんだしね。

聞けるし、喋れるし、とっても良い練習・勉強になるので、海外旅行へ行く前の準備に取り入れるとさらに旅行が楽しくなる♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です