ぶっかけ麺がおいしい、サンティタムのローカル食堂

チェンマイには街のあちこちにローカル食堂があります。

おしゃれなカフェばっかりじゃなぁ、ないのよね。

そのローカル食堂だからこそ、その場所のものが食べられるってものよ。

サンティタムにも、もちろんローカル食堂はあります。

今回はそのうちの1つ。

ローカル色満載だけど、清潔な食堂をご紹介します。

スポンサーリンク

ぶっかけ麺とぶっかけ飯が食べられるローカル食堂

正直、結構ローカル度は高めです(笑)

チェンマイでローカル食堂ばかり利用していると、その度合いはよくわからなくなるし、この程度はそこまでローカル感はないかとお思うんですけど、東南アジアに慣れていない人からしたら、ローカル度は高いんだろうなぁ。

そこではぶっかけご飯ぶっかけ麺を食べることができます。

私はここではぶっかけ麺派(笑)

パリパリの揚げ麺にとろとろのあんかけをかけた、ぶっかけ麺!

あんかけには、ひき肉と葉野菜が。
辛くなく、ほどよい味が日本人にも合いますのよ。

ちょっと量は少なめです。
タイの食事は一人前が少なめなこと、よくあることです。
なので、食事の回数を増やすか、食後のデザートを食べるか、大盛りにするか、おかわりするか。

お腹が心配な人は避けたほうが良いかもしれませんが、私はローカル食堂でも備え付けの飲料水を一緒に頂いちゃってます。
ここでも定番の、アルミのコップに氷を入れてストローさして。
チェンマイの食堂などの飲料水は水道水ではなくちゃんと飲料水を利用しているようで、このお水でお腹を壊したことは今の所一度もありませーん。
私はね。
ただ、お腹が弱い人、飲み水が心配な人はミネラルウォーターとかのペッドボトルの水を買っておくと良いと思います。

お店の飲料水を飲む場合は、たいていこんな感じになってますのでセルフでどうぞ。

棚にあるコップを取り、男性の前にあるシルバーの取っ手をひねってお水を入れます。
氷は隣のブルーのボックスの中に。
好みに合わせてボックスの中の氷を入れてくださいね。

チェンマイは暑いので、常温が良いとは思いつつも氷を入れてしまいますわ。
エアコンの効いてないところはね。

ローカル感が満載のお店

店内はほとんどがローカルのタイ人ばかり
この時は観光客とかの外国人が私たちだけ(笑)

まぁ、サンティタムエリアの奥の方にありますからねぇ。
他の場所からわざわざ来るというよりも、この辺りに滞在していたり働いていたりする人が利用している感じですね〜。

店内はエアコンが効いているようなのではなく、ドアがなくオープンなスペース。
扇風機で暑さをしのいでます。
でも、店内は不思議とそんなに暑苦しいわけじゃないんだよねぇ。

このオープンな感じが、タイっぽいのよ。

注文はカウンターでね

カウンターを裏から撮った写真。

ピンクのお姉さんがいるカウンターでぶっかけ麺を注文できます。
指差しで注文できちゃいますから、安心〜。

ちなみに、ぶっかけご飯はその右隣のお姉さんのカウンターで注文できますよ〜。
ショーケースの中におかずが何種類かあるので、それを3つ指差しで選べばOK
選んだおかずをご飯にのせてくれるので、それで出来上がり〜♪

ぶっかけ麺もぶっかけご飯も、どちらも30B〜40Bほど。
日本円で約100円〜140円ほどです。(当時の3.4円/1B)

せっかくチェンマイに来たのだから、ローカルな雰囲気もたんまり味わっちゃいましょう♪

ローカル食堂はこちら

サンティタムのシェイク屋さんの真向かいにありますよ〜。

▷▷{参考記事}サンティタムの貴重なフルーツシェイク屋さん

お店の外観はこんな感じです。

タイ語ばっかりですね(笑)

住所:Santisuk Rd, Thesaban Nakhon Chiang Mai, Amphoe Mueang Chiang Mai, Chang Wat Chiang Mai 50300 タイ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です